• TOP
  • 芸能
  • 神田沙也加さんと前山剛久「最悪が重なった」「作品に罪はない」の嘆き

芸能

2022.01.09 11:00  NEWSポストセブン

神田沙也加さんと前山剛久「最悪が重なった」「作品に罪はない」の嘆き

彼との関係に悩んでいた神田沙也加さん

彼との関係に悩んでいた神田沙也加さん

 神田沙也加さん死去の衝撃とその余波は、年が明けても続いている。昨年12月18日に札幌市内のホテルから転落して、35才で亡くなった沙也加さんの交際相手、俳優の前山剛久(30才)が1月5日、芸能活動を休止して、2月から出演予定だった舞台「ピアフ」を降板すると発表した。

 前山の所属事務所は、公式サイトで「昨年末より心身に不調をきたし現在も治療を続けておりますが、未だ仕事をすることが困難な状況にあるため」と説明。実際に、札幌から帰京した前山には、母親が付き添い、メンタルサポートをしている。前山に近いある芸能関係者も「本人の状態と周囲への影響も考えると、この状況では致し方ない」と話す。

 致し方ない状況とはなにか。前山が芸能活動休止を発表した日の夕方、文春オンラインで、死の直前の沙也加さんと前山の口論の録音音声の内容が報じられた。同記事によると、前山は沙也加さんには内緒で、同棲予定の部屋とは別のマンションも個人で契約。それを問い詰めた沙也加さんに対して、辛辣な言葉で罵倒したという内容だった。

 前出の前山を知る芸能関係者によれば、「彼は舞台を中心に数多くの人気作品に出演してきたミュージカル界で名の通った存在。女性人気が高く、これまでの交際歴も華やかでした。ただ、王子様気質なのと大阪出身でもあり、普段から強めの言葉を使うこともあったようです。それが今回、かなり裏目に出てしまった」と語る。

 沙也加さんは、2017年4月に俳優の村田充(44才)と結婚したが、2019年12月に離婚。前山とは昨年夏、舞台「王家の紋章」で共演し、仲を深めて真剣交際をスタートさせていた。前山は前出の公式サイトのコメントでは「真剣なお付き合いをしており、将来を見据えたお話もさせていただいておりました」と明かし、結婚も視野に入れていたことがうかがえる。だが、沙也加さんの知人は、「やや話が性急に進みすぎたかもしれない」と振り返る。

「沙也加さんは、村田さんと離婚後、子供が欲しいという思いも強く、真剣に再婚相手を探していました。だから交際後すぐに同棲という話になったんです。ただ、5才年下でまだもう少し身軽でいたかった前山さんとでは、そう簡単にはゴールインとはいかなかったのだと思います。前山さんがきつい言葉で彼女を罵倒したのは事実かもしれませんが、彼は沙也加さんが精神的に不安定だった部分を支え、献身的にサポートをしていた部分があったのも事実。いま思えば、恋愛感情以外では相違点が多かった。二人の関係を冷静に見極め、助言できる共通の友人などがいれば違った結果になっていたのでしょうが」(沙也加さんの知人)

関連記事

トピックス