• TOP
  • ライフ
  • 宇宙での不可解体験 アポロ計画の宇宙飛行士は月面で何を見たのか

ライフ

2021.11.22 16:00  週刊ポスト

宇宙での不可解体験 アポロ計画の宇宙飛行士は月面で何を見たのか

通信記録に残っているのは…(写真/EPA=時事)

通信記録に残っていたのは…(写真/EPA=時事)

 米国のトランプ前大統領が打ち出した有人月面探査の「アルテミス計画」は当初、2024年の実施が予定されていた。だが2021年11月に入り、NASAが計画の延期を発表。1963年、凶弾に斃れたJ・F・ケネディ元大統領暗殺に関する「JFK機密文書」の開示延期決定と時を同じくして、一大国家プロジェクトの「月面探査計画」が見送られたのだ。

 表向きには、受注を目指した米宇宙企業「ブルーオリジン社」との訴訟による月着陸船開発の遅れ、予算不足が理由とされるが、作家でオカルト研究家の山口敏太郎氏が「UFO・宇宙人問題の公表に消極的」と指摘した米・民主党のバイデン大統領就任と関係があるのだろうか。山口氏はこう語る。

「月には宇宙人の基地があるといわれてきました。これは『古代、地球に飛来した宇宙人がDNA操作により人類を創造し、文明を授けた』という仮説に基づく考えで、今も月面には彼らの基地が残るとされます。宇宙人問題の公表に前向きだったとされるケネディ氏は『アポロ計画』を推進しましたが、宇宙人側が人類の月への干渉を嫌ったため、その後の計画が白紙になったとも考えられるのです」

 1961年、米大統領に就任したケネディ氏の大号令のもと進められた「アポロ計画」には250億ドル(現在の価値で15兆円相当)もの国家予算が投じられ、1961年から1972年までの11年間で12人の宇宙飛行士を月に送り込んだ。

 月を目指した飛行士には、不可解な体験をした者が少なくない。1971年のアポロ15号で月面着陸したジェームズ・アーウィン飛行士を取材した月・惑星研究家の水島保男氏が明かす。

「彼にUFOの存在を問うと『非常に面白いものは見たことがある。クリスタルのように輝き、月に向かう時から月面着陸、地球に帰還するまで私たちを見ていた。他の飛行士も目撃しているが、正体については語れない』と話していました。

 こうした証言の他にも、NASAと飛行士たちとの交信記録には『月にはサンタクロースがいた』『奴らがわれわれを監視している』『また訪問者だよ……』『OK、バニーガールを探す』といった不可解な言葉が多数、残されています」

関連記事

トピックス