芸能

マヂラブ、空気階段…超売れっ子芸人を支える「最強構成作家」の哲学

劇場前に立つ構成作家の平島太郎氏

劇場前に立つ「最強構成作家」平島太郎氏

 マヂカルラブリー、空気階段、オダウエダ。昨年のM-1グランプリから今年のキングオブコント、THE Wと名だたるお笑い賞レースの優勝者を順に並べたとき、ある共通点があるのをご存じだろうか。実は3組とも、同じ構成作家が担当としてついているのだ。その名は、平島太郎。

「女芸人No.1決定戦 THE W 2021」でオダウエダが優勝を果たした12月13日、お笑いコンビ・オズワルドの伊藤俊介はこんなツイートをしている。〈平島さんラインエグいな!!〉

 かくいうオズワルドのメイン担当作家も平島氏。オズワルドも〈平島さんライン〉のど真ん中にいる。今年のM-1グランプリの決勝前、伊藤のツイートを引用する形で、今度はお笑いコンビ・マヂカルラブリーの野田クリスタルがこんなことを言っていた。〈マヂカルラブリー、空気階段、オダウエダ 平島太郎さんが作家担当してるコンビが連続で優勝 これでオズワルド優勝したら平島太郎特集やりそう〉

 結果は、錦鯉が涙の優勝を果たしM-1グランプリ2021は幕を閉じた。微妙に成立してないなと思いつつ平島氏に話を伺うと、平島氏は笑いながら答えてくれた。

「M-1は獲れなかったけど、オズワルドは今年ABCお笑いグランプリで優勝してますから(笑)。昨年のM-1、今年のABC、キングオブコント、THE Wで成立したことにしましょう。さらにいうと、僕が単独ライブの構成を担当していた侍スライスも“OBU-1グランプリ2021”という大府市(愛知県)のお笑い大会で優勝してましたし(笑)。

 それにしてもオズワルドは惜しかったですね。これまでM-1で優勝しているのは、決勝進出3回目までのコンビがほとんど。9年連続9回目の決勝で優勝した笑い飯さんを除いて、みんな初出場か2回目、3回目で優勝しているんですよ。3回目までで王者にならないと、その後難しくなる。だから、3年連続3回目の決勝だったオズワルドも逆にチャンスだと思っていたんですが……。でもまたワクワクドキドキできる機会が増えたとポジティブに考えています。優勝するまでやってほしいです」

 オズワルドは前評判も高く、優勝候補の本命と見られていた。そこにきて“平島ライン”の話題が出たことで、さらにプレッシャーになってしまったということはないだろうか。

「全く無いでしょう(笑)。つい先日も、ラジオの収録のときに『今回のM-1出場者で平島さんが作家やってるコンビって僕ら以外いないですよね? 敗者復活にもいないですよね? じゃあ僕らですね!』って笑ってましたもん。逆に楽しんでた気がします。そもそも伊藤が言い出したことだし。実際、作家の力は関係ないですから」

関連キーワード

関連記事

トピックス

岸田首相が大谷翔平結婚のドサクサで誤魔化したい「政倫審と予算案の茶番採決」 ウクライナ電撃訪問とWBC準決勝の時とは正反対
岸田首相が大谷翔平結婚のドサクサで誤魔化したい「政倫審と予算案の茶番採決」 ウクライナ電撃訪問とWBC準決勝の時とは正反対
NEWSポストセブン
15歳でデビューした岡田奈々
芸能生活50周年の岡田奈々「まだまだやり足りない。いつか『何やっとんのー!』と岐阜弁で叫ぶようなお芝居をしてみたい」
週刊ポスト
(時事通信フォト)
《大谷翔平結婚》お相手“有力候補”のアスリート女性は「昨年引退済み」「インスタ全消し」渡米情報も
NEWSポストセブン
小池徹平、『離婚しない男』“クズな間男”怪演の裏に脚本家・鈴木おさむとの絆「おさむさんの最後の作品だから、何でもやります」
小池徹平、『離婚しない男』“クズな間男”怪演の裏に脚本家・鈴木おさむとの絆「おさむさんの最後の作品だから、何でもやります」
女性セブン
報道陣の取材に応じるドジャースの大谷翔平(時事通信フォト)
《話したくなかったことは…?》大谷翔平が結婚報告の囲み取材で見せた「右の耳元、顔の左側を触る」に“隠された意味”を心理士が分析
NEWSポストセブン
吉高由里子
大河ドラマ『光る君へ』、乗馬シーンのために俳優陣が10か月間のスパルタレッスン 吉高由里子も猛特訓
女性セブン
2018年、青山学院大学を卒業した井上清華
【女性アナ大学時代の晴れ姿・2017~2019】九州女子らしく気が強い井上清華、ダイエット企画で人気を集めた三谷紬ほか「アナウンサーに求められる資質が多様化」
週刊ポスト
パチスロ好きという意外な素顔もある浅田舞
《6時間スロット打ちからカルチャー系に》浅田舞に新恋人との熱愛報道、関係者が気づいていたインスタグラムの「異変」
NEWSポストセブン
結婚相手について語った大谷翔平
《大谷翔平が電撃婚》新妻を待ち受ける「奥様会」と「過激ファン」の洗礼 田口壮夫人は「生卵をぶつけられた人もいた」
NEWSポストセブン
20年以上培った弁護士としての専門分野は離婚や親権問題
《不倫報道》エッフェル広瀬めぐみ議員が密会場所に選んだ「ご休憩8600円〜」歌舞伎町ホテルと「ジャンクなディナー」のこだわり
NEWSポストセブン
谷原章介(左)と、コンテストに挑戦する息子の七音さん(右)
《本人に直撃》谷原章介が語った20歳長男「ジュノンボーイ挑戦」へのエール 七音さんもインスタで決意投稿「僕は僕なので」
NEWSポストセブン
大谷翔平
大谷翔平が明かした結婚相手「普通の日本人」は7月にお披露目か 大物同僚妻との奥様会への参加はどうなる
NEWSポストセブン