国内

「パパ活」をやめられない女性たち お金に困っていないのに続ける理由

経済的な困窮が理由ではないのに、なぜパパ活を続けるのか?(イメージ)

経済的な困窮が理由ではないのに、なぜパパ活を続けるのか?(イメージ)

 1990年代半ばに登場した「援助交際」という言葉に取って代わり、2015年前後に使われるようになった「パパ活」。金銭を介した男女のお付き合いといった意味合いで捉えられることが多いが、当事者たちの声に耳を傾けると、「お金に困っている」というよりも“パパ”への強い依存があるように見える。ジャーナリストの河合桃子氏がレポートする。(前後編の前編)

 * * *
 食事やデートを共にし、時には肉体関係を持つ対価として男性から金銭を受け取る女性が“パパ活女子”と呼ばれる。コロナ禍による減給や失業で生活苦から始める女性も多いが、彼女たちがパパ活をやめられないのは、必ずしも経済的な困窮が理由ではない。

結婚しても続けたい

 昼間は会社員のまどかさん(25歳、仮名)には3人のパパがいる。朝ドラ女優の上白石萌音のようなおぼこい雰囲気にもかかわらず、結婚を前提に交際中の彼氏には内緒でパパ活をしているというギャップに驚かされる。

「私はコロナ禍による生活への影響はとくにないですが、将来に不安を感じ会計士の資格を取るための学校への入学金100万円が作りたくてパパ活を始めました。

 交際クラブ(※編集部注/男性と女性のデートをセッティングし、セッティング料を受け取る形態の業種)からの紹介で初めて会ったパパは、“身なりが垢抜けない”とその日に銀座のロエベやフェンディみたいなブランド店に連れて行ってくれて、服にバッグに靴にと買い揃え、美容室でヘアメイクもしてくださいました。

 私を変えてくれた。自分の力では到底叶わない“変身”をさせてくれたんです。パパは実の父親と同年代ですが、父以上に社会的な地位も高く視野が広くて話が面白く、頼りになります」

関連キーワード

関連記事

トピックス

悠仁さまはクラスに馴染もうとされているという(時事通信フォト)
悠仁さま「校内でも常に警護」 筑附名物行事中止で遠のく「高校デビュー」
週刊ポスト
真相は…
天心vs武尊の仕掛け人RIZIN榊原信行代表「反社交際音声流出」記事に反論【前編】
週刊ポスト
佐藤浩市
佐藤浩市 デビュー当時の撮影現場での厳しさ振り返り「叱ってくれた大人に感謝」
女性セブン
良原安美アナ
『サンジャポ』抜擢のTBS・良原安美アナ 「読書家」の素顔明かす
NEWSポストセブン
分裂抗争再燃か(六代目山口組の司忍組長/時事通信フォト)
神戸山口組幹部自宅に車両突っ込み 分裂抗争再燃か、変化する六代目山口組の動き
週刊ポスト
aiko
「年下の塩顔ファンと電撃婚」aikoの匂わせ曲と変わらないファンへの神対応
NEWSポストセブン
妻・国分佐智子と歩く林家三平
国分佐智子の美貌健在「落語界一の美人妻」抱える林家三平にTikTokナンパ疑惑
NEWSポストセブン
現在アクセスしにくい阿武町公式サイトのインフォメーションページには広報誌「あぶ」のPDFを画像データ化したものが掲出されている
4630万円返還拒否24歳男性の実名公表 地元住民「移住者増えて活気が出たと思ったら」
NEWSポストセブン
上島竜兵と有吉弘行
上島竜兵さんへの有吉発言にあらぬ批判 「2人の関係性を分かっていない」との指摘
NEWSポストセブン
昨年9月に復帰(写真はインスタグラムより)
深田恭子 度重なる深酒と“昼帰り”で恋人激怒、午前4時の西麻布で大げんか
女性セブン
2009年、映画『カールじいさんの空飛ぶ家』いい夫婦プレミアム試写会に出席した上島夫妻
上島竜兵さん、志村けんさん逝去後に呟くようになった「寂しさ」と家計を支えた妻・広川ひかるとの夫婦愛
NEWSポストセブン
「週刊ポスト」本日発売! RIZIN・榊原信行代表が疑惑に大反論ほか
「週刊ポスト」本日発売! RIZIN・榊原信行代表が疑惑に大反論ほか
NEWSポストセブン