芸能

鷲見玲奈アナ結婚!相手はイケメンパイロット 支え合った交際3年間

雨の後、ふたりで歩く

雨の後、ふたりで歩く鷲見と一般男性

 フリーアナウンサーの鷲見玲奈(31)が1月12日、自身のInstagramを更新し、11日に結婚したことを発表した。お相手は昨年5月に週刊ポストがデートシーンをキャッチしていた30代のパイロットだ。

 Instagramでは「いつも応援して下さるファンの皆様、関係者の皆様へ」と題し、「新型コロナウィルスの収束に見通しがつかない状況下にもかかわらず、私事でたいへん恐縮なのですが、この度1月11日に会社員の方と結婚致しましたことをご報告させて頂きます」と報告。

 相手については「何気ない日常を照らしてくれる温かい人と出会うことができ、共に時間を過ごしていく中で情に厚くまっすぐな人柄に惹かれ、この先の人生を一緒に歩んでいきたいと願うようになりました」と記している。

 鷲見玲奈アナをよく知る芸能リポーターが明かす。

「彼は、30代半ばのISSA似のイケメンです。2021年4月の終わり頃から、都内の高級マンションで同棲していて、付き合い始めてから3年くらい。大手のパイロットとなれば年収1500万〜2000万円はくだらない。大手航空会社ではコロナ禍でパイロットも乗務回数が減って収入が大きく減るなど社員も打撃を受けましたが、スーパーでの買い物では鷲見さんがお会計をすることもあり、支え合って愛を育んできました」

 交際3年、となると鷲見がフリーランス転身を決断したタイミングも一緒に過ごしたことになる。

「鷲見さんはいろいろとあって、2020年3月末にテレビ東京を退社しています。その後は、フリーランスとして活躍してきました。『NGなし』『来た仕事は何でも受ける』というスタンスで、男性誌のグラビアでは、ぴったりしたノースリーブニットで抜群のスタイルを披露。テレビのバラエティ番組ではアナウンサーらしからぬ明け透けな発言で話題を集めてきました」(テレビ局スタッフ)

 そんな彼女は2021年8月には水着姿を披露したグラビア写真集『すみにおけない』を出版。鷲見アナが次々に新しいことにチャレンジしていく背景には、横で支えてくれる信頼できる生涯の伴侶の存在があったのだ。お幸せに!

関連キーワード

関連記事

トピックス