Koki一覧

kokiに新情報
映画デビューのKoki,「驚くほど上手い」演技で「今後もオファー続く」の声
 木村拓哉(49才)と工藤静香(51才)を両親に持つKoki,(19才)が映画初出演にして主演を果たした映画『牛首村』。興行収入ランキングでは初週から上位でのスタートを切り、評判は上々だ。SNSなどの口コミでは、怖さだけではない深みのある物語や、若手俳優中心の座組に称賛の声が上がっている。その中でも特に注目を浴びているのが、演技初挑戦となったKoki,。早くも“2世俳優”のイメージを払拭したKoki,について、映画や演劇に詳しいライターの折田侑駿さんが解説する。 * * * 本作は、若者たちがとある村の秘密に迫り、やがて恐怖の渦に飲み込まれていくさまを描いたホラー作品。映画『呪怨』や『輪廻』など、数々の名作ホラーを生み出してきた清水崇監督(49才)による最新作だ。実在する心霊スポットにフォーカスした「恐怖の村」シリーズの第3弾となるもので、福岡の犬鳴峠が舞台の『犬鳴村』、富士の樹海を舞台とした『樹海村』に続き、今作では北陸地方「最の心霊スポット」とも言われる坪野鉱泉などを舞台に新たな恐怖映画を生み出している。 あらすじはこうだ。ある心霊動画に自分と瓜二つの女子高生が映っているのを目にして驚愕する主人公・雨宮奏音(Koki,)。動画内の少女は同級生たちの度を越えた悪ふざけによって強引に“牛首マスク”を被せられ、廃墟内のエレベーターに閉じ込められてしまう。そこで映像は途切れるのだが、奏音はこれを境に胸騒ぎを感じるように。彼女の周りでは奇妙な現象が立て続けに起こり、何かに導かれるようにして動画の撮影地である坪野鉱泉へと向かうことになる。やがて奏音は自分に双子の妹がいることを知り、そして「牛首村」というおぞましい村の秘密にも迫っていく。「恐怖の村」シリーズはこれまで、注目の若手俳優を主要な役どころに起用してきた。『犬鳴村』では三吉彩花(25才)や坂東龍汰(24才)、『樹海村』では山田杏奈(21才)に山口まゆ(21才)、神尾楓珠(23才)らが物語の中心に存在したのだ。今作でも、子役時代から活躍し続ける萩原利久(23才)と、ドラマ『最愛』(TBS系)や『ドクターホワイト』(カンテレ・フジテレビ系)など話題作への出演が相次ぐ高橋文哉(21才)がヒロインとともに恐怖に立ち向かう高校生役を好演。さらに、映画『ひらいて』での好演も記憶に新しい芋生悠(24才)が物語のカギとなる重要人物に扮している。次代を担う若手俳優が揃い踏み。そんなフレッシュな座組の中心に立っているのが、演技初挑戦のKoki,なのである。 演技未経験者のKoki,を人気シリーズの主演に迎えたことに不安を感じていた人は少なくないだろう。筆者もそうだったというのが正直なところ。しかしそれは、冒頭の数分で杞憂に終わった。彼女は大胆かつ繊細な感情表現に長けており、端的に言って驚くほど上手いのだ。 本作でKoki,が挑んだのは、東京で生活する奏音と、あることを理由に奏音と生き別れてしまった妹・詩音という2人の人物。双子である彼女たちは異なる環境で育ってきたため、やはりタイプも異なる。詩音は同級生たちの酷い悪ふざけに怯え、その様子を動画で目にした奏音は果敢にもその地へ向かうような人物だ。見た目は瓜二つだが、表情や振舞いからまるで違う人物にしか思えない。そんな“一人二役”を演じてみせているのである。 Koki,はモデルとしての経験があるためか、初演技とはいえ“魅せる”ことに長けている。だからこそ、なぜデビュー作がホラー映画なのか疑問に思っていた。彼女を魅力的にスクリーンに登場させられる作品は他にもあっただろう。しかし、『牛首村』を観て納得した。ホラー映画にメインキャラクターとして登場する者の多くは、“喜怒哀楽”すべての感情の激しいアウトプットが必要とされるものだ。正体不明の不安や、それから解き放たれた際の安堵の表情。理不尽にも大切な人を奪われたときの激しい怒りと哀しみの叫びや、おぞましいものを目にして歪む表情まで、Koki,はそのどれもを丁寧かつ的確に表現していた。まさに最良の形での俳優デビューとなった印象だ。 監督の清水崇といえば、ジャパニーズホラーのパイオニア。『犬鳴村』の三吉彩花、『樹海村』の山田杏奈と山口まゆ、彼女たち主演俳優の現在の活躍ぶりを見れば、製作陣がKoki,にかけたであろう期待の大きさは一目瞭然。今後も多方面からオファーの声がかかるのではないだろうか。もはや彼女は“2世俳優”のイメージを払拭しているどころか、そうした枠にも収まっていないように思う。本作で最も恐ろしいのは、Koki,という1人の俳優の才能なのかもしれない。【折田侑駿】文筆家。1990年生まれ。映画や演劇、俳優、文学、服飾、酒場など幅広くカバーし、映画の劇場パンフレットに多数寄稿のほか、映画トーク番組「活弁シネマ倶楽部」ではMCを務めている。
2022.04.01 07:00
NEWSポストセブン
元ニコモの大谷凜香はKoki,主演ホラー映画で存在感を放つ若手注目株
元ニコモの大谷凜香はKoki,主演ホラー映画で存在感を放つ若手注目株
 いま話題のホラー映画『牛首村』でにわかに注目を集めている女優がいる。大谷凜香、22歳。ファッション誌『ニコラ』でモデルとして活躍したあと女優に転身した彼女の魅力とは? 放送作家でコラムニストの山田美保子さんが解説する。 * * * 2月18日に公開された映画『牛首村』と言えば、木村拓哉、工藤静香夫妻の次女でモデルのKoki,による“初主演&女優デビュー作”としてニュースになり続けている。 が、「怖い村」シリーズと言えば、第1弾の『犬鳴村』、第2弾の『樹海村』。そして富山県に実在する“北陸最凶の心霊スポット”坪野鉱泉が舞台となった『牛首村』が第3弾で、その全てに出演している大谷凜香がファンにとって、もっとも著名なキャストではないだろうか。 1999年12月24日生まれ、宮城県仙台市出身の22歳。この年代の人気女優やモデルの“お約束”ともいうべき、“ニコモ”(ローティーン向けファッション誌『ニコラ』のモデル)として2012年から2016年まで活動してきた。 女優デビューは、2018年公開の『ミスミソウ』。その後、2020年の『犬鳴村』、2021年の『樹海村』、2022年の『牛首村』に出演している。「怖い村」シリーズは、大ヒット映画『呪怨』シリーズの清水崇監督がメガホンをとり続けているが、全ての「怖い村」に大谷凜香が出演し続けている理由は、何なのだろうか。 関係者は「ファンからの反響や、監督にハマっている大谷の演技力や存在感、仕事に対する真面目さ」などを挙げる。 さらに、「清水監督の子供さんが大谷の出演している『ポケモンの家あつまる?』(テレビ東京)のファンであることも一つ」と、なんとも微笑ましい理由も教えてくれた。「精神破壊ホラー」とも言われた映画『ミスミソウ』に1000人のオーディションで選ばれた大谷の役どころは、壮絶なイジメを受ける主人公に対し、そのイジメを指揮するボス的存在だった。 このときが演技初体験。役のために金髪に染めたことで、「良い意味で振り切ることができた」と当時のインタビューで語っていた大谷。雪山での過酷な撮影は泊まり込みで行われ、毎夜、内藤瑛亮監督から演技指導を受けていたという。 スタッフによると、「『怖い村』シリーズを含めた映画の役どころとは180度異なる、明るい子」というのが大谷凜香本人の評価。しかも、とても真面目だそうで、たとえば番組アンケートの締め切りには絶対遅れないし、ポイントを的確にまとめた文章も上手なのだという。CMにも登場 いずれは大物との共演もある? そんな大谷凜香が白いスーツに身を包み、ビジネスウーマン姿で胸を張る姿が『興和株式会社』「キューピーコーワαチャージ」のWEBで見られる。「チャージして進め!!」のコピーでゼリー状ドリンクを手に微笑んでいるメインは、「キューピーコーワαドリンク」で米倉涼子と、「コルゲンコーワIB錠」では内田有紀と共演し、いずれも人気CMに牽引した斎藤工。大谷同様、フレッシャーズとして斎藤と並ぶ、もう一人はドラマ『真犯人フラグ』(日本テレビ系)での怪演ぶりが話題を呼んだばかりの佐野勇斗だ。 その佐野と斎藤が共演する「タクシー篇」は3月10日からテレビCMとしてオンエアされているので、今後、斎藤と大谷が共演したCMも見られるのではないかと期待してしまう。 ニコモ、ポケモン、『ミスミソウ』、「恐怖の村」シリーズ、そして「キューピーコーワαチャージ」とさまざまな顔を見せながら女優として成長し続ける大谷凜香。覚えておいて損はない名前と顔だ。◆山田美保子『踊る!さんま御殿!!』(日本テレビ系)などを手がける放送作家。コメンテーターとして『ドデスカ!』(メ~テレ)、『アップ!』(同)、『バイキングMORE』(フジテレビ系)、『サンデージャポン』(TBS系)に出演中。CM各賞の審査員も務める。
2022.03.17 07:00
NEWSポストセブン
kokiに新情報
Koki,ネットの批判吹き飛ばす 主演映画に共演者が「オーラが変わる」と大絶賛
 モデルのKoki,(18才)が、女優デビューを果たす初主演映画『牛首村』が、いよいよ2月18日に公開される。『仮面ライダーゼロワン』(2019年)の主演俳優の高橋文哉(20才)、『3年A組-今から皆さんは、人質です-』(2019年)に出演した萩原利久(22才)といった、今をときめくイケメン俳優と共演。メガホンを取るのは『呪怨』シリーズをヒットさせたホラー映画の第一人者で、かつ実写版『魔女の宅急便』(2014年)では小芝風花(24才)も飛躍させた、清水祟監督(49才)という話題作だ。 1月5日には、都内で完成報告会見が行われ、早速、監督や共演者から1人2役(姉妹)という難しい役を演じたKoki,への称賛が相次いだ。「Koki,さんの役は、普通は一生出くわさないような役なのに、まじめさとストイックさが見えて、見事に演じてくれました。監督としてもKoki,という得体の知れない逸材を与えられたチャンスは、挑戦であり財産になった。映画をご覧いただければ驚くと思う」(清水監督)「順撮りではなくて、その日のうちに奏音(姉)と詩音(妹)の両方を切り替えないといけないのに、本当に変わるんですよ。すごいと思いました」(萩原)「僕は、奏音と詩音との3人のシーンが結構あったんです。奏音の衣装のままの詩音、あるいは詩音の衣装のままの奏音とリハーサルをするときでも、まとうオーラが変わっていた。僕が演じる将太の心情までもを変える力が、Koki,ちゃんの奏音と詩音の両方にあって、そこに救われながら演じられました」(高橋) 絶賛の嵐に、3人に挟まれた形で立っていたKoki,は照れまくり、「皆さんとチームワークで作ったものが、1つの映画になったことに感動しました。いろんな場面を思い出して、うるうるしてしまいました」と感慨深げに振り返った。 また、実姉のCocomi(20才)と一緒に鑑賞したことも明かして、「隣で驚いた声を上げていました。見終わった後は『頑張ったね』と言ってくれて、私も『ありがとう』と返しました」と明かした。あるベテラン芸能リポーターはこう話す。「演技経験がゼロでのいきなりの主演抜擢に、昨年6月の情報解禁時には、やっかみにも近い批判的な声も少なからずありました。また、YouTubeなどに上がっている予告動画は、悲鳴や驚くシーンばかりで、まだ本格的なセリフのやりとりの場面が公開されていません。未知の演技力に対し、ネット上では『演技力に不安』などの声もまだ聞こえています。ホラー映画ゆえに、驚くシーンなどが予告編に使われるのは仕方のないことなのですが……でも、共演者ら身内だけでなく、試写を見た映画関係者の間でも、すでに高評価を得始めています」 期待も注目も一身に浴び続ける Koki,だが、あと1か月後には、スクリーンでそのベールを脱ぐ。
2022.01.14 07:00
NEWSポストセブン
【動画】Koki,が中国有名番組に出演 背景にママ工藤静香の手腕か
【動画】Koki,が中国有名番組に出演 背景にママ工藤静香の手腕か
 中国の動画配信サービスが提供する番組、『創造営2021』にKoki,さんが出演しました。 同番組は、配信からわずか20時間で再生数が6000万回を超えるほどの人気でいま中国で最も注目されているオーディション番組。 日本の芸能人が審査員として出演したのは初めてのことだそうです。 こうした活動を支えるのは母親の工藤静香さん。 Koki,さんは静香さんが代表を務める個人事務所に所属しており海外での仕事の際には静香さんも同行するケースが多いそうです。【↑ 上の写真クリックで動画へ】
2021.03.21 07:00
NEWSポストセブン
【動画】Koki,が連日の神対応 SNS意識の自己プロデュースか
【動画】Koki,が連日の神対応 SNS意識の自己プロデュースか
 顔を近づけて写真を撮るなどファンへの気さくな対応が報じられたKoki,さん。“神対応”は国内だけでなく海外でも発揮されているようです。【↑ 上の写真クリックで動画へ】
2019.03.27 16:00
NEWSポストセブン
ファンの声かけに気さくに応じるkoki
【動画】Koki, 「男性ファンに顔を寄せて写真」の神対応!
 3月7日、大阪でアンバサダーを務めるブルガリのイベントに出席していたKoki,さん。移動中の神対応なファンサービスと遭遇しました。 20代前半ぐらいの男性がKoki,さんと一緒に写真に収まろうとした時のこと。Koki,さんは自分から距離をつめて、男性の肩に顔を寄せてポーズを取りました。「セレブな印象があったのですが気さくな人なんだ!」という声も。数人のファンに囲まれても嫌がる様子もなく、握手を交わしていたそうです。【↑ 上の写真クリックで動画へ】
2019.03.26 16:00
NEWSポストセブン

トピックス

ご体調への不安が募る(写真/JMPA)
雅子さまと愛子さま、“ポツンと一軒家”の孤独感 閉ざされた御所での巣ごもり生活
女性セブン
SNSでも話題の「佐賀大学お嬢様部」に直撃
佐賀大学“お嬢様部”の活動実態を直撃取材!「お嬢様の定義をお教えしますわ」
週刊ポスト
1980年、田中派の総会で挨拶をする田中角栄(写真/共同通信社)
鉄の結束を誇った田中角栄軍団、「みんな田中ファン」指導力に心酔した議員や秘書たち
週刊ポスト
今は「芸人部署」に所属している久代萌美アナ
久代萌美、亀井京子アナも 女子アナ獲得の吉本、テレ東のエースアナにも注目
NEWSポストセブン
公務に邁進されている(6月、東京・港区)
佳子さま「公務に積極的」になられた背景に「皇籍離脱」「結婚」か
女性セブン
亜希
亜希 陰から見守る元夫・清原和博と息子達との「父子鷹」
NEWSポストセブン
小室圭さんと眞子さん
小室圭さん妻・眞子さんがNYで行きつけのスーパーから見えてきた“妻の気遣い”「日本でいえば『成城石井』」 
NEWSポストセブン
披露宴での志摩ノ海と元関脇・逆鉾の長女・清香さん(時事通信フォト)
故・逆鉾の長女が結婚で後継者確定も名門・井筒部屋再興への“高いハードル”
週刊ポスト
クルマ、ギター、アート、スケートボードにもこだわる
長瀬智也、英国のバイク誌に登場 悠々自適な暮らしに「所ジョージ化している」の声
女性セブン
京都の街を歩く舞妓のイメージ(写真/イメージマート)
元舞妓の〈16歳飲酒〉〈お風呂入り〉告発に、花街関係者も衝撃「未成年飲酒には厳しく対応しているはず」
NEWSポストセブン
結婚し、日本メディアが情報をキャッチしづらいNYで、デイリーメールが追跡取材(写真/JMPA)
小室圭さん・眞子さん夫婦が「離婚で終わったとしても…」英デイリー・メールが報じた「茨の道」
NEWSポストセブン
不祥事を理由に落選したはずなのに、比例で復活されては…(左は塚田一郎氏、右は中川郁子氏/写真=共同通信社)
「不倫路チュー」「USBは穴に…」失言・不祥事で落選しても比例復活するゾンビ議員たち
週刊ポスト