ライフ

俳優・升毅が伝授! 牛肉の旨味が染みた「肉豆腐」レシピ

牛肉の旨味が染みた豆腐が体を温める「肉豆腐」

牛肉の旨味が染みた豆腐が体を温める「肉豆腐」

『週刊ポスト』の連載「居酒屋ますや」で、大将をつとめる役者・升毅。実は自宅マンションの隣室を借りて、仲間たちと芝居の話をしながら酒が呑める『居酒屋ますや』を月2ほどで開催する料理好きだ。そんな升が『牛肉の旨味が染みた肉豆腐』のレシピを紹介する。

「東京・北千住の居酒屋「大はし」の煮込みは、大きな鍋でコロコロに切った牛肉と豆腐をグツグツ煮ていて、肉だけでも注文できる。

 これがとても旨くて、牛肉を切り落としに替えて作ってみました。僕はとにかく早く食べたいから、最初はあまり煮込まずに食べちゃう(笑)。残りは食べるたびに火を入れるので豆腐に味が染みていく。最後は卵でとじて丼にするのがオススメ」

『牛肉の旨味が染みた豆腐が体を温める肉豆腐』

■材料(2人分)
牛肉切り落とし…200g、絹ごし豆腐…1丁、
長ねぎ…1本、サラダ油…1本、
三つ葉…適宜、七味とうがらし…適宜
A[水…500ml、酒…大さじ4、しょうゆ…大さじ4、みりん…大さじ5、砂糖…小さじ1]

■作り方

【1】豆腐は水切りをして一口大に切る。長ねぎは5mm幅の斜め切りに。牛肉は大きければ食べやすく切る。
【2】鍋にサラダ油を熱し、中火で牛肉を炒める。

ほぐすように炒める

ほぐすように炒める

【3】牛肉の色が変わってきたら長ねぎを加えて炒める。
【4】[A]を入れひと煮立ちさせ、豆腐を入れる。

[A]はあらかじめ混ぜておく

[A]はあらかじめ混ぜておく

【5】落としぶたをして、弱めの中火で12分程煮て火から下ろす。
【6】器に盛り付けて三つ葉を散らし、お好みで七味とうがらしをふって完成。

【プロフィール】
升毅(ます・たけし)/1955年生まれ。東京都出身。近畿大学在学中に演劇を始め、1985年に演劇ユニット「賣名行為」を結成。1991~2002年は劇団「MOTHER」を主宰した。1995年に上京し、映画『八重子のハミング』(2017年)など出演作多数

YouTubeで動画公開中。
https://www.youtube.com/channel/UC-DmGAqCEZMypBwgMncP1tQ

撮影/阿部吉泰

※週刊ポスト2021年12月17日号

関連キーワード

関連記事

トピックス

悠仁さまはクラスに馴染もうとされているという(時事通信フォト)
悠仁さま「校内でも常に警護」 筑附名物行事中止で遠のく「高校デビュー」
週刊ポスト
真相は…
天心vs武尊の仕掛け人RIZIN榊原信行代表「反社交際音声流出」記事に反論【前編】
週刊ポスト
佐藤浩市
佐藤浩市 デビュー当時の撮影現場での厳しさ振り返り「叱ってくれた大人に感謝」
女性セブン
良原安美アナ
『サンジャポ』抜擢のTBS・良原安美アナ 「読書家」の素顔明かす
NEWSポストセブン
分裂抗争再燃か(六代目山口組の司忍組長/時事通信フォト)
神戸山口組幹部自宅に車両突っ込み 分裂抗争再燃か、変化する六代目山口組の動き
週刊ポスト
aiko
「年下の塩顔ファンと電撃婚」aikoの匂わせ曲と変わらないファンへの神対応
NEWSポストセブン
妻・国分佐智子と歩く林家三平
国分佐智子の美貌健在「落語界一の美人妻」抱える林家三平にTikTokナンパ疑惑
NEWSポストセブン
現在アクセスしにくい阿武町公式サイトのインフォメーションページには広報誌「あぶ」のPDFを画像データ化したものが掲出されている
4630万円返還拒否24歳男性の実名公表 地元住民「移住者増えて活気が出たと思ったら」
NEWSポストセブン
上島竜兵と有吉弘行
上島竜兵さんへの有吉発言にあらぬ批判 「2人の関係性を分かっていない」との指摘
NEWSポストセブン
昨年9月に復帰(写真はインスタグラムより)
深田恭子 度重なる深酒と“昼帰り”で恋人激怒、午前4時の西麻布で大げんか
女性セブン
2009年、映画『カールじいさんの空飛ぶ家』いい夫婦プレミアム試写会に出席した上島夫妻
上島竜兵さん、志村けんさん逝去後に呟くようになった「寂しさ」と家計を支えた妻・広川ひかるとの夫婦愛
NEWSポストセブン
「週刊ポスト」本日発売! RIZIN・榊原信行代表が疑惑に大反論ほか
「週刊ポスト」本日発売! RIZIN・榊原信行代表が疑惑に大反論ほか
NEWSポストセブン