• TOP
  • 国内
  • 梅宮アンナが提起した“ウォッシャー液問題” 教習所教官の見解は?

国内

2021.12.09 16:00  NEWSポストセブン

梅宮アンナが提起した“ウォッシャー液問題” 教習所教官の見解は?

(時事通信フォト)

自身のInstagramで“被害”を報告(時事通信フォト)

 自動車のウォッシャー液は走行中に使ってはいけない……? そんな問題提起がタレントの梅宮アンナ(49)からなされ、物議を醸している。

 梅宮は12月2日、車を走行中に“被害”にあったとして、〈前の車に、走りながらウォッシャー液を出されてワイパーやられて、それも、2回も。私の車は、そのしぶきを浴びた〉とInstagramで報告した。

〈走りながらフロントガラスを綺麗にする行為〉を〈絶対にやっては、イケナイ行為〉としたうえで、〈止まっている時、周りに誰もいない時にやるべき事なのに。。〉〈自分さえ良ければいいって人が目立つな。。最近は。。相手を思いやれない人。本当に嫌です〉とつづった梅宮に対し、ネット上では異論が噴出した。

「不快に思う人もいるのかもだが、『絶対やってはイケナイ』というのは違和感がある」「高級車に飛沫が飛んだだけでしょ。止まった時に拭ければ一番いいと思いますけど、その時の状況によっては走行中にしなきゃいけない時だってある」「走行中に鳥フンや虫が当たり視界が悪くなった場合、急停止は危険なのでウォッシャー液使うでしょ」「水たまりの雨水が対向車に跳ね上がるぐらいの田舎者の私には許容範囲だと思います」などの書き込みが見られた。

 すると梅宮も再びInstagramで〈違反じゃないから問題ないと 怒る方がおかしいと〉〈視界優先だから、安全第一なんだから、走行中に、フロントガラスが汚れたら、ウォッシャー液は、周り関係なく当たり前の行為だ!!と、わたし。。怒られる始末に〉と批判があったと報告し、〈読んでいて、なんだか悲しくなるモノが多かった 他人に思いやる気持ちより、自分の心配。。自己中心的。傍若無人な人。目立った〉と反論する。

 これに対しても「共感してくれる人がいなかったからといって、それを『傍若無人』『自分の意見が絶対』と決めつける行為こそ、自己中心的でしょう」といった意見が上がるなど収拾がつかなくなり、梅宮はInstagramの当該エントリーを削除している。

 走行中にウォッシャーでフロントガラスをきれいにするのは「絶対にやってはいけない行為」なのだろうか? 自動車教習所の教官の経験を活かし、YouTubeで運転のノウハウなどの解説動画を配信している“教習所YouTuber”アルバカ氏は「周囲の確認はするべき」とした上で、「走行中にウォッシャー液を使ってワイパーをかけるのは、“視界を良好に保つため”であれば本来の使い方」だと答えてくれた。

関連記事

トピックス