芸能

長澤まさみ「顔が小さすぎる!」ファッショニスタな8.5頭身ボディ

舞台を終えて劇場から出てきた長澤

舞台を終えて劇場から出てきた長澤

 今年も女優の長澤まさみ(34才)は引っ張りだこだった。年明けから、来年1月公開予定の主演映画「コンフィデンスマンJP-英雄編-」の撮影をして、3月の日本アカデミー賞では映画「MOTHER」で最優秀主演女優賞を初受賞。続いて4月クールでは、16年ぶりに続編が放送された連続ドラマ「ドラゴン桜」に出演。8月には写真集を発売して、9月には木村拓哉(49才)と共演した映画「マスカレード・ナイト」のプロモーション活動、そして11月からは野田秀樹(65才)演出の舞台「THE BEE」で、妖艶な人妻役を熱演中だ。

 11月中旬。その舞台を終えて劇場から出てきた長澤は、上演後の疲れを見せないはつらつとした笑顔。オーバサイズの濃紺のトレーナーにタイトなブラックパンツで、厚底やヒールを履いているわけでもないのに、スタイルは抜群。ショートヘアも相まってより小ささが際立つ顔、引き締まった8.5頭身のボディは、まさに希代の美人女優である。

その日の舞台を見た観客によれば、「舞台では、丈の短いキャミソールから生足や胸の谷間を大胆に露出しながら、艶っぽい演技を披露されていました。同じ女性でも、長澤さんの色気にはドキッとしてしまうほどでした」と感想を語った。

 約9年ぶりに発売した写真集「ビューティフルマインド」では、水着やランジェリー姿といったセクシーなカットはなかったが、芸術家やお笑い芸人、映画監督などの各界のクリエイターとコラボした“アートな長澤まさみ”を披露。根強いファンたちからは、「30代で、これだけ美しくてかっこいい女性はいない」と評価された。

 昨年には、ミュージカルにも初出演して、高い歌唱力で業界関係者らまで驚かせた。デビューから21年経っても、いまだに健在の美貌と多彩な才能で、最前線で活躍し続けている。

 ある映画配給会社の関係者は「2022年は、大ヒットシリーズ『コンフィデンスマンJP』の最新作だけでなく、今年から公開が延期されている『新世紀エヴァンゲリオン』の庵野秀明(61才)監督作品の『シン・ウルトラマン』も控えています。長澤さんの時代は、まだまだ続いていくはずです」と太鼓判を押した。

 近年は、プライベートな交際報道などはご無沙汰だが、仕事が絶好調。いよいよ、唯一無二の存在に上り詰めていきそうな気配だ。

関連キーワード

関連記事

トピックス