谷原志音の『エビータ』の澄んだ歌声が胸を打つ

谷原志音の『エビータ』の澄んだ歌声が胸を打つ

物語がないからこそ胸を打つ、圧巻のパフォーマンス

 本作はあくまでも、あらすじのない「コンサート」。俳優たちはそれぞれのソロパートを歌いこそすれ、作中を通しての役名はなく、一様にシックなモノトーンの衣装に身を包んでいる。

 しかし、ひとたび音楽が始まれば、観客の脳裏にはたちまち、名場面があざやかによみがえる。

 第二次世界大戦直後にアルゼンチンの大統領夫人となったエバ・ペロンの一生を描いた『エビータ』のエビータ役や『リトルマーメイド』日本初演のアリエル役などを演じた谷原志音による「共にいてアルゼンチーナ」では、エビータが民衆に優しく語り掛けるあの名場面の空気感を見事に再現。

「ミストフェリーズ~マジック猫」では、『キャッツ』のランパスキャット役や『アラジン』のタイトルロールなどを務める笠松哲朗がソロパートを担い、優雅なハイジャンプとマジックでも客席を沸かせた。

 本コンサートは、ロックからオペラまで、アンドリュー・ロイド=ウェバーの世界観を余すことなく詰め込まれている。どのナンバーをとっても、歌やダンスのクオリティは、名実ともに日本一の劇団四季そのものだ。あらすじはなくとも、やはりこのコンサートは「劇団四季のミュージカル」なのだと思い知らせてくれる。

 そのどれもが、ここでしか観ることのできない演出なのだから、劇場に足を運ばない手はないだろう。

 さらに劇団四季の快進”劇”はこれ以外にも。

 2022年10月より東京ディズニーリゾート内の舞浜アンフィシアター(千葉)で『美女と野獣』のロングラン公演を行うと発表したのだ。

『美女と野獣』は、1995年に「東京・大阪同時ロングラン」という前代未聞の上演方式で初演。以来、9都市でのべ19公演が行われ、各地で高い人気を博している。首都圏では9年ぶりとなる今回は中国・上海ディズニーリゾートで上演されたバージョン(2018〜2020年)を踏襲。新たな楽曲が追加され、舞台美術や台本・演出も刷新されるというから、まだ見ぬ新生『美女と野獣』に胸が躍る。

 チケット販売は2022年5月を予定。また、東京ディズニーリゾートのテーマパークとミュージカルをセットにしたチケットの販売も検討しているというから、楽しみは二重三重にも膨らむばかりだ。

 誰もが知っている劇団四季でありながら、まだ誰も見たことのない劇団四季、そして生まれ変わった劇団四季を、心ゆくまで堪能してほしい。

撮影/五十嵐美弥

アンドリュー・ロイド=ウェバーが初めて手掛けたミュージカル『ヨセフと不思議なテクニカラー・ドリームコート』からのナンバーも

アンドリュー・ロイド=ウェバーが初めて手掛けたミュージカル『ヨセフと不思議なテクニカラー・ドリームコート』からのナンバーも

『ライオンキング』シンバ役の快活さとは打って変わり、“つっぱり猫”ラム・タム・タガーでセクシーな一面を見せる山下泰明

『ライオンキング』シンバ役の快活さとは打って変わり、“つっぱり猫”ラム・タム・タガーでセクシーな一面を見せる山下泰明

「マキャヴィティ~犯罪王」はアダルトな演出のガールズナンバーに(写真左から谷原志音、平田愛咲、真瀬はるか、江畑晶慧、????田絢香)

「マキャヴィティ~犯罪王」はアダルトな演出のガールズナンバーに(写真左から谷原志音、平田愛咲、真瀬はるか、江畑晶慧、吉田絢香)

ラウル(飯田達郎)とクリスティーヌのロマンチックなデュエット「オール・アイ・アスク・オブ・ユー」

ラウル(飯田達郎)とクリスティーヌのロマンチックなデュエット「オール・アイ・アスク・オブ・ユー」

関連キーワード

関連記事

トピックス

北青鵬、白鵬
北青鵬の暴力問題で宮城野親方に“師匠剥奪”の厳罰 大横綱・白鵬が歩む「大横綱・貴乃花の辿った道」
NEWSポストセブン
『王様戦隊キングオージャー』は2024年2月25日の放送で最終回を迎える
【神回連発の特撮】『王様戦隊キングオージャー』脚本・高野水登が明かした“掟破り”の演出術「壊してやろうみたいな気持ちはないんですよ」【連載・てれびのスキマ「テレビの冒険者たち」】
NEWSポストセブン
削除された中川安奈アナの“バーでの写真投稿”(本人のインスタグラムより)
《赤ら顔・ノースリーブは削除》NHK中川安奈アナ「こっそり消したインスタ写真」に共通する「不適切」の線引き【局に見解を直撃】
NEWSポストセブン
表情豊かな阿部サダヲ(時事通信フォト)
『不適切にもほどがある!』阿部サダヲの「コンプラ度外視」発言は「令和の新しい毒舌」、カタルシス効果で共感呼ぶ
NEWSポストセブン
堂本剛が退所するが光一とKinKi Kidsは継続か
《SMILE-UP.退所》堂本剛がそれでもKinKi Kids解散を選ばなかった理由「SNS全削除の覚悟」
NEWSポストセブン
田村瑠奈容疑者と容疑者親子3人が暮らしていた自宅
《ススキノ頭部切断事件》2月末で終了の留置期間、親子3人の鑑定結果「娘の責任能力により起訴はギリギリの判断、両親は法廷へ」【自宅はスプレー缶で落書き被害】
NEWSポストセブン
『めざましテレビ』で人気を集めた高島彩
【500人アンケート】フジテレビ歴代最高の女性アナランキング 『めざましテレビ』MCがトップ3に
週刊ポスト
亡くなった山本陽子さん。81歳だった
俳優・山本陽子さん(81)逝去 「悪女」役で人気、晩年は熱海でおひとりさまミニマル生活 CMしていた山本海苔との契約はギネス記録に
NEWSポストセブン
元店員がTwitterに(現X)投稿したLINEのスクショ画像
大阪王将「ナメクジ大量発生」投稿の元店員「威力業務妨害で逮捕」でどうなる 識者は「刑事は不起訴でも民事で損賠請求される可能性」指摘
NEWSポストセブン
長谷川京子が恋人と旅行に出かけた
長谷川京子、“大事な人と必ず訪れる大切な場所”タイに6才年下の恋人と旅行 浮かれて突っ走ることはない大人の恋
女性セブン
渦中の万木議員と中川議員
《滋賀・車中での不適切行為裁判に判決》男性市議に提訴された女性市議が敗訴 決め手となった「写真」の存在【双方直撃】
NEWSポストセブン
雅子さま、チャールズ国王のがん公表で訪英プランが不透明に よみがえるのは“エリザベス女王対面できなかった”寂しい記憶
雅子さま、チャールズ国王のがん公表で訪英プランが不透明に よみがえるのは“エリザベス女王対面できなかった”寂しい記憶
女性セブン