芸能

美川憲一が語る紅白落選 豪華衣装は「普通に粗大ゴミで捨てたわ」

2009年まで19年連続出場していた美川憲一

2009年まで紅白に19年連続出場していた美川憲一

 大晦日恒例のNHK紅白歌合戦。初登場歌手にサプライズ枠、トリを務める大物歌手にスポットが当たる一方、多くの歌手が「落選」という挫折を味わってきた。連続出場歌手が見てきた紅白の栄光と影。26回出場した美川憲一(75)が語る。

 * * *
 紅白歌合戦に出て“一人前の歌手”になったら──その次も出続けなければいけないというプレッシャーと、出続けることはできるのだろうかという不安をずっと抱えることになるんです。

 1965年に歌手デビューして1968年に紅白初出場。当時は歌謡界に毎年新人が参入してくるにもかかわらず、紅白出場を果たして一度でも落選したらもう次はないと言われた時代でした。だから7回連続出場して落選した時は、腹を括りました。

 年の瀬が近づくにつれ、なんとなく雰囲気でわかるものです。NHKから連絡がくるメーカーさん(レコード会社)やマネージャーの顔色を見てるとね。出場歌手の発表に先立って私が落選の連絡を受けたのは、図らずも地方でNHKの『のど自慢』に出ていざ歌うというタイミングよ。察しはついていたから、マネージャーから電話で「紅白、落選です」と聞かされて、「あっそ」と一言だけね。

 その後、1975年から1990年まで紅白からは離れましたけど、正直言って仕事がなかったわけでもないし、お金もあったのよ。ヒット曲が出て紅白に出てからはお月謝も150万円くらいに上がっていたし、温泉宿の1か月のステージで600万円いただいちゃうような時代でしたからね。斜陽の人と思われたくないから、ロールスロイスに乗ってオートクチュールの衣装に身を包んでいた。いつか紅白の舞台に舞い戻るチャンスはないものかとうかがっていたの。

 そんななかで1988年の私の誕生日パーティーに、ものまねのコロッケを呼んで「私をやんなさいよ」って言ったの。それで1989年のお正月のものまね番組にコロッケと出演しないかと声がかかった。「これに乗っかってやるわ」と思ったわ。

 1990年にはCMまできて、一気におネエキャラみたいなのが確立した。それで1991年に紅白から再びお呼びがかかったんだから嬉しかったわよ。「普通の歌手として出たい」なんてこだわりを言っている場合じゃなかった。とにかく世間様が見たい姿をお見せして歌を歌うのが紅白だと思っていたから、これは大いに盛り上げてやろうと思ったわ。

 そこから2009年まで19年連続出場。毎年「来年はないわぁ」と思いながらもね。でも私は「勇退」だとか「卒業」だとかは言いたくなくて、あくまで「落選」がよかったの。最後まで出られるかどうかの挑戦をして、ダメならダメでいいじゃないっていう考えだからね。

関連キーワード

関連記事

トピックス

結婚相手について語った大谷翔平
《大谷翔平が電撃婚》新妻を待ち受ける「奥様会」と「過激ファン」の洗礼 田口壮夫人は「生卵をぶつけられた人もいた」
NEWSポストセブン
(時事通信フォト)
《大谷翔平結婚》お相手“有力候補”のアスリート女性は「昨年引退済み」「インスタ全消し」渡米情報も
NEWSポストセブン
パチスロ好きという意外な素顔もある浅田舞
《6時間スロット打ちからカルチャー系に》浅田舞に新恋人との熱愛報道、関係者が気づいていたインスタグラムの「異変」
NEWSポストセブン
2010年、慶応義塾大学を卒業した水卜麻美
【女性アナ大学時代の晴れ姿・2010~2016】水卜麻美の世代には「視聴者の関心がアナウンサーとしての実力や親しみやすさに向き始めた」
週刊ポスト
「チョメチョメ」や昭和のスターや歌謡曲のオマージュなど小ネタが
いっぱいのドラマ『不適切にもほどがある!』に大ハマり中です!(番組のインスタグラムより)
【『不適切にもほどがある!』の魅力】昭和スターや歌謡曲オマージュも満載!“脚本のすべてを聞き逃したくない”から何度も見てしまう
女性セブン
政倫審もあれる中、岸田首相は大谷頼みで…
「大谷翔平結婚」で政倫審ウヤムヤにできた岸田首相、次はドジャース開幕戦のサプライズ観戦計画 “大谷頼み”が酷すぎる
NEWSポストセブン
結婚について語った大谷翔平(時事通信フォト)
《「いたって普通の人」》大谷翔平、お相手のパーソナリティーを一切明かさない“完璧な結婚報告会見”で見せつけた「格の違い」
NEWSポストセブン
大谷翔平
大谷翔平が明かした結婚相手「普通の日本人」は7月にお披露目か 大物同僚妻との奥様会への参加はどうなる
NEWSポストセブン
20年以上培った弁護士としての専門分野は離婚や親権問題
《不倫報道》エッフェル広瀬めぐみ議員が密会場所に選んだ「ご休憩8600円〜」歌舞伎町ホテルと「ジャンクなディナー」のこだわり
NEWSポストセブン
大谷翔平(時事通信フォト)
《大谷翔平が電撃婚》「アナウンサーじゃなくて良かった」とファン安堵 大谷を守った“女性アナ隔離政策”
NEWSポストセブン
谷原章介(左)と、コンテストに挑戦する息子の七音さん(右)
《本人に直撃》谷原章介が語った20歳長男「ジュノンボーイ挑戦」へのエール 七音さんもインスタで決意投稿「僕は僕なので」
NEWSポストセブン
(時事通信フォト)
《大谷翔平が電撃婚》徹底した秘密主義で「このタイミング」だった理由「左手薬指へのキス」にファン違和感
NEWSポストセブン
【実例「おじさん構文」「おばさん構文」】LINEで世代間ギャップを生む“書き言葉”と“打ち言葉”の違い
【実例「おじさん構文」「おばさん構文」】LINEで世代間ギャップを生む“書き言葉”と“打ち言葉”の違い
マネーポストWEB