芸能

フィフィ、前澤氏の宇宙旅行は“金持ちの道楽”発言に「見方が浅いよね」

カザフスタンで宇宙旅行に出かける前澤氏

カザフスタンで宇宙旅行に出かける前澤氏

 ZOZO創業者である実業家の前澤友作氏(46)が12月8日、ついに宇宙へと旅立った。ISS(国際宇宙ステーション)に滞在するのは日本の民間人では初めてで、「着いたよ、宇宙だよ、着いちゃったよ。本当にあったよ宇宙が、ステーションがあったよ」と中継で喜びを伝えた。

 しかし、この“偉業”を冷ややかに捉える見方もある。12月9日に放送された『羽鳥慎一モーニングショー』(テレビ朝日系)で、コメンテーターの玉川徹氏(58)は「自分が興味ないってこともあって申し訳ないんだけど、金持ちの道楽見せられてもなって感じですけどね。正直言うと」と率直に感想を述べた。

 また、「スポーツ報知」は、日本人初の宇宙飛行士であるジャーナリストの秋山豊寛氏(79)にコメントを取っている。秋山氏は「格差社会の象徴ですね」「『宇宙観光ができるのは金持ちの証明』で終わっては、寂しいものになってしまう」とチクリと刺しつつ、「地球に帰還した後に、今回の経験を何かに生かしてほしい」と帰還後の前澤氏の活動に期待を寄せた。

 前澤氏の宇宙旅行は、単なる「金持ちの道楽」に過ぎないのか。それとも自己満足を超えて、何か異議のあることなのか。著名人も交えて議論が白熱し、「金持ちの道楽」がTwitterでトレンド入りするほどの盛り上がりを見せた。

 歯に衣着せぬトークで人気を集めるタレントのフィフィ(45)は、宇宙へ出発する前澤氏の映像に素直に心を動かされたという。

「これまで前澤さんにシンパシーを感じたことはなかったけど、あの笑顔には感動したね。大金を払えばできる宇宙旅行だとしても、命がけであることに変わりはないでしょ? 前澤さんは子どもの頃から宇宙旅行を夢見て、それを叶えた。満面の笑みに『ここで死んでも本望』という強い覚悟を感じたよ」(フィフィ、以下同)

 前澤氏といえば、SNSを通して現金を配る「お金配り」企画が有名だ。前澤氏は「富の再分配」だと説明しているが、フィフィは「人助けだとしても幼稚すぎるやり方ではないか?」と疑問を感じていたという。しかし、そのモヤモヤは、今回の宇宙旅行ときれいに繋がった。

「私は成功した経営者の方をたくさん見てきたから、『成功している』というだけで感動はしない。ただ前澤さんっていうのは、童心の人なんだとは前々から思っていた。子どもの純粋無垢な心を持ったまま、あれだけ大きな夢を叶える。これは一番羨ましい生き方だよ!」

 そのうえでフィフィは、「今回の話の本質は、『宇宙に行く/行かない』じゃない」と指摘する。

「批判している人たちは、『金持ちが宇宙に行った』っていう表面的なところに執着している。そこじゃないんだよね。本当に大事なのは、『前澤さんは子どもの頃の夢を叶えた。純粋無垢に頑張れば、大きな夢でも叶う』ってこと。宇宙に行く行かないの話で批判するのは見方が浅い。とにかく不満があるなら、NASAに『宇宙に行って意味があるんですか?』と問い合わせてみればいい。

 前澤さんは、宇宙から戻ってきた後も何も伝えなくていいです。そもそも彼は政治家でも何でもないし、『世の中を良くしてほしい』なんて使命を勝手に背負わせるべき存在ではない。でも彼が自己満足で宇宙に行ったことが、結果的に人々を感動させている。それで十分じゃない?」

 前澤氏をただの派手好きな金持ちと捉えるか、「子どもの頃の夢を叶えた人間」と捉えるか。その点で、宇宙旅行への見方は変わりそうだ。

関連キーワード

関連記事

トピックス

慣れたご様子で馬と触れ合われた(写真/宮内庁提供)
愛子さまのイニシャル入りハートのペンダント「ご学友からの贈り物」と公表した理由
女性セブン
今オフは積極的に動くことを明言していたが……(写真/共同通信社)
原巨人 オフの戦力補強はまた大物外国人頼み?「これでは来季も優勝争いに絡めない」の指摘
NEWSポストセブン
【エクシア720億円投資トラブル】訴訟乱発、代表退任 元副社長が語る「天才トレーダーかけるんの本当の実力」
【エクシア720億円投資トラブル】訴訟乱発、代表退任 元副社長が語る「天才トレーダーかけるんの本当の実力」
NEWSポストセブン
かつてはバイト掛け持ちの苦労人で『ひよっこ』のヒットもあり大人気の有村架純
有村架純は“悪妻”をどう演じるか 『どうする家康』での注目ポイントを時代劇研究家が解説
NEWSポストセブン
基礎疾患を抱えていた渡辺徹さん コロナ後遺症と急逝に因果関係はあったのか
基礎疾患を抱えていた渡辺徹さん コロナ後遺症と急逝に因果関係はあったのか
女性セブン
「体力的、筋力的に落ちている」と発表
中居正広が休養期間を延長 想定外の長時間だった手術と独立後に抱えていたストレス
女性セブン
大久保で買ったというペアルックのスタジャン姿の、坂口杏里(左)と進一さん
坂口杏里、“睡眠薬横流し疑惑”を完全否定「家のどこかに置いたままです」
NEWSポストセブン
少なくない額の借金もあった志垣さん
志垣太郎さん 数千万円単位の借金、『半沢直樹』降板騒動…苦しみの晩年
女性セブン
学生時代の三浦容疑者(SNS「mixi」より)
寝た園児に「ご臨終です」虐待逮捕の元保育士 SNSには「ちびたちが大好きなやつです」
NEWSポストセブン
山崎静代と婚約相手
「南海キャンディーズ」しずちゃん(43)が結婚宣言、お相手は4歳年上で「R-1グランプリ」出場の紙芝居詩人
NEWSポストセブン
K
globe・KEIKOが新曲発表へ 小室哲哉がレコーディングに参加も“共演NG”状態
女性セブン
子供達に罪はない(公園に貼られた張り紙)
【公園廃止】「子供の声がうるさい」と意見したのは国立大学名誉教授 市役所は忖度か
NEWSポストセブン