ライフ

桃井かおり、長谷川理恵も「砂糖とバターを使わない人たち」が増加中

長谷川理恵

食を追求してきた長谷川理恵は、現在ヴィーガンパティシエとして活動している

「家にバターも砂糖もない」と言う桃井かおり(70才)や、テレビ番組で自宅に白砂糖がないことを明かした木村拓哉(49才)、その妻の工藤静香(51才)はバターを使わない手作りタルトをSNSに投稿するなど、砂糖とバターを使わないことを明かす芸能人が増えている。モデルの長谷川理恵(47才)もその1人だ。砂糖やバターを使わなくなった理由を長谷川はこう語る。

「きっかけは息子に卵と乳製品のアレルギーがあったからです。それでヴィーガンパティシエになりました」

 ヴィーガンとは、肉や魚はもちろん、牛乳や卵といった動物由来の食品をまったく口にしない「完全菜食主義」のことだ。長谷川が続ける。

「ヴィーガンスイーツを勉強するうちに、白砂糖も体にさまざまな悪影響があると学んで、なるべく使用を控えるようになりました。バターは一切使わず、代わりにオリーブオイルや菜種油を使っています。体への負担も少ないし、風味もいいんです」

 9才の長男からリクエストされてナポリタンを作るときも、オリーブオイルとにんにくで調理する。バターを使わずともコクが出るという。

摂りすぎると体と心の健康を壊す

 バターや砂糖は体にどのような影響をもたらすのか。ちくさ病院副院長で総合内科医の近藤千種さんが説明する。

「バターに含まれる飽和脂肪酸は、過剰に摂取すると血中の悪玉コレステロール『LDLコレステロール』を増加させます。すると血管にプラークというこぶができて血液の流れが悪くなる。これを動脈硬化といいます。日本人を対象とした研究で、飽和脂肪酸をたくさん摂っている人ほど心筋梗塞になる比率が上がるという結果も出ています」

 日本ナチュラル・ハイジーン普及協会会長の松田麻美子さんもバターのリスクを指摘する。

「牛乳から水分を取り除いたバターは、ほぼ100%が脂肪。動物性脂肪の飽和脂肪酸は溶けにくく、体内でもサラサラと流れないため血管がつまりやすくなるのです。大さじ1杯のバターは約12gで、カロリーが100kcalほどありますが、これはバナナ1本、ぶどう1房と同程度。果物はお腹を満たしてくれますが、バターは食べても満腹にはならず、カロリーオーバーを招きやすいことが問題です。こうした理由から、私は32年間、バターを一切口にしていません」

関連キーワード

関連記事

トピックス