国内

海から無尽蔵に資源が現れる時代は終わり、注目される「ブルーカーボン」

定期的に海や浜を巡回し、ゴミ拾いをする重茂の女性たち

定期的に海や浜を巡回し、ゴミ拾いをする重茂の女性たち

 温暖化が進み、ペットボトルやビニール袋などのプラスチックゴミの量も増加の一途を辿るいま、このままでは豊かな海産物が、私たちの食卓から姿を消す日が来てしまうかもしれない。それを阻止するべく、立ち上がった人たちがいる。

「ゴミは、お持ち帰りくださいね」

 岩手県宮古市重茂地区の美しい海沿いに集う観光客に、優しく話しかけて歩く女性がいる。岩手県漁協女性部連絡協議会会長で、重茂漁業協同組合女性部部長の盛合敏子さん(68才)。漁業従事者が人口の9割を超える重茂地区で生まれ育ち、漁師の父と共に中学生の頃から海に出ていた。

「漁師というと“男の世界”のイメージが強いかもしれませんが、重茂では家族総出の漁業が当たり前。女の子だから家にいるということはありません。私も中学生の頃から父親に『重しになるだけでいいから』と船に乗せられて海に出て、少しずつ漁のやり方を教えられて慣れていきました。昔の船には櫂がついていたので女性が櫂で船を手繰り、男性が鈎やたものついた竿をもってあわびやうに、わかめなどを獲っていたんです」(盛合さん)

 夫婦や家族で船に乗り込み、前に進むときは「ゴーヘイ、ゴーヘイ」、後ろに戻るときは「ゴスタン、ゴスタン」との合図に合わせて、女性が力を込めて船を漕ぐのが重茂の日常風景だった。そんな環境で育っただけに、盛合さんは幼い頃から「海を守る」意識が強かった。

「初めて環境問題を意識したのは、1970年代半ば頃に『ヘドロ』という言葉が出始めたときだったと記憶しています。当時、重茂の海はきれいだったけれど、近隣の町村からは『最近、海が汚れてきたね』という声がぽつぽつと出るようになった。それを聞いて、“重茂は漁村で、みんなが海を糧に生活しているのに、その海がダメになったら重茂もダメになる”と強い危機感を覚えました」(盛合さん)

 事態を重く見た女性たちは一致団結し、環境保護に乗り出した。彼女たちが海岸清掃、漁港清掃などの活動とともに力を入れたのは、海を汚さない洗剤の普及活動だ。

「1973年に漁協と石けんメーカーが協力して作った天然石けん『わかしお』を市内の家庭で普及させる運動を続けています。天然油脂が原料であり、分解されやすく環境への影響が少ない。生活排水で海が汚れ、海産物に影響を生じさせないために地域一丸となって配慮した生活を心がけています」(盛合さん)

関連記事

トピックス

堂本光一の思いとは
【全文公開】堂本光一、本格始動のスタートエンタに苦言を繰り返す背景 福田淳社長は“早期退任説”を真っ向否定
女性セブン
『サンデーモーニング』の司会を引き継いだ膳場貴子(時事通信フォト)
《3度の結婚と出産、マタハラ騒動経て》膳場貴子がサンモニ新MC就任で意識する、“関口宏カラーは変えない”の理由
NEWSポストセブン
三笠宮彬子さま、2015年に出版した“プリンセスの留学記”がネットで大きな話題 新たなあとがきを加えて9年越しに文庫化されるまで
三笠宮彬子さま、2015年に出版した“プリンセスの留学記”がネットで大きな話題 新たなあとがきを加えて9年越しに文庫化されるまで
女性セブン
広岡達朗について語ってた江夏氏(撮影/藤岡雅樹)
江夏豊と広岡達朗は本当に“犬猿の仲”だったのか「疑惑の痛風発言」を広岡本人に直撃
NEWSポストセブン
初代うたのおにいさんデビュー時の田中星児(本人提供)
《『ビューティフル・サンデー』歌い続けて48年》田中星児(76)“いつまで歌っていけるのか”年を重ねて自問自答「ポッと歌詞を忘れてもお客さんが助けてくれるんです」
NEWSポストセブン
眞子さんと小室氏の今後は(写真は3月、22時を回る頃の2人)
小室圭さん・眞子さん夫妻、新居は“1LDK・40平米”の慎ましさ かつて暮らした秋篠宮邸との激しいギャップ「周囲に相談して決めたとは思えない」の声
女性セブン
デビュー時の鈴木亜美(左)と後藤真希(右)
《鈴木亜美と後藤真希》『ASAYAN』時代は「会話もなかった」「何事もないかのように、涼しい顔を」今だから話せる“本音女子トーク”
NEWSポストセブン
銀行詐欺容疑でアメリカ連邦検察から訴追された水原一平氏(39)
《大谷翔平の信頼を悪用》水原一平容疑者「運転中マリファナ所持」違反の過去 「わざわざ調べない」「ドジャースも見過ごすレベル」検挙歴の影響
NEWSポストセブン
いなば食品の社長(時事通信フォト)
いなば食品の入社辞退者が明かした「お詫びの品」はツナ缶 会社は「ボロ家ハラスメント」報道に反論 “給料3万減った”は「事実誤認」 
NEWSポストセブン
水原一平容疑者は現在どこにいるのだろうか(時事通信フォト)
《独自》極秘帰国していた水原一平容疑者宅は“居留守”状態「あなたに会いたくないと言っている」「2匹の犬の鳴き声」玄関前には「お〜いお茶」のダンボール
NEWSポストセブン
曙と真剣交際していたが婚約破棄になった相川勇
《元横綱の曙さん死去》交際中に「婚約破棄」騒動の女優・相原勇の今「結婚信じて全レギュラー降板」20年ぶり再会で誓ったこと
NEWSポストセブン
《独自》大谷翔平、ハワイの25億円リゾート別荘を購入へ 練習施設が併設されオフシーズンに滞在する計画も
《独自》大谷翔平、ハワイの25億円リゾート別荘を購入へ 練習施設が併設されオフシーズンに滞在する計画も
女性セブン