ライフ

【新刊】母と娘という主題を変奏曲で紡ぐ「星を掬う」など4冊

 冬の足音が聞こえてきた。そんなときには、温かい部屋で読書に没頭してみるのはどうだろうか。この冬におすすめの新刊4冊を紹介する。

book

再会した52才の母は若年性アルツハイマー。毒母と呼ばれそうな女達の心の声

『星を掬う』
町田そのこ/中央公論新社/1760円
 祖父母に育てられ、元夫の執拗なタカリとDVに遭っている千鶴。ラジオ番組に母との思い出を投稿したことから「さざめきハイツ」に導かれる。そこでは実母の聖子やカリスマ美容師の恵真、離婚した介護士彩子が肩寄せ合って生きていた。母と娘という主題が四者四様の変奏曲で紡がれる中、真の主題は自分の不幸を誰かのせいにするという自己憐憫。聖子の身の処し方に憧れる。

book

映画で編集力とプレゼン力を鍛える。Twitter活用で思いがけない仕事の機会も

『仕事と人生に効く 教養としての映画』
伊藤弘了/PHP研究所/2255円
 映画から世界の多様性や他者の生を学ぶ人は少なくない(文学も同じ)。でも仕事に効くとは!? 丸めれば社会人としての能力の底上げや人格磨きに役立つ。日本の四大巨匠(黒澤、小津、溝口、成瀬)のほか、是枝裕和論、ヒッチコック『裏窓』の騙し術などを紹介。ナチのプロパガンダ映画『意志の勝利』と近年の話題作『ボヘミアン・ラプソディ』に構造的な類似を見る項は圧巻。

book

滑らかな新訳で蘇る半自伝的成長小説。食事や住居、カフェなど時代回顧の面白さも

『人間の絆』
サマセット・モーム著 金原瑞人訳 新潮文庫 上下巻 各1045円
 短編で名高いモームの自伝的長編。フィリップ少年は両親と死に別れ、牧師の伯父夫婦に引き取られる。名門パブリックスクールでの鬱屈した日々、檻から出るドイツ遊学、パリの画学生として知るボヘミアン的青春、英国に戻り医学生になる中、人生という織物の意味(真の解放)を悟る。多彩な登場人物で19世紀末の男女の姿を映す群像小説になっているのも読書の興趣を増す。

book

インタビューや対談も加えた新編集の文庫。世界の塩コレクションから政界スキャンダルまで

『吉祥寺デイズ うまうま食べもの・うしうしゴシップ』
山田詠美/小学館文庫/858円
 詠美さんは仕事場に通い、執筆後に自宅に戻って台所に立つ。前者は日本語と格闘する時間、後者は夫との会話も弾む開放の時間だ。その喜びを凝縮したのが「うまうま食べもの・うしうしゴシップ」の副題。稚気溢れる夫婦の関係に羨ましさが募る。反対に『新潮45』休刊のきっかけになった杉田水脈暴言。今回も衆院比例で当選し、この国どうなってんだ!? ね、詠美さん!

文/温水ゆかり

※女性セブン2021年12月2日号

関連記事

トピックス

殺人容疑で逮捕された内田梨瑚容疑者(SNSより)
《17歳の女子高生を殺害》昼は化粧品店で働いた内田梨瑚容疑者(21)が旭川の繁華街「未成年飲酒・喫煙」界隈で見せていた「ヤンキー系」素顔
NEWSポストセブン
三田寛子と中村芝翫夫婦の家で、芝翫と愛人が同棲しているという
【不倫真相スクープ】三田寛子、実家を乗っ取られた? 中村芝翫と愛人の生活が“通い愛”から同棲に変化 ガレージには引っ越しの段ボールが山積み
女性セブン
所属部署ではアソシエイト
ゆとりある働き方を実践する小室圭さん 所属する法律事務所が生成AIを使ったサービス導入で仕事を奪われる可能性浮上
女性セブン
自転車で牧場を回られる陛下、雅子さま、愛子さま
愛子さまが御料牧場でタケノコ掘り、ご一家でのサイクリング、愛猫&愛犬…貴重な写真を公開
女性セブン
殺人容疑で逮捕された内田梨瑚容疑者(SNSより)
「リコ的に“年下に舐めた態度をとられた”」17歳女子高生を橋から落とした21歳容疑者が引けなくなった「イキリ体質」証言【旭川・女子高生殺害】
NEWSポストセブン
大谷翔平
大谷翔平の妻・真美子さんを悩ませる“悪質グッズ” ツーショット生写真や偽造免許証がフリマサイトに出品される
女性セブン
内田容疑者
橋から17歳女子高生を突き落とした内田梨瑚容疑者(21) 中学時代に起こしていた着替え画像拡散いじめ「ターゲットを激しく入れ替えて…」【旭川・女子高生殺害】
NEWSポストセブン
中村芝翫と三田寛子
三田寛子、夫・中村芝翫と愛人の“半同棲先”に怒鳴り込んだ「絶妙タイミング」 子供たちも大事な時期だった
週刊ポスト
長所は「どこでも寝られるところ」だと分析された(4月、東京・八王子市。時事通信フォト)
愛子さま、歓迎会の翌日の朝に遅刻し「起きられませんでした」と謝罪 “時間管理”は雅子さまと共通の課題
NEWSポストセブン
【全文公開】中村七之助、梨園きってのモテ男が“実家お泊り愛”の真剣交際 お相手は京都の芸妓、直撃に「ありがとうございます」
【全文公開】中村七之助、梨園きってのモテ男が“実家お泊り愛”の真剣交際 お相手は京都の芸妓、直撃に「ありがとうございます」
女性セブン
日本中を震撼させた事件の初公判が行われた
【悲劇の発端】瑠奈被告(30)は「女だと思ってたらおじさんだった」と怒り…母は被害者と会わないよう「組長の娘」という架空シナリオ作成 ススキノ事件初公判
NEWSポストセブン
高級寿司店でトラブルが拡散されたA子さん(寿司の写真は本人SNSより)
《高級寿司店と炎上の港区女子に騒動後を直撃》「Xの通知が一生鳴り止まないんじゃないか」大将と和解後の意外な関係
NEWSポストセブン