芸能

上白石萌音「クラスの女子からのけもの」の過去を乗り越え人気女優に

舞台後、車の運転手を待たせないように、早歩きで車に向かう上白石萌音

舞台後、車の運転手を待たせないように、早歩きで車に向かう上白石萌音

 最愛の夫を戦争で失い、かつて夫が住んでいた大阪に向かうも、母と娘ふたりでは食べていくことさえままならない。なんとか生計を立てるため和菓子を売り始めるが、将来に対する不安で気もそぞろ。そのとき、不慮の事故に巻き込まれて──。NHK連続テレビ小説『カムカムエヴリバディ』の人気がじわりと上がってきている。初回視聴率16.4%の滑り出しで、11月29日からの第5週では番組最高となる17.7%を記録した(12月7日時点)。

 昭和から令和にかけて、ラジオ英語講座とともに歩んだ3世代のヒロインのストーリーは、トップバッターの安子の物語がクライマックスに近づいている。

 安子を演じるのは、上白石萌音(23才)だ。

 冒頭のシーン、事故により骨折した左腕をものともせず、砂にまみれながら這ってけがをしたわが子に近づき、抱きかかえる安子の姿は、23才の演技とは思えないほどの悲壮感を漂わせていた。

「一度、演技を目にしたら焼きついて離れません。華やかなタイプではありませんが、カメラの前で演技に入った瞬間、まるで彼女にだけスポットライトが当たっているかのような感覚になります」

 テレビ局関係者がそう評するほどで、萌音を「世代ナンバーワン女優」に推す声も多い。

 活躍はドラマのみならず、2016年に空前のヒットとなったアニメ映画『君の名は。』でヒロインの声優を務め、挿入歌も歌った。2021年9月に初のエッセイ本を発売し、年末には歌手として『NHK紅白歌合戦』に初出場、2022年3月から始まる舞台『千と千尋の神隠し』ではダブルキャストの主演を張る。まさにマルチな活躍をしているのだ。

 唯一無二の才能は、どのように育まれたのか。萌音の故郷・鹿児島でルーツをたどると、天真爛漫な笑顔からは想像もつかない過去があった。

1年近く“保健室登校”

 萌音の実家は、鹿児島市の中心部から車で20分ほどの距離にある。1990年代に造成された新興住宅街は、山を切り開いた場所にあるため、周囲に自然があふれている。

 萌音が家族でその地に引っ越してきたのは、小学1年生の頃。妹で女優の萌歌(21才)とともに、近所では評判の姉妹だった。

「姉妹そろって色白で、脚なんか折れちゃいそうなくらい細くてね。引っ越してきた頃には、“あのかわいい子たちは一体どこから来たんだ”って、近所でも話題になったほど」(近隣住民)

 父は地元の中学校の社会科教師、母はピアノ教室を開いていた。だが、小学校時代の萌音は、少しだけイメージが異なったようだ。

「メガネをかけていて、自信がないのか声も小さくて。いつもうつむいて本ばかり読んでいたようです。内向的な性格が災いして、クラスの女子とは合わなかったようで、低学年の頃には、1年近く“保健室登校”をしていた時期もあります」(小学校時代の同級生)

関連記事

トピックス

羽生結弦の元妻・末延麻裕子がテレビ出演
《離婚後初めて》羽生結弦の元妻・末延麻裕子さんがTV生出演 饒舌なトークを披露も唯一口を閉ざした話題
女性セブン
《家族と歩んだ優しき元横綱》曙太郎さん、人生最大の転機は格闘家転身ではなく、結婚だった 今際の言葉は妻への「アイラブユー」
《家族と歩んだ優しき元横綱》曙太郎さん、人生最大の転機は格闘家転身ではなく、結婚だった 今際の言葉は妻への「アイラブユー」
女性セブン
年商25億円の宮崎麗果さん。1台のパソコンからスタート。  きっかけはシングルマザーになって「この子達を食べさせなくちゃ」
年商25億円の宮崎麗果さん。1台のパソコンからスタート。 きっかけはシングルマザーになって「この子達を食べさせなくちゃ」
NEWSポストセブン
シリアスな役あkら、激しいアクションまで幅広くこなす北村
北村匠海、朝ドラ『あんぱん』で“やなせたかしさん役”として出演か 主演の今田美桜とは映画『東リベ』で共演し強い絆
女性セブン
今年の1月に50歳を迎えた高橋由美子
《高橋由美子が“抱えられて大泥酔”した歌舞伎町の夜》元正統派アイドルがしなだれ「はしご酒場放浪11時間」介抱する男
NEWSポストセブン
入社辞退者が続出しているいなば食品(HPより)
「礼を尽くさないと」いなば食品の社長は入社辞退者に“謝罪行脚”、担当者が明かした「怪文書リリース」が生まれた背景
NEWSポストセブン
STAP細胞騒動から10年
【全文公開】STAP細胞騒動の小保方晴子さん、昨年ひそかに結婚していた お相手は同い年の「最大の理解者」
女性セブン
入社辞退者が続出しているいなば食品(HPより)
いなば食品、入社辞退者が憤る内定後の『一般職採用です』告知「ボロ家」よりも許せなかったこと「待遇わからず」「想定していた働き方と全然違う」
NEWSポストセブン
ドジャース・大谷翔平選手、元通訳の水原一平容疑者
《真美子さんを守る》水原一平氏の“最後の悪あがき”を拒否した大谷翔平 直前に見せていた「ホテルでの覚悟溢れる行動」
NEWSポストセブン
逮捕された十枝内容疑者
《青森県七戸町で死体遺棄》愛車は「赤いチェイサー」逮捕の運送会社代表、親戚で愛人関係にある女性らと元従業員を……近隣住民が感じた「殺意」
NEWSポストセブン
ムキムキボディを披露した藤澤五月(Xより)
《ムキムキ筋肉美に思わぬ誤算》グラビア依頼殺到のロコ・ソラーレ藤澤五月選手「すべてお断り」の決断背景
NEWSポストセブン
大谷翔平を待ち受ける試練(Getty Images)
【全文公開】大谷翔平、ハワイで計画する25億円リゾート別荘は“規格外” 不動産売買を目的とした会社「デコピン社」の役員欄には真美子さんの名前なし
女性セブン