芸能

「誰も見たことのない」劇団四季を堪能できる“新しい音楽のショー”が開幕

圧巻のパフォーマンスで魅せるコンサートがついに全国ツアー開始

圧巻のパフォーマンスで魅せるコンサートがついに全国ツアー開始

『オペラ座の怪人』『キャッツ』『ジーザス・クライスト=スーパースター』『エビータ』……ミュージカル好きなら誰でも、お気に入りのナンバーがある作品だろう。日本では1973年の『ジーザス…』初演以降、劇団四季が上演を重ねてきた名作たちだ。

 これらの作曲を手掛けたのは、米ニューヨークタイムズが「史上最も成功した作曲家」と称した稀代の作曲家、アンドリュー・ロイド=ウェバー(73才)。彼による珠玉のナンバーだけで構成された『劇団四季のアンドリュー・ロイド=ウェバー コンサート~アンマスクド~』が12月5日、神奈川・相模女子大学グリーンホール 大ホールにて、全国12都市ツアーの幕を開けた。

名曲に次ぐ名曲! ここでしか聴けない“神”ナンバーの数々

 本作は、約2時間35分の2幕編成。生バンドと10人の劇団四季俳優による圧巻のパフォーマンスが堪能できる、新しいショーだ。

 劇団四季の他作品とは違い、大がかりな舞台のしかけや早着替えのような演出は少ないが、いやいやどうして、まさに「音で圧倒される舞台」。アンドリュー・ロイド=ウェバーの楽曲とパフォーマンスの力で魅せる、音楽の音楽による、音楽のためのステージなのだ。

「スーパースター」で華やかに開幕

「スーパースター」で華やかに開幕

 オーヴァーチュアに続いて歌われるナンバーは、力強いロックと華やかなコーラスが融合した「スーパースター」(ジーザス・クライスト=スーパースター)。ユダのパートを歌いあげるのは、『アラジン』のバブカック役や『リトルマーメイド』のシェフ・ルイ役などを演じてきた白瀬英典だ。のびやかで圧倒的な“音圧”が観る者の心を揺さぶる、ショーのトップバッターにふさわしいインパクトだった。

「オール・アイ・アスク・オブ・ユー」をはじめとする『オペラ座の怪人』のナンバーでは、クリスティーヌのパートを真瀬はるかが、ファントムのパートを飯田洋輔が歌う。

 そして、ファントムの恋敵・ラウルのパートを歌うのは、飯田洋輔の実の弟の飯田達郎。二人はそれぞれ“本家”『オペラ座の怪人』でファントムとラウルを演じた経験を持つが、ファントムとラウルとして舞台上で共演するのは今回が初めてだ。

 プリマ・ドンナのカルロッタを歌うのも、劇団四季の『オペラ座…』で実際にカルロッタ役を演じてきた吉田絢香。力強くも高貴なソプラノを響かせ、重厚なハーモニーに華を添えた。

 本作の魅力の1つはなんといっても、これまで劇団四季で上演されていない作品の曲が聴けることだろう。

『キャッツ』『オペラ座の怪人』『アスペクツ オブ ラブ』など、四季ファンならたまらない作品だけでなく、『サンセット大通り』や『スクール・オブ・ロック』といった、四季では上演されていない作品や、1968年にアンドリュー・ロイド=ウェバーが初めて手掛けたミュージカル『ヨセフと不思議なテクニカラー・ドリーム・コート』のナンバーまで、もはや幻ともいえるセットリストで、アンドリュー・ロイド=ウェバー作品の魅力をすみずみまで味わうことができる。

ファントム(飯田洋輔)とクリスティーヌ(真瀬はるか)の切なくも妖艶な「オペラ座の怪人」

ファントム(飯田洋輔)とクリスティーヌ(真瀬はるか)の切なくも妖艶な「オペラ座の怪人」

四季では上演されていない『スクール・オブ・ロック』のナンバーでは、全出演者が登場。(写真左から真瀬はるか、笠松哲朗、平田愛咲、吉田絢香、谷原志音、白瀬英典、飯田洋輔、飯田達郎、山下泰明、江畑晶慧)

四季では上演されていない『スクール・オブ・ロック』のナンバーでは、全出演者が登場。(写真左から真瀬はるか、笠松哲朗、平田愛咲、吉田絢香、谷原志音、白瀬英典、飯田洋輔、飯田達郎、山下泰明、江畑晶慧)

関連キーワード

関連記事

トピックス

所属事務所は不倫を否定(時事通信フォト)
《星野源と新垣結衣が完全否定》「ネカフェ生活」NHK・林田理沙アナとの疑惑拡散の背景「事務所が異例の高速対応」をした理由
NEWSポストセブン
幼稚園をご訪問され、子供たちに声を掛けられた天皇陛下
天皇皇后両陛下が幼稚園をご訪問 工作の様子を見守られ「どんなものができるのかな」と笑顔で声をかけられる場面も
女性セブン
杉咲花と若葉竜也に熱愛が発覚
【初ロマンススクープ】杉咲花が若葉竜也と交際!自宅でお泊り 『アンメット』での共演を機に距離縮まる
女性セブン
5月に入り病状が急変し、帰らぬ人となった中尾彬さん
【中尾彬さん逝去】数か月体調優れず、5月に入って容体が急変 葬儀は近親者のみ、妻・池波志乃さんは憔悴しながらも参列者に感謝
女性セブン
スキャンダル写真で芸能界を震撼させた『BUBKA』
《90年代アイドルを震撼させた月刊誌『BUBKA(ブブカ)』》の創刊編集長が急死していた スキャンダル写真で物議「スクープ100万円」「複数訴訟」の全盛期
NEWSポストセブン
新しいヘアースタイルの大谷翔平
《大谷翔平の新ヘアスタイル》“切ってもらうと成績が向上する”と評判の美容師が担当 ソウルで水原被告と一緒にカット、料金は大谷が支払う
女性セブン
全国赤十字大会ではスピーチに目を潤ませる場面もあった(4月、東京・千代田区。写真/JMPA)
『虎に翼』を楽しんでいらっしゃる雅子さまと愛子さま 女性天皇への期待高まるなか、揺れるお立場に「日本初の女性弁護士の物語」を重ねられて
女性セブン
女子ゴルフ界の新星として注目を集める清本美波
【プロテストでトップ合格】女子ゴルフ界の新星・清本美波、女子大生と二足のわらじを履く18歳「目標はタイガー・ウッズ」
週刊ポスト
フリーになるも苦戦が続く上重聡アナ
《超大型連休続く?》元日テレ・上重聡アナ、「交渉しまして」古巣復帰の苦境 根強い“利益供与問題”のイメージ、自虐ネタに活路か
NEWSポストセブン
詐取の疑いで逮捕された元宝塚“大滝子”こと光原エミカ(HPより)
《『水ダウ』ざます企画に出演》元宝塚・月組トップスターが現金1000万円詐取の疑いで逮捕「ディナーショーが8万円に値上がり」ファンが察知した違和感
NEWSポストセブン
亡くなったシャニさん
《7か月を経て…》ハマスに半裸で連行された22歳女性が無言の帰宅、公表された最期の姿「遺体の状態は良好」「肌もタトゥーもきれいに見える」
NEWSポストセブン
中尾彬さん(時事通信フォト)
《“ねじねじ”で愛された中尾彬さん(81)が急逝》大病を機に始めていた“終活”、コワモテ俳優からコメンテーターとして人気を博した晩年
NEWSポストセブン