芸能

Koki,ネットの批判吹き飛ばす 主演映画に共演者が「オーラが変わる」と大絶賛

初主演映画が公開のKoki

初主演映画が公開のKoki,

 モデルのKoki,(18才)が、女優デビューを果たす初主演映画『牛首村』が、いよいよ2月18日に公開される。

『仮面ライダーゼロワン』(2019年)の主演俳優の高橋文哉(20才)、『3年A組-今から皆さんは、人質です-』(2019年)に出演した萩原利久(22才)といった、今をときめくイケメン俳優と共演。メガホンを取るのは『呪怨』シリーズをヒットさせたホラー映画の第一人者で、かつ実写版『魔女の宅急便』(2014年)では小芝風花(24才)も飛躍させた、清水祟監督(49才)という話題作だ。

 1月5日には、都内で完成報告会見が行われ、早速、監督や共演者から1人2役(姉妹)という難しい役を演じたKoki,への称賛が相次いだ。

「Koki,さんの役は、普通は一生出くわさないような役なのに、まじめさとストイックさが見えて、見事に演じてくれました。監督としてもKoki,という得体の知れない逸材を与えられたチャンスは、挑戦であり財産になった。映画をご覧いただければ驚くと思う」(清水監督)

「順撮りではなくて、その日のうちに奏音(姉)と詩音(妹)の両方を切り替えないといけないのに、本当に変わるんですよ。すごいと思いました」(萩原)

「僕は、奏音と詩音との3人のシーンが結構あったんです。奏音の衣装のままの詩音、あるいは詩音の衣装のままの奏音とリハーサルをするときでも、まとうオーラが変わっていた。僕が演じる将太の心情までもを変える力が、Koki,ちゃんの奏音と詩音の両方にあって、そこに救われながら演じられました」(高橋)

 絶賛の嵐に、3人に挟まれた形で立っていたKoki,は照れまくり、「皆さんとチームワークで作ったものが、1つの映画になったことに感動しました。いろんな場面を思い出して、うるうるしてしまいました」と感慨深げに振り返った。

関連キーワード

関連記事

トピックス