長谷川理恵一覧

【長谷川理恵】に関するニュースを集めたページです。

桃井かおり、長谷川理恵も「砂糖とバターを使わない人たち」が増加中
桃井かおり、長谷川理恵も「砂糖とバターを使わない人たち」が増加中
「家にバターも砂糖もない」と言う桃井かおり(70才)や、テレビ番組で自宅に白砂糖がないことを明かした木村拓哉(49才)、その妻の工藤静香(51才)はバターを使わない手作りタルトをSNSに投稿するなど、砂糖とバターを使わないことを明かす芸能人が増えている。モデルの長谷川理恵(47才)もその1人だ。砂糖やバターを使わなくなった理由を長谷川はこう語る。「きっかけは息子に卵と乳製品のアレルギーがあったからです。それでヴィーガンパティシエになりました」 ヴィーガンとは、肉や魚はもちろん、牛乳や卵といった動物由来の食品をまったく口にしない「完全菜食主義」のことだ。長谷川が続ける。「ヴィーガンスイーツを勉強するうちに、白砂糖も体にさまざまな悪影響があると学んで、なるべく使用を控えるようになりました。バターは一切使わず、代わりにオリーブオイルや菜種油を使っています。体への負担も少ないし、風味もいいんです」 9才の長男からリクエストされてナポリタンを作るときも、オリーブオイルとにんにくで調理する。バターを使わずともコクが出るという。摂りすぎると体と心の健康を壊す バターや砂糖は体にどのような影響をもたらすのか。ちくさ病院副院長で総合内科医の近藤千種さんが説明する。「バターに含まれる飽和脂肪酸は、過剰に摂取すると血中の悪玉コレステロール『LDLコレステロール』を増加させます。すると血管にプラークというこぶができて血液の流れが悪くなる。これを動脈硬化といいます。日本人を対象とした研究で、飽和脂肪酸をたくさん摂っている人ほど心筋梗塞になる比率が上がるという結果も出ています」 日本ナチュラル・ハイジーン普及協会会長の松田麻美子さんもバターのリスクを指摘する。「牛乳から水分を取り除いたバターは、ほぼ100%が脂肪。動物性脂肪の飽和脂肪酸は溶けにくく、体内でもサラサラと流れないため血管がつまりやすくなるのです。大さじ1杯のバターは約12gで、カロリーが100kcalほどありますが、これはバナナ1本、ぶどう1房と同程度。果物はお腹を満たしてくれますが、バターは食べても満腹にはならず、カロリーオーバーを招きやすいことが問題です。こうした理由から、私は32年間、バターを一切口にしていません」 さらに松田さんは、砂糖も同じように徹底的に口にしていないと話す。「砂糖はサトウキビやサトウダイコンを加工して作ります。自然界に存在しない、いわば“加工食品”です。加工する段階で食物繊維やビタミン、ミネラル、ファイトケミカルといった植物に含まれる有用な物質がほぼ排除されてしまいます。糖をエネルギー源にするにはビタミンやミネラルが必要ですが、砂糖にはそれらの栄養素が含まれないため、体に蓄えている栄養素を使わなければならない。 体内のビタミンやミネラルのバランスが崩壊すると免疫力が低下します。過去の研究で、30gの砂糖を摂った後の5時間は免疫力が25%下がるという報告もある。人類の長い歴史で砂糖を常用するようになったのは過去100年余りであり、人間の体は砂糖を食べて健康を維持するようにはできていないのです。老化も加速してしまいます」 砂糖の摂りすぎは、バター以上に体に悪影響を及ぼすといわれている。近藤さんも指摘する。「砂糖は生命を維持するために必要なエネルギー源ではありますが、過剰摂取すると余分な糖がたんぱく質や脂肪と不正常な結びつきをして変性します。それが『糖化』と呼ばれる現象で、老化を促進するといわれる。肌のたるみやくすみ、動脈硬化、骨粗しょう症など、あらゆる組織に悪影響を及ぼします」 砂糖の摂りすぎが精神疾患と関連する可能性もわかってきた。今年11月、東京都医学総合研究所は、思春期に砂糖を過剰摂取すると統合失調症などの精神疾患リスクになり得ると発表した。マウス実験では、砂糖を過剰摂取すると脳の毛細血管に炎症が起こり、神経細胞の栄養となるグルコース(ブドウ糖)を取り込む力が低下していることもわかった。グルコースの取り込みが低下すると、脳の神経細胞に栄養が充分行き届かず、精神疾患につながる恐れがある。「かねてから、砂糖が精神的な部分に与える影響は問題視されてきました。砂糖を摂取するとドーパミンやセロトニン、ノルアドレナリンといった神経物質が脳内で分泌され、幸福感、癒しを得られます。それ自体は悪いことではないのですが、砂糖を摂りすぎると依存のような状態になり、食べないとイライラしやすくなってしまいます。 さらに、砂糖の摂りすぎで急激に血糖値が上がると、それを下げるためインスリンが過剰分泌され、血糖値が急下降する。眠気、疲労感、頭痛、手の震えなどが起こりやすくなります。 すると今度は血糖値を上げようと脳内からアドレナリンやノルアドレナリンといったホルモンが分泌され、イライラ、恐怖感、不安感に襲われたり、人によっては感情がコントロールできなくなることもある。それを鎮めるため再び甘いものを食べる……と負のスパイラルに陥ってしまうのです」(近藤さん) バターや砂糖の摂りすぎは、体と心を危険にさらす危険があるようだ。豆乳のバター、大麦のミルクを使う 砂糖やバターを使わない風潮は外食産業にも広がっている。動物性由来原料不使用のメニューを提供するカフェ「2foods」の商品開発マネジャー・及川圭司さんは、世界の健康志向の流行とバター不使用の関係についてこう語る。「欧米では地球温暖化をはじめとする環境問題の視点から、畜産物である乳製品や卵などの動物性食材を使わない傾向が強まっている。健康面でも、豆乳やオーツ(大麦)ミルクは脂肪分やコレステロールが少なく、乳製品アレルギーの人でも安心して摂取することができます。当店の料理でも豆乳でできたバターを使っていますが、口どけがよく、牛乳で作ったバターと変わりない味わいです」 2foodsでは、ドーナツなどのスイーツを作るとき白砂糖は使用せず、ミネラルの多いオーガニックのきび砂糖を使う。ラテには牛乳代わりにオーツミルクを用いる。「オーツミルクそのものに甘みがあるので、砂糖を控えることができます。ビタミン類、食物繊維が入っていることもポイントです」(及川さん) バターや砂糖を使わないことで、さまざまなプラス効果があるとわかった。ただし、注意したいのは、バターや砂糖は“毒”ではないということ。近藤さんが言う。「私も甘いものやパンが大好き。特別な日はがまんせずに食べます。なので、普段はたくさん食べないように意識し、いざというときのため調整しています」「おいしいものは体に悪い」とがっかりするのではなく、「おいしいものを食べるには、どんな工夫が必要か」を考えることが現代流。試行錯誤するうちに新しいおいしさと出合い、健康も手に入るかもしれない。※女性セブン2021年12月2日号
2021.11.22 16:00
女性セブン
【動画】東尾理子と長谷川理恵 ニアミスで周囲がザワッ…
【動画】東尾理子と長谷川理恵 ニアミスで周囲がザワッ…
 大阪で開かれたイベントのポスターが芸能関係者を驚かせました。そこには、石田純一さんの元恋人・長谷川理恵さんと、現在の妻・東尾理子さんが並んで登場。 関係者の間では“共演NG”と言われていた2人だけに、周囲はザワつきました。実際には、イベント初日に東尾さんが登場。2日目に長谷川さんが出演してトークショーを繰り広げました。 イベントは、『国際女性デーハッピー・ウーマン・フェスタ大阪2020』というもの。顔を揃えることはありませんでしたが、2人とも現在は「ハッピー・ウーマン」と言えそうですね!
2020.03.09 16:00
NEWSポストセブン
東尾理子と長谷川理恵 おそろい衣装でイベントニアミス
東尾理子と長谷川理恵 おそろい衣装でイベントニアミス
 大阪の高層ビル「あべのハルカス」の6周年イベント『国際女性デー ハッピー・ウーマン・フェスタ大阪2020』のポスターが、芸能関係者を驚かせた。石田純一(66才)の元恋人の長谷川理恵(46才)と現在の妻・東尾理子(44才)が、ゲスト出演者として並んで掲載されていたのだ。業界関係者の間で“共演NG”といわれている2人の初共演は実現したのか──。 2月15日から始まったこのイベントのトークショーは、東尾が初日の1人目で登場。鮮やかな黄色のパンツ姿で登壇すると、「理解を生むことが新しい未来を生む」というテーマに沿って、自らが立ち上げた妊娠・出産のコミュニティー「うむうむ」プロジェクトの話として、不妊治療や妊活で悩んだ体験談などを語った。 一方の長谷川は、2日目に出演した。観覧した50代女性が語る。「長谷川さんも明るいイエローのトップスと、頭には同じ黄色の布をヘアバンドとして巻いて出てこられました。ハイウエストのデニムは、くるぶしが見えるくらいの丈でおしゃれでしたね。ハッピーライフをテーマに、いまハマっているマラソンとヴィーガン料理、ヨガの話をされていました」 6日間行われたトークショー出演者は全部で13人いたが、結局2人は、出演日は1日違いという“ニアミス”。顔をそろえることはなかった。「それでも2人の顔写真が並んで掲載されたポスターは衝撃で、在阪メディアでも話題になっていました。しかも、このイベントのイメージカラーが黄色で、登壇者はその色を着るのですが、まるで“おそろい”に見えましたね」(在阪テレビ局関係者) 石田と長谷川は1996年に交際が発覚。女優・松原千明(62才)と結婚中のことで、「不倫は文化」発言が大バッシングを浴びた。松原と離婚後も長谷川と逆風の恋路を8年も歩んだが破局。その後2009年に石田と東尾の熱愛が報じられ、その年の年末に結婚。長谷川も2012年に実業家の男性と結婚した。「理子さんは石田さんと松原さんの長女・すみれさん(29才)ともコンタクトをとるなど驚くべき交流を見せてきましたが、ハセリエさんとの共演は暗黙のうちに“NG”とされてきました」(テレビ局関係者) 長谷川のトークショーを見学した前出の50代女性も2人の“因縁”に気づいていたようで、「長谷川さんは、イベントの看板の真横に座ってお話しをされていましたが、その看板ポスターのいちばん左手に東尾さんの顔写真があったので、どうしても彼女の顔も一緒に目に入ってしまって」と苦笑いで振り返った。 観覧客さえも驚かせた今回のキャスティング。ちなみに運営事務局は、「意図は何もございません。イベントの目的に合わせたキャスティングをしたのみです」と回答する。 誰がなんと言おうと、いまは2人とも「ハッピー・ウーマン」なのは間違いなさそうだ。※女性セブン2020年3月19日号 
2020.03.06 07:00
女性セブン
東出昌大との不倫でも唐田えりかの”匂わせ”が注目された(写真/時事通信社)
なぜベッキー以降芸能人の不倫は酷烈糾弾の対象になったか
 1月下旬に報じられた、東出昌大(32才)と唐田えりか(22才)の不倫騒動。愛妻家として認識されていた東出が、妻である杏(33才)を第3子妊娠中から裏切っていたことやその期間が2年半にわたっていたこと、そして唐田が東出との交際を匂わせる写真やコメントをSNSに頻繁に投稿していたことで、世の女性たちの激しい怒りを買った。そのバッシングは凄まじく、東出はCMを、唐田はドラマを降板している。ここまで“炎上”したのは、なぜなのか。 コラムニストの今井舞さんは、「もともと“優等生”だった芸能人ほど、世間からバッシングされやすい」と言う。「“不倫は悪いことなのだから、どんなに叩いてもかまわない”という風潮は、4年前のベッキー(35才)と川谷絵音(31才)の不倫報道が大きな契機となりました。それまでスキャンダルもなく、優等生の印象が強かったベッキーが不倫していたうえ、『交際していない』と嘘までついていた。世間は“裏切られた”という怒りに加え、それまで芸能界においていい感じの立ち位置にいたタレントが、自分たちの攻撃により追い詰められていくさまに、快感すら覚えるようになった。この件で、世の中が“芸能人のつるし上げはエンターテインメントになる”と気がついてしまったのです」 中世ヨーロッパでは、庶民が処刑の様子を鑑賞する風習があったが、ものによっては「それに通じる残酷さすら感じる」と今井さんは話す。 確かに、芸能人の不倫に世間がここまで過剰に反応するようになったのは、つい最近のことだ。 昭和の名優・勝新太郎さん(享年65)が女優・原田美枝子(61才)をはじめ、数々の女性と浮名を流した際は、「勝新らしい」「女遊びは芸の肥やし」と好意的に見られる風潮すらあった。それから時間を置いて、長谷川理恵(46才)との不倫騒動の渦中にいた石田純一(66才)が「不倫は文化」と言い放った時でさえ、一時は大バッシングにあったものの、今回のように当事者たちを「芸能界追放」「一発アウト」に追い込むことはなかったはずだ。なぜ今、ここまで世の中の女性たちの感情は「怒り」一色なのだろうか。 もとは普通の主婦でありながら、ツイッターのフォロワー数は17万人を超え、女性セブン連載『立て板に泥水』でも知られる深爪さんは、SNSの普及が一因ではないかと分析する。「SNSは“いいね”を押すことで共感を可視化した、いわば共感増幅ツール。これまでも芸能人の不倫に対しては批判的な感情を持つ人が少なからずいましたが、友人や家族など少人数の間で共有される程度だった。しかしSNSが普及した今、1人が“そんなの許されない”という声を上げると、同調した人が“いいね”や“リツイート”で拡散していってしまいます」 共感に裏打ちされた怒りは、ますます増幅されていく。◆炎上の背景にある“匂わせ”は新しい行為なのか? 今回の東出と唐田の不倫では、唐田がSNSに投稿した交際をアピールするような“匂わせ写真”も、世間の怒りを大きくした。「“匂わせ”とは、SNS上で直接的な言葉では明言せず、画像などを使って“この人とつきあっている”“私はこんなすごいことをしている”と訴えかけることをいいます」(深爪さん) もともとは、嵐のメンバーである二宮和也(36才)の妻で元アナウンサーのAさんが、二宮と交際時にお揃いのグッズをブログにアップしたことから、ジャニーズファンの間でじわじわと広がった言葉だった。 最近では、不倫が噂された木下優樹菜(32才)がインスタグラムの投稿を使って、相手と取り沙汰されていた乾貴士選手(31才)に宛てたと思われるメッセージをアップしたことで一気に認識されるようになった。愛娘と一緒に写った写真に添えられた文章の最初の文字を“縦読み”すると《たかしあいしてるずーーっと》と読むことができると騒動に。その直後、今度は唐田が東出の寝顔や東出を彷彿させるイラストをアップしたことで、世間に定着し、もはや流行語といっても過言ではない。 しかし深爪さんは、匂わせるという行為自体は新しいものではないという。「松任谷由実さんが1982年に発表した楽曲『真珠のピアス』にも、恋人の彼女に自分の存在を気づかせようと、わざと真珠のピアスを捨てていく、匂わせ行為が歌われていますし、中学生や高校生の時に、カップルでお揃いのキーホルダーをつけていたのも今思えば立派な匂わせ。昔からある匂わせ行為が、不特定多数に公開できるSNSというツールができたことで、より多くの人の目につくようになったのだと思います」(深爪さん)※女性セブン2020年2月27日号
2020.02.15 16:00
女性セブン
渡辺謙は会見で自らを「スキだらけ」とかたった(時事通信フォト)
渡辺謙、川崎麻世、矢口真里… 芸能界不倫騒動15を振り返り
 東出昌大の不倫騒動が波紋を広げているが、芸能人の不倫は長年にわたって週刊誌やワイドショーを賑わせ続けてきた。ここでは、そんな不倫騒動の数々を、振り返ってみる。(順不同)◆妻が離婚の意思を女性誌で決意の告白!(1998年):松方弘樹×仁科亜季子 それぞれ会見を開き、松方は「亜季子が最高の伴侶」と語るも、その後離婚。不倫相手だった元女優は離婚後も松方を支え、最期を看取った。◆鬼嫁が見つめる異例の「妻同伴」会見(1993年):川崎麻世×カイヤ×斉藤由貴 斉藤由貴との不倫報道を釈明する川崎と、鬼の形相で見つめるカイヤ。それぞれ恐妻家、鬼嫁というイメージがついた。2018年から離婚をめぐる裁判が続いている。◆「いまでも愛してる」会見で復縁も再離婚(1985年):山城新伍×花園ひろみ 1985年にOLとの愛人関係が報じられ、別居後離婚したが、山城が会見で「いまでも愛している」と復縁を迫り、1991年に再婚。1999年に再離婚した。◆魔性の女が言い放った「奧さんがいたらだめですか」(1995年):真田広之×手塚理美×葉月里緒奈 不倫報道後、葉月が雑誌で「奧さんがいたら、いけないんですか?」と発言して報道が過熱。真田との関係を解消した1998年に葉月はヘアヌードに。1997年に離婚。◆“鬼嫁に頭が上がらない”キャラの元祖(1982年):峰竜太×海老名美どり 浮気相手のロマンポルノ女優・朝比奈順子との三者会談を済ませた後に夫婦で会見を開き、「もう二度と浮気はしません」と平謝りした。婚姻継続中。◆最期まで揺るがなかったキンキン愛(2007年):愛川欽也×うつみ宮土理 2007年に44歳年下女優との不倫が報じられた。度重なる愛川の女性問題にもうつみは寛容で、「キンキンかっこいい!」と常におしどり夫婦ぶりをアピールした。2015年に死別。◆「不倫は文化」発言で離婚後、恋人とも破局(1996年):石田純一×松原千明 モデル・長谷川理恵との関係が報じられ、「不倫は文化」発言が主婦層を中心に反感を買って石田の仕事が激減。長谷川とは9年の交際を経て破局した。1999年に離婚。◆自著で“暴露”もおしどり夫婦を貫いた(1985年):長門裕之×南田洋子 1985年の自著『洋子へ』で女性遍歴が実名で暴露され、会見で「出版社が捏造した。買わないで」と訴えた。認知症になった南田の介護はその罪滅ぼしだったか。◆妻の闘病中に不倫で娘と絶縁!?(2017年):渡辺謙×南果歩 東出の義父にあたる渡辺は妻のがん闘病中に21歳下のジュエリーデザイナーと不倫し、会見で自身を「スキだらけ」と反省。娘の杏から絶縁されたとも報じられた。2018年に離婚。◆浮気夫の懸命な涙も妻には届かなかった(2004年):大鶴義丹×マルシア 2003年に妻の留守中に女性を自宅に招き入れ、帰宅したマルシアと鉢合わせ。大鶴は「マーちゃんごめんね!」と会見で涙ながらに謝罪するも、離婚(2004年)を回避できなかった。◆“クローゼット不倫”後も愛を貫いた(2013年):中村昌也×矢口真里 自宅で浮気相手との逢瀬の最中に夫が帰宅して不倫騒動となり、矢口は全てのレギュラー番組を降板。同年に離婚し、その後2018年に浮気相手だった男性と再婚した。◆神対応で妻を守った「路線バスの男」(2017年):太川陽介×藤吉久美子 藤吉の不倫報道で太川が会見し、「かみさんだもん、僕は信じる」と神対応。数時間後に藤吉も会見し「彼に守ってもらわないと生きていけない」と号泣した。婚姻継続中。◆人間国宝の妻は“下半身スクープ”にも動じなかった(2002年):中村鴈治郎(現・坂田藤十郎)×扇千景 ホテルで舞妓に下半身を露出する写真を写真週刊誌に撮られたが、坂田は「私が元気だってことを証明してくださって」と余裕。扇も「まったく問題じゃない」と平然としていた。婚姻継続中。◆夫の不徳を許して示した“梨園妻”の覚悟(2016年):中村橋之助(現・芝翫)×三田寛子 芝翫襲名を目前に京都の芸妓との密会が報じられ、橋之助は「私の不徳」と頭を下げた。三田も「家族5人で頑張ります」と答えて乗り切った。婚姻継続中。◆飲酒運転で浮上した不倫疑惑でも平謝り(2006年):中村獅童×竹内結子 酒気帯び運転と信号無視で検挙された際に女優の同乗が発覚。会見では「友人の女性」と説明したが、2年後に竹内と離婚。中村は2015年、竹内は2019年に再婚した。※週刊ポスト2020年2月14日号
2020.02.06 07:00
週刊ポスト
全身白のワンピースで謝罪会見に臨んだ斉藤由貴
平成の不倫報道で話題 ベッキー、斉藤由貴、夫を見守るカイヤ
 いよいよ最後を迎える平成の時代。平成の時代に頻繁に目にしたのは、不倫報道。どんなものがあったか? 振り返ってみよう。 平成28年、優等生タレント・ベッキー(当時31才、以下同)の初スキャンダルは、まさかの不倫。会見での“ウソ”が裏目に出て、一時表舞台から姿を消した。今年早々、元野球選手と晴れて結婚。今度は幸せに。 平成29年、“恋愛体質”の斉藤由貴(50才)は謝罪会見もお手のもの。若い頃のフレッシュさに、年を重ねてからの艶っぽさが加わり、“魔性ぶり”はますます…。 不倫文化を作った!?といえば、こちら。平成8年「文化や芸術といったものが不倫から生まれることもある」の発言で注目された長谷川理恵(33才)と石田純一(52才)の恋。長谷川は破局後に、またも年上の神田正輝(60才)とツーショット(平成22年)。一方の石田と結婚したのは東尾理子(平成22年、34才)。石田をきっちり“管理”するしっかり妻だ。 平成5年に報じられた川崎麻世(30才)との不倫では、川崎も妻・カイヤ(31才)に“見守られながら”謝罪会見。※女性セブン2019年3月28日・4月4日号
2019.03.25 16:00
女性セブン
西城秀樹がスターになるまでの道、そしてとんねるずへの配慮
西城秀樹がスターになるまでの道、そしてとんねるずへの配慮
 今年5月に63才という若さで亡くなった西城秀樹さん。それから半年、妻の美紀さん(46)は『蒼い空へ 夫・西城秀樹との18年』(小学館刊)を上梓、「秀樹さんの頑張ってきた日々の記録が、どなたかのお役に立てれば本当にうれしいです」と秀樹の知られざる秘話を明かしている。 秀樹は戦後10年目にあたる1955年、広島市で生まれた。姉と兄のいる末っ子の秀樹は、タイヤの卸商や雑貨店などいくつもの商売を手がけ、実業家として成功する父と、その仕事の手伝いをいとわなかった母の下で育った。 音楽好きの父親の影響でバイオリンを習った秀樹は、中学生になると、兄の誘いでバンドに加わり、アメリカの音楽に親しむようになる。高校生になった夏休み、ジャズ喫茶でのアルバイトを始めた。 そこで、芸能界へとスカウトされる。しかし、両親の大反対を受けた。「音楽は仕事ではなく趣味だ」と怒鳴られ、高校中退ということも認めてくれなかった。 厳格な父は、芸能界入りはもちろん、上京にも猛反対した。実業家の父からすれば、仕事とはどういうものなのか、誰よりもその厳しさを知っているという思いもあったのかもしれない。 そのとき、秀樹の味方になったのは、母だった。父親の目を盗みそっと末っ子を東京へと送り出してくれたのだ。 1971年に上京、所属するプロダクションの社長宅での居候を始め、翌1972年に『恋する季節』でデビューしたのは秀樹が16才の時だった。当時のキャッチフレーズは181cmの長身をアピールするように「ワイルドな17才」。歌声も注目された。 後に70年代を代表するスターとして、郷ひろみ(63才)、野口五郎(62才)と並んで新御三家と呼ばれる秀樹だが、デビュー当初は苦戦した。「ほぼ“同期”の3人ですが、甘いマスクでアイドル然とした郷さん、品のあるたたずまいで歌謡界の新星と期待された野口さんと比べ、秀樹さんはキャラクターが定まっていませんでした。そんな中、彼の代名詞である“絶唱系”が浸透していき、1973年に5枚目のシングル『情熱の嵐』で初のオリコンベストテン入りを果たすと、次の『ちぎれた愛』で、初のチャート1位を獲得しました。新御三家で1位を獲ったのは秀樹さんが最初。ここから秀樹さんの人気は新御三家でも突出したものとなっていくのです」(レコード会社関係者)◆スターへの転換期は貫太郎と『YOUNG MAN』 翌1974年には『傷だらけのローラ』の大ヒットで、スターの座を不動のものに。さらに同年、ドラマ『寺内貫太郎一家』(TBS系)に出演。作曲家の小林亜星(86才)演じる貫太郎の息子・周平に抜擢されると、俳優としての勘のよさも披露した。「歌手なのに、けがもいとわない体当たり演技が話題となりました。この作品で知り合った小林さん、樹木希林さん(享年75)、浅田美代子さん(62才)は、彼の一生の友人となりました。小林さんからは1999年にアニメ『ガンダム』の主題歌のオファーをいただきました。このとき、秀樹さんは“ガンダムって面白いの?”というレベルでしたが、周囲が“絶対に断っちゃダメ”と後押しして、実現しました。その後も“おれ、ガッチャマンの曲歌うんだろ?”と勘違いしていましたが(笑い)。 樹木さんと浅田さんとは、温泉旅行に行ったことも。2人だけで秀樹さんのバリの別荘に行って遊んでいたこともあった。共演者との親交はずっと続きました」(前出・レコード会社関係者) 1979年には、周囲を説き伏せてアメリカでヒットしていた『Y.M.C.A.』をカバーし、シングル『YOUNG MAN(Y.M.C.A.)』として発表。すると、瞬く間に、全国にあの歌とダンスが広まった。人気番組『ザ・ベストテン』(TBS系)では9週連続1位に輝き、うち2回は9999点の満点をたたき出した。振り付けは、秀樹自身が決めたものだった。「アメリカ・ロスに行った時、カーラジオから流れる『Y.M.C.A.』に心奪われた秀樹さんが、これを原曲に歌詞を書き換えて作ったんです。レコード会社は“外国曲は売れない”と猛反対しましたが、秀樹さんが“絶対に歌う”と押し切った。結果的に圧倒的な人気を得ました」(スポーツ紙記者) 1983年、個人事務所を設立。『ギャランドゥ』をヒットさせ、新たなステージへと歩みを進めた。◆“気配りの人”だった秀樹 歌うときは“自分勝手” この頃、秀樹は日本中の女性が熱狂する大スターとなっていたが、私生活では意外な素顔を見せていた。長年秀樹のマネジャーとして連れ添った片方秀幸さんはこうふりかえる。「私は1984年にマネジャーとして入社したのですが、採用時の面接官が秀樹さんでした。スタジオ収録の合間の楽屋に呼ばれて対面した秀樹さんは、柔和な表情で“この業界ではお茶が欲しいと言われる前にお茶を出せる、そんな気配りと想像力が大事なんだ”と、業界のルールのようなことを説明してくれました。3分程度でしたが、大学を出たばかりのロン毛の若造にも丁寧な対応をしてくれたことに人のよさを感じました。翌日、事務所の方から“秀樹さんも気に入ったようなので、髪を切って明日から来て”と(笑い)」 マネジャーになって驚いたのは、そのスケジュールだった。朝から始まった仕事は夜になっても終わらず、遅いと午前3時頃まで続いたという。「秀樹さんはその後に飲みに行くから大変でした。行きつけのバーで出会った人たちと意気投合して朝まで飲んで、起きませんから(笑い)。 秀樹さんは誰にも分け隔てなく同じ対応をされるかたでした。芸能人より一般の人とよく飲んでいた印象です。寂しがりやだったので、多忙な芸能人より誘いやすい人がよかったのでしょう。とんねるずさんとは彼らが売れる前、ショーパブで働いていた頃からの仲。でもとんねるずさんが売れ始めると、秀樹さんは距離を置くようになりました。彼らの番組に呼ばれた時には、“おれが出るとあいつらが遠慮して面白さが出ないから”と断っていました。いつも相手のことを第一に考える人でした」(片方さん)“気配りの人”だった秀樹は一転、歌うときは“自分勝手”だったという。「誰の真似でもなく秀樹さん独特の感性で“いちばんかっこよく歌う”ことができる人。よくロックに日本語を乗せて歌ったハシリだといわれています。なぜ、あんな歌い方ができたのか、本人は近くに岩国の米軍キャンプがあったことで、幼い頃から海外の音楽をラジオで聴けたことが影響している、と言っていました」(片方さん) 歌えて踊れて、演技もできて、そして長身でハンサム。その上、共演者やスタッフの間でも評判になるほどの人柄のよさ。異性が放っておくはずがない。秀樹には常に、恋の話がつきまとった。 岩崎宏美(60才)、中村江里子(49才)、長谷川理恵(44才)…多くの女性と交際、そして結婚の噂が飛び交った。特に女優の十朱幸代(75才)との交際は、秀樹の方が13才も年下ということでも注目され大々的に報じられた。しかし、45才になっても独身のままだった。そして、ひとりの女性に出会う。のちに妻となる美紀さんだった。(文中、敬称略)※女性セブン2018年11月29日・12月6日号
2018.11.18 07:00
女性セブン
中村玉緒、松原千明、仲間由紀恵… 浮気「サレ妻」芸能人今昔
中村玉緒、松原千明、仲間由紀恵… 浮気「サレ妻」芸能人今昔
 豊臣秀吉は20人、勝海舟と田中角栄は5人。それは彼らが「お妾さん」として、妻のほかに関係を持っていたとされる女性の人数だ。「女遊びは芸の肥やし」といわれる芸能界ではとくに顕著で、“日本一豪快な俳優”といわれた故・勝新太郎さん(享年65)はその代表格。 1961年に中村玉緒(79才)と結婚したあとも、女優の原田美枝子(59才)をはじめとして流した浮き名は数知れず。中村は「今どの人とつきあっているのかわからないくらい多くて、やきもちを焼く暇がなかった」と振り返っている。しかし勝さんに怒りをぶつけることも三行半を突きつけることもなくふたりは添い遂げた。「女は黙って許す」が当時のスタンダードだったのだ。 1970年代に入り、女性の社会進出が進むにつれ、妻が声を上げはじめる。象徴的な夫婦が1975年に結婚した、峰竜太(66才)と海老名美どり(65才)。1982年に峰の“7年目の浮気”が週刊誌にキャッチされるやいなや妻の美どりは大激怒。峰は前代未聞の「妻同席で不倫釈明会見」を開いて謝罪。怒り狂った妻から殴られ蹴られ、散々な目に遭ったと語っている。 浮気が原因で悲惨な姿をさらすことになったのは、石田純一(64才)も同じ。1996年、モデルの長谷川理恵(44才)との8年にわたる不倫を芸能リポーターから追及され、苦し紛れに発した「不倫は文化」発言が大バッシングを受け、仕事は干され、妻の松原千明(60才)とも離婚した。 この頃から結婚や出産をしても仕事を続ける女性が増え、離婚してもシングルマザーとして子供と一緒に生きてゆくことができるようになってきた。ママタレとして活躍するスザンヌ(31才)や小倉優子(34才)もその一例だ。 彼女たちのように夫をバッサリ切り捨てる「サレ妻」(浮気された妻)が増える一方で、夫婦関係をしっかり「やり直す」妻もいる。2016年にカリスマ美容師との密会現場がスクープされた田中哲司(52才)の妻・仲間由紀恵(38才)は改心した夫を受け入れ、今年6月に双子を出産。中村芝翫(52才)の浮気を知っても、妻・三田寛子(52才)は笑顔でフォローした。 はたまた、2017年に渡辺謙(58才)の浮気を知った南果歩(54才)は1年の別居を経て離婚する道を選んだ。※女性セブン2018年9月13日号
2018.09.04 11:00
女性セブン
ママタレとして活躍中のゆうこりん
小倉優子やギャル曽根も、「お受験対策」の必須はママ友づくり
 いよいよお受験の季節が到来している。本番を迎えるまで、どうしたらいいの!と慌てている方もいるかもしれない。では、お受験突破のために必要なこととはどういったことなのだろうか。 お受験における試験対策と並ぶ必須事項は、意外にも「ママ友づくり」だという。昨年、わが子を都内の有名私立小に合格させた母親が語る。「面接ではどんなことを聞かれるかはもちろん、子供の洋服や髪形、母親のヘアメイクや父親の靴はどうするかなど細かい情報は志望校にわが子を合格させた『お受験ママ友』から聞くのがいちばん。私は子供の習い事を通して知り合ったママ友から洋服や靴のブランドを教えてもらい、面接に臨みました」 芸能人ママたちも、“お受験ママ友”づくりに余念がない。「小倉優子さんやギャル曽根さんは藤本美貴さんからお受験情報を得て、塾選びをしたそう。最近ではその友達の輪に5才の息子を有名私立幼稚園に入れた中西モナさん(42才)も入ったとか。 一方で長谷川理恵さんは、同じく鎌倉在住の堂珍敦子さん(40才)と子供の習い事を介して仲よくなって、同じ小学校に入れる!と意気込んでいるといいます」(芸能関係者) お受験の結果が“友情”に影響しないといいけれど。※女性セブン2018年9月6日号
2018.08.29 07:00
女性セブン
お受験有名人ママに変化、海外サマースクールから公文式へ
お受験有名人ママに変化、海外サマースクールから公文式へ
 お受験シーズンの到来で、芸能人ママたちも勉強にグッと力を入れている。かつては“芸能人といえばこの学校”とばかりにいくつかの有名私立が人気を一手に引き受けていたが、現在は志望校が分散する傾向にある。「都心にあって、お金持ちばかりが集結する有名私立を希望する芸能人ももちろんいますが、そういった学校は家柄が重視されるうえ、離婚などで両親が揃わないと子供が優秀でも不合格になることもあります。縁故主義や閉鎖性を嫌って、『わが子の才能にあった学校を選びたい』と考える芸能人のかたが増えています」(進学塾関係者) 筆頭が、長谷川理恵(44才)。かつて売れっ子モデルとしてハイソな毎日を送っていた彼女ならば当然、子供の教育もブランド志向で、(石田純一をめぐり)因縁ある東尾理子と“骨肉の教育ママバトル”を繰り広げるかと思いきや、選んだのは意外な道だった。「理恵ちゃん、今は鎌倉に住んで子育てしているんです。あれだけブランドや都会が大好きな彼女が鎌倉で子育てをすると聞いた時は驚いたけど、息子さんの健康を考え、少しでも空気のいいところで育てたいとのことでした。 これから通わせる小学校についても、“子供は子供らしくのびのびと”という考えで、無理して遠い都心の学校に通わせるよりもアットホームな地元の学校を希望しているみたいです」(長谷川の知人) 志望校合格のための勉強法も時代とともに変わった。 数年前から、神田うの(43才)を筆頭に、夏休みは旅行も兼ねて子供をハワイのサマースクールに通わせて、生の英語を体験させるセレブな教育法が脚光を浴びているが、最近はより地に足のついた勉強法が注目されている。「その代表が公文式です。藤本美貴さんや紗栄子さん(31才)、高田万由子さん(47才)らが子供をこぞって通わせていましたし、芸能界を引退した江角マキコさん(51才)は娘の通う教室でほかの子供たちに公文を教えていたと報じられました」(別の芸能関係者) 中でも熱心なのは、赤西仁(34才)と黒木メイサ(30才)夫妻だ。「ふたりとも世界志向が強く、子供は個性を尊重してくれて英語も学べるインターナショナルスクールに通わせたいと考えているそう。そのためにも基本的な勉強が必要と考えていたところ、野村萬斎さん(52才)や羽生善治名人(47才)の出ている公文のCMを見て、“子供の基礎学力を伸ばすにはこれだ”と意見が一致したのだとか。とくに赤西さんは熱心な信奉者になり、パパ友に『公文はいいよ』と熱くすすめているそうです」(赤西を知る関係者) 机に向かってひたすら計算問題に励むことで集中力と学習能力を育む公文式は、現在全国に約1万6300もの教室がある。「お受験の塾に通いながら、公文でも学ぶ子供が増えています。公文で培った計算能力は小学校に入学してからのスタートダッシュで絶大な力を発揮するので、“お受験後”を見据えて習わせている親が多いですね」(教育研究家・神山眞さん) 親ばかりが熱くなり、子供が置いてけぼりにならないといいけれど…。※女性セブン2018年9月6日号
2018.08.27 07:00
女性セブン
長谷川理恵、野菜嫌いの長男のために行なう工夫
長谷川理恵、野菜嫌いの長男のために行なう工夫
 植物由来で第7の栄養素と注目されるファイトケミカルのPRイベント『ファイトケミカルス・デー2017』に出席した長谷川理恵。野菜嫌いの4才の長男の食事は「嫌いなものは小さくして気づかれないように入れている」と母の顔を見せた。 イベントでは、実際に「カラフルミニトマトのコンポート」を作る姿も披露した。■撮影:矢口和也
2017.09.16 16:00
NEWSポストセブン
福山雅治、赤西仁、藤本美貴らも愛用する6万円高級ベビーカー
福山雅治、赤西仁、藤本美貴らも愛用する6万円高級ベビーカー
“ただ押すだけ”の乳母車の時代ではない。マンション住まいか戸建てか。車生活かバス電車生活か。対面か背面か。三輪か四輪か。重さは、幅は、高さは? 超高級寝具の素材を搭載してたり、抱っこひもやチャイルドシートと一体化できたり…今やベビーカー選びのポイントもさまざまだ。 11月のとある昼間、少し大きく目立ちはじめたお腹を気にしながら歩いていたのは吹石一恵(34才)だった。昨年9月に福山雅治(47才)と結婚、この冬に出産予定だ。 フラットシューズで足取り軽く向かった先は代官山で人気のベビーカー専門店「エアバギー」だった。店内での吹石は真剣そのもの。「ベビーカーに赤ちゃんの人形を乗せて、店内を押して歩いていました。段差を越えられるかなど、かなり細かくチェックしていましたね。かなり気に入ったようで、1台6万円ほどするモデルを予約されていたようです」(近くを通りがかった人) 実はこの店は、多くの芸能人が訪れることでも知られる。最近第二子の妊娠を発表した黒木メイサ(28才)と赤西仁(32才)夫妻もユーザーだという。「4年前にお嬢さんが生まれた時からこのメーカーを使っているそうですよ。いつも赤西さんがいらっしゃるようでイクメンだと評判です。以前は緊張した様子だったのが、最近来たときは子育てに慣れた様子でしたよ」(居合わせた客) 妊娠発表の直前の9月にも、赤西は娘と手をつないでお店を訪れていた。「ベビーカーを2人乗り用にするオプションアイテムを選んでいました。娘さんが乗るボードを購入していたようです」(別の客) 最近は用途に合わせて複数台持ちするママも増えているというが、藤本美貴(31才)やほしのあき(39才)、小倉優子(33才)、長谷川理恵(43才)、松嶋尚美(45才)など多くの芸能人が愛用している。 ただ、一般主婦が手をだすのに躊躇する一面もあるとか。「デザインがカワイくて人気です。芸能人は『エアバギー』か『バガブー』を持っている人が多いので憧れている女性も多い。でも海外ブランドで、日本のメーカーに比べて大きめで少し重いのでパパには人気なんですが、小柄のママは躊躇する人が多いです。お値段も高めですからね。旦那さんの手助けがある人はいいですよね」(子育て誌ライター)  福山や赤西がベビーカーを押す姿を想像すると…うらやましい。 ※女性セブン2016年12月22日号
2016.12.12 16:00
女性セブン
ハセキョー、深キョンもかぶったZARAの大人気ワンピース
ハセキョー、深キョンもかぶったZARAの大人気ワンピース
“あっ! かぶっちゃった!”は本誌・女性セブンの人気企画の1つ。舞台挨拶や会見で女優ふたりの衣装を見ると「あ! 同じドレスだ」ということもしばしば。 かつては浅田美代子(60才)と長谷川理恵(42才)が同じ会場に全く同じドレスで登場し、ハラハラの“かぶっちゃった!”が起こったこともあった。でも今回は違う。おしゃれで知られる人気女優やタレントが私服で“丸かぶり”しているのだ。 赤やピンクの花が色鮮やかな黒の刺繍ワンピース──この『ZARA』の新作ワンピが今、売れに売れている。 まずは8月中旬。長谷川京子(38才)がポニーテールでエレガントにこのワンピを着こなした写真をinstagramに投稿。瞬く間に拡散され大ヒット。その後、中村アン(29才)がインスタに、高橋愛(30才)がブログに“丸かぶり”写真を次々とアップし、「またこのワンピだ!」と話題に。そして今月6日、小林麻耶(37才)が《妹とお揃いのワンピース買っちゃった》と紹介し、記事には2万5000を超える「いいね!」がついた。ちなみに、深田恭子(33才)も別タイプではあるものの、同じZARAの刺繍ワンピを着た写真を投稿。「素敵!」「真似していいですか?」と絶賛コメントが殺到した。 ZARAはスペインのファストファッションのブランド。手頃な価格で流行のアイテムをゲットできると人気。 ファッションアイコンたちがこぞって愛用するのはなぜか。ファッションジャーナリストの宮田理江さんによると、「ZARAは価格がこなれているうえ、癖のないデザインでありながらトレンドをしっかりおさえているのが人気の秘密。特に今シーズンはディテールの凝ったものや遊び心のあるデザインが流行り。このワンピースは刺繍が細かくて立体感もあるので目を引きますよね。普通の花柄プリントだと甘くなりすぎてしまいますが、下地が黒色で花も刺繍なので、上品で高級感も出ます。そのため、アラフォーやアラフィフ世代にも好まれるんです」 ハセキョーのように1枚でさらっと着るのに抵抗がある人には、“外し技”がおススメ。「ブーツやつば広帽で今流行の70年代風に着るもよし。コーディガンやベストを合わせて花の刺繍をチラ見せにすれば、控えめでかわいらしい印象になりますよ」(前出・宮田さん)※女性セブン2016年10月27日号
2016.10.12 16:00
女性セブン
石田純一はともかく妻の東尾理子は政治家の妻に向いてる?
石田純一はともかく妻の東尾理子は政治家の妻に向いてる?
 放送作家でコラムニストの山田美保子氏が独自の視点で最新芸能ニュースを深掘りする連載「芸能耳年増」。今回は、まさかの都知事選出馬が取りざたされる石田純一と妻の東尾理子について語る。 * * * 誰もが耳を疑った「石田純一、都知事選出馬へ」の一報。だが彼の本気度は日に日に増していき、8日午後、都内で出馬“意欲”会見を行うまでに。 同時刻に生放送をしていた日本テレビ、TBS、フジテレビはその模様をほぼノーカットで伝え、さらには、石田純一のプロフィールを改めて紹介していた。 ワイドショーと石田の関係は深くて長い。もっとも有名なものはゴルフのラウンド中、リポーターらに囲まれ、不倫について熱く語るVTR。あの「不倫は文化」が生まれたシーンである。 結婚歴は3回。3人の妻との間に、1人ずつ子供がいること。さらに、2度目の結婚が破たんした最大の理由となった長谷川理恵とは、結婚する、しない、家を建てた、そこには住まない、復縁、やっぱり破局…と、延々ワイドショーにネタを提供してくれたものである。「ノーコメント」とか「対応ナシ」で切り抜けてもいいのに、自分が窮地に立たされているときでも、カッコ悪いときでも、マスコミに囲まれると立ち止まって話してくれる石田は、各局の芸能デスクやリポーターらにもっとも好かれているタレントと言っても過言ではない。「困ったときの石田純一」。あるいは「ジェーワン」とも呼ばれ、重宝されてきた。 老若男女、有名無名、相手がどんな人であっても石田は腰を低くし、優しく接する。「若くてキレイな女性に優しい男性はたくさんいるが、石田さんは、年配の不細工な女にも優しい」と言っているドラマの女性プロデューサーがいた。彼女はこんなエピソードも教えてくれた。夜、ADの女性に男性スタッフがタバコを買いに行かせようとしたところ、打ち合わせ中だった石田純一が立ち上がり「ちょっと待って! こんな夜中に女の子が外を出歩くものじゃない」と静止したというのである。さらに石田は、そのADの手を取り、目を見つめて、「わかった? 行っちゃダメだよ」と言ったのだとか。Tシャツにジーンズ、ノーメイク、髪をボサボサにして現場で働く、ガタイのいい女子だったそうだが、彼女はもちろん、周りの女性スタッフはみな、石田の優しさと気遣いに涙したという。 目に浮かぶようだ。石田は局内で知った顔を見つけると、「あ〜、○○さん」と、その人の名前を呼び、笑顔で近づいてくる。それも媚びているふうではなく、とても自然に…。育ちの良さが原因しているのだろうか。 そんな石田の「結婚」や「不倫」以外のプロフィールを紐解くと、祖父が区議会議員経験者、父が報道アナ、姉は音楽関係の仕事をしていて、文化的な集まりの司会をする姿を見かけたこともある。 石田自身もニュース番組のメインを張っていたし、国会前でのデモ参加やマイクを持ってのスピーチは記憶に新しい。というワケで、出馬“意欲”会見は決して唐突なことではなく、実は納得のいく点がいくつもあり、今回はその点と点が線に繋がったかっこうだ。 テレビ朝日系の夕方のニュース番組『スーパーJチャンネル』のJは、実は「純一」の頭文字。石田が不倫騒動で番組を降板しても、そのタイトルだけは残っていたのである。 石田が会見を行った8日、その『〜Jチャンネル』の裏番組である『ももち浜ストア夕方版』(フジテレビ系のテレビ西日本)に妻の東尾理子が生出演。「できれば出馬してほしくない」と複雑な胸中を明かした。「心配ですよね、いろいろ不安というか…」と言いつつも、「妻として主人を支えたい」とも。一部で「政治はダメ」という約束が夫婦間でされていたとの報道もあったが、「絶対にダメ」ということでもなさそうだ。 実は、石田の出馬“意欲”会見を見ていたとき、「石田さんはともかく、理子ちゃんは政治家の妻として相応しいかもしれない」と彼女の人柄をあれこれ思い浮かべていた。 父は東尾修氏、自分はプロゴルファー。幼少期から何不自由なく育ってきた彼女は、豪放磊落な父の人柄を知り尽くし、いまもモテる修氏とはとてもいい関係を築いている。 彼女のすごいところは、夫と前々妻の間の息子である俳優のいしだ壱成や、前妻の娘でモデル・女優のすみれと仲がいいということだ。二人から「理子ちゃん」と呼ばれ、すみれは、「理子ちゃん、かわいい」とも言う。母・松原千明と自分を苦しめた父・石田純一に対しては複雑な思いがあることだろう。だが、壱成やすみれも「家族」として自宅に招くという東尾理子。前妻との離婚後、精神的にかなり落ち込んでいた壱成は「理子ちゃんは愛の人。理子ちゃんのお陰で家庭の温かさをまた知ることができて、本当に感謝している」とまで言っていた。 東尾理子は、石田純一と結婚後、タレントとして生活情報番組やヒナ壇番組から引っ張りだこだ。セレブを気取るわけでもなく、でも“お嬢さま”ならではの特異なエピソードを有していて、しかも、人の傷みを理解し、社会派でもある。 不妊治療の末、母になるときも、デリケートな話をあまりにもオープンにするものだから一部でバッシングを受けたりもした。だが、彼女の性格を考えると、妊活事情を包み隠さず明らかにすることで、誰かの役にたてば、自分はどれだけ批判されてもいい…という想いでやっていたのではないか。 ちょうどその頃、東尾理子と、ある生活情報番組で何度か共演させてもらっていたが、CM中、彼女が妊活のために使っていた「よもぎシート」なるモノの話で盛り上がった。下着の内側に敷くと、じんわり温かくなり、よもぎの香りでリラックスできるというモノ。「へ〜、そんなのあるの? 知らなかった」と言った私のリアクションを覚えていてくれたのだろう。 その後、また共演したとき、私の楽屋の扉を叩く音と共に、「理子です」と言われ驚いて開けると、「これです!」と、その「よもぎシート」を1パック、私に差し出した東尾理子。その記憶力と気遣いに、「これは石田純一以上かもしれない」と感心したものである。 母となった彼女はますます「愛の人」となり、細やかさはそのままに、肝っ玉母ちゃん的な大らかさも備わった。お嬢さまではあるが、常識人であり、社会性もある。さらに空気も読めて、ユーモアにもあふれているので、好感度は抜群。しかも大物の“二世”ならではの大胆さも備わっている。 そして何より彼女はアスリートである。父の東尾修氏を含め、2020東京五輪に向けて、スポーツ振興や、スポーツ教育を通じて子供たちの未来についても当然考えているハズだ。 今回の都知事選出馬がなかったにせよ、政界に進出する気マンマンであることがわかった石田純一の妻・東尾理子が石田にとって、さらに最強のパートナーとなることは間違いない。
2016.07.10 07:00
NEWSポストセブン
内村光良、布袋寅泰、中谷美紀ら不倫芸能人の明暗
内村光良、布袋寅泰、中谷美紀ら不倫芸能人の明暗
 ベッキーから桂文枝師匠まで、今年の芸能界はまさに不倫スキャンダルの嵐だが、芸能人にとって不倫は、発覚した「その後」こそが大事だ。不倫が原因で辞職した宮崎謙介・前衆議院議員のように、不倫をするとベッキーの相手・ゲスの極み乙女。の川谷絵音にかけ、「ゲス不倫」と表現される事態になっている。テレビの情報番組記者A氏(30代)、スポーツ紙デスクB氏(40代)、週刊誌ベテラン女性記者C氏(50代)の3名を集め、「不倫カップルのその後」をテーマに緊急座談会を実施した。C:最初は嵐の中の船出でも、やがて大団円にたどりつくケースもあるよね。B:2003年に発覚したウッチャンナンチャンの内村光良(51)と元テレ朝アナウンサーの徳永有美さん(40)の不倫騒動は、彼女の夫がテレ朝同期だっただけに、局内から大バッシングが起きたよね。それでいまだに内村はテレ朝で番組が持てないともっぱらの噂。2人は2005年に結婚したけど世間の風当たりは強く、内村の仕事は激減した。 歌手の山下久美子(57)と結婚していたミュージシャンの布袋寅泰(54)も不倫発覚当初は激しくバッシングされましたが、その後、再婚しましたね。A:それでも内村、布袋両夫妻とも子宝にも恵まれ、いまでは「理想の夫婦」として世間の好感度も高い。まさに「継続は力なり」です。B:一方で不倫発覚後に破局するケースも多いね。A:最近の話題でいえば、俳優の渡部篤郎(47)と女優の中谷美紀(40)です。不倫報道がきっかけで2005年に妻でタレントのRIKACO(49)と離婚してからも2人の交際は続き、ゴールイン間近と見られていたけど、最近になって渡部に銀座のホステスとの結婚報道が飛び出しました。C:実は渡部はホステスと中谷の二股をかけていたということになる。B:そう。怒った中谷は渡部に三行半を叩きつけたといいます。中谷の周辺は「渡部こそゲスの極みだ」と怒り心頭だとか。 A:僕は麻布十番のイタリアンで音楽プロデューサーの小林武史(56)と歌手の一青窈(39)の不倫デート現場を目撃したことがあります。膝上20センチのミニスカートの一青にベッタリくっつかれた小林が「いまこの場を誰かに見られて離婚の原因になったらどうする?」って聞くと一青は「やっだぁー」って。実際、見てましたけど!(笑い)B:小林は2008年に「My Little Lover」のボーカル・akko(43)と離婚したけど、結局一青とは2014年まで交際して別れた。C:長く不倫交際した末の破局なら俳優の石田純一(62)とタレントの長谷川理恵(42)も同じね。8年間の交際の間に石田は妻で女優の松原千明(58)と離婚したけど、結局長谷川とは再婚しなかった。B:1996年には有名な石田の「不倫は文化だ」発言もあった。石田は2009年にプロゴルファーの東尾理子(40)と結婚しています。C:不倫の後の恋で幸せになるケースも多いのね。A:別れっぷりが潔かったのはドラマで共演した歌手の長渕剛(59)と不倫に陥ったタレントの国生さゆり(49)だな。1995年に長渕が大麻取締法違反で逮捕された時、彼女は一人で会見して、「長渕の奥様とも話し合って不倫は清算した。自分は薬物とは無関係だ」と毅然と言い放ちました。C:堂々としていて立派だったよね。けれど彼女はその後、2度結婚して2度とも離婚している。なかなか幸せになりきれない。※週刊ポスト2016年3月18日号
2016.03.08 07:00
週刊ポスト

トピックス

4Aに挑戦し続ける羽生結弦選手の今後はどうなる
羽生結弦、事実上の現役続行宣言「芸術性も技術も」不利なルール変更に挑む覚悟
女性セブン
バンド活動がいちばん楽しいと語っていた綾野
東京五輪のない今年も?『オールドルーキー』など夏ドラマのスタートが早くなっている理由
NEWSポストセブン
手錠監禁が行なわれたとみられる三瓶容疑者の別荘(時事通信フォト)
茨城23歳女性“手錠”監禁事件 2人を結びつけた「同人モデル」の危険な撮影実態
週刊ポスト
井上陽水の隠し子と言われた“消えた次男” 長男は「井上ファミリーとは関係のない人」と語る
井上陽水の隠し子と言われた“消えた次男” 長男は「井上ファミリーとは関係のない人」と語る
女性セブン
黒柳徹子と20年交際秘話
黒柳徹子、さだまさしと突然“共演NG”の謎 さだの鋭いジョークが原因か
女性セブン
広末がマッサージ店から出てきた
広末涼子が渋谷センター街に現れた!マッサージ受けてのんびり散歩、1人で寿司店に
女性セブン
松鳳山
人気力士・松鳳山「引退後は親方にならず退職」の裏に70歳再雇用と名跡不足の大問題
NEWSポストセブン
元タレント、アスリートから党首まで…参院選注目の女性候補者たち
元タレント、アスリートから党首まで…参院選注目の女性候補者たち
女性セブン
「ハウル・カラシニコフ」こと小川雅朝容疑者(本人の公式Twitterアカウントより)
NHKも騙されていた 淫行で逮捕「トー横のハウル」の巧みなメディア統制
NEWSポストセブン
沈黙を続ける井上陽水 16才の孫娘がデビューに向けて着々と準備か
沈黙を続ける井上陽水 16才の孫娘がデビューに向けて着々と準備か
女性セブン
眞子さまがデニム
小室圭さんの妻・眞子さん、海外メディアが「ユニフォームのようだ」と指摘する質素なファッション事情
NEWSポストセブン
井上陽水
井上陽水が進める引退への準備 個人事務所の社長は辞任、連絡が取れない状態か
女性セブン