芸能

《神田沙也加さん追悼》松田聖子が目指していた「理想の母親像」とは

渋谷で行われたラジオの公開収録に姿を現した松田聖子(2002年撮影)

渋谷で行われたラジオの公開収録に姿を現した松田聖子(2002年撮影)

 歌手で女優の神田沙也加さん(享年35)が12月18日、札幌市内のホテルから転落して急逝した。沙也加さんの両親である俳優・神田正輝(70)と歌手・松田聖子(59)は21日に会見を開いた。

 遺骨を抱いた神田は、「しばらくの間そっとしておいていただけたら」と頭を下げて、位牌を抱いた聖子は「本当に皆さん、お寒い中、申し訳ございませんでした。ありがとうございます」とマスコミ陣に深々と頭を下げた。

 沙也加さんは、ホテルの室内に書き置きを残していた。

「書き置きには悩みだけでなく、周囲のさまざまな人への思いなどが、彼女らしい言葉で書かれていました。沙也加さんにとっては、『手術をして歌えなくなったらどうしよう』という喉の不調への不安に加え、愛犬の死、恋人との確執など、苦悩が重なる時期でした。そんな中でも、人々を笑顔にするために全力でミュージカルに打ち込んでいたのです」(芸能リポーター)

 愛娘が急逝し、聖子は12月19日からのディナーショーを中止。大晦日のNHK紅白歌合戦に予定通り出場するのかも不明だ。聖子はいま「母」として何を思うのだろうか──。

 1986年10月1日、沙也加さんが誕生したのは聖子のアイドル絶頂期だった。妊娠・出産後も活動を継続し、「ママドル」と呼ばれた聖子。芸能界のレジェンドである彼女も、沙也加さんの前では“普通の母親”だった。娘にまつわる過去の発言を振り返ろう。まずは沙也加さんが8歳のころに行われたインタビューだ。

〈あ、宿題は毎日必ずやらせてます。1日に3枚くらいプリントがあるんですよ。作文も出ますしね。もし私が見られなくても家族の誰かが見て、ちゃんとチェックしましたってサインして。でも、宿題ってけっこうむずかしいの。小学校の入試のときもそうでしたけど、答えが合ってるかどうか見てても、パッと答えが出ないものもあって。あれえ、って思うけど、そこは親の威厳を保ってね(笑)〉(『JUNON』1994年12月)

 カリスマアイドルといえど、この言葉から感じられるのは、どこにでもいるような“お母さん”としての一面だ。

 やがて成長した沙也加さんは、思春期を迎える。中学時代は壮絶ないじめも経験し、転校を繰り返した。17歳で華々しい芸能界デビューを飾るも、「親の七光り」と大バッシングを受けた。悩める娘に、母親はそっと寄り添った。

〈子供が小さい時には、おじいちゃん、おばあちゃんで大丈夫でもティーンエイジャーに差し掛かってくると“お母さんでなきゃ”という時期がやってきます。自分は母親なんだと心底自覚させられるタイミングがやってくるんです。そうなったら、何を差し置いても子供のそばにいることが一番大切なんだと思うんですよね〉(『FRaU』2006年7月)

 聖子の考える母親像とは、こうだ。

関連記事

トピックス

三浦瑠麗氏の夫のトラブルは他にも(写真/共同通信社)
三浦瑠麗氏、詐欺容疑で家宅捜索された夫の会社にもう1つのトラブル 太陽光発電所建設に地元住民困惑
週刊ポスト
最近は韓流アイドルにハマっているという
君島十和子の長女・蘭世惠翔が宝塚退団 男役から娘役に転向“わずか数cm”の身長差が影響か
女性セブン
紀子さまを悩ます新たなトラブル 実弟のビジネスパートナーがRIZIN代表への恐喝容疑で逮捕
紀子さまを悩ます新たなトラブル 実弟のビジネスパートナーがRIZIN代表への恐喝容疑で逮捕
女性セブン
貴景勝
大関・貴景勝の横綱昇進にどうも乗り気じゃない相撲協会の思惑 「貴乃花の亡霊」の呪縛も
NEWSポストセブン
父・松重豊に似て高身長
還暦を迎えた松重豊 長男がTBSラジオで“大出世”、初孫誕生の吉報も
女性セブン
三浦瑠麗(時事通信フォト)
三浦瑠麗氏、『めざまし8』に続き『朝生』にも出演せず 夫の会社トラブルで他局も追随か
NEWSポストセブン
,松本潤
Snow Manラウールのパリ・ランウェイ&インスタへの胸騒ぎ 第一の目的は「グループのレベルアップ」か
女性セブン
夫の清志氏(右)と仲睦まじく自宅近所の公園を散歩
三浦瑠麗氏、夫の投資トラブルで家宅捜索 豪華私生活は超高級タワマンと軽井沢の「二拠点」
女性セブン
大塩さんの自宅から離れたところに規制線が
「『ルフィ』強盗団が恐い」狛江市強盗殺人事件の近隣住民からあがる悲痛の声
NEWSポストセブン
圧巻のパフォーマンスは衰えない(写真はインスタより)
玉置浩二、紅白での安全地帯の映像使用をめぐって激怒「紅白にもNHKにも二度と出ない!」
女性セブン
子煩悩だった千葉さん。幼いころの真剣佑(右)と郷敦(左)
【秘蔵写真公開】新田真剣佑&眞栄田郷敦が同時結婚、千葉真一さんは2人のお相手の人柄を絶賛していた
女性セブン
佐々木容疑者が68歳男性と住んでいたマンション
68歳彼氏を刺した24歳女子大生 彼氏は警察に4回も相談、同棲アパートでは「女性の悲鳴」
NEWSポストセブン