芸能

NHKの絶対的エース和久田麻由子アナ「有働アナを超える」の声も

紅白でも安定感のある司会進行を務めた和久田麻由子アナ

紅白でも安定感のある司会進行を務めた和久田麻由子アナ

 昨年のNHK『紅白歌合戦』で、安定感のある司会進行を務めた和久田麻由子アナ(33)。その人気と実力は、今や「NHK史上最強アナ」と称された大先輩をしのぐほどだという。『紅白歌合戦』を会場で観覧した一般男性は、司会の和久田アナに思わず心奪われたと語る。

「司会の大泉洋さんがボケて川口春奈さんがツッコミを入れるというやり取りに、和久田アナは物怖じせず絶妙に合いの手を入れて、滞りなく進行していました。放送終了後は、出場した歌手たちを『ありがとうございました』と声をかけながら見送りしていて、テレビに映らないところでも気遣いを忘れていなかった。この日を境に一気にファンになりました」

 NHKホールが改修中のため、東京・有楽町の東京国際フォーラムがメイン会場となった昨年の紅白は、多様性を意識し、「紅」「白」に分かれていた司会を初めて統一して開催された。

 例年とは異なる舵取りが求められるなか、和久田アナはバツグンの安定感で進行をこなすだけでなく、大胆な肩出しドレスを披露し、攻めた衣装でも視聴者の視線を釘付けにした。

 和久田ファンを公言する演出家のテリー伊藤氏が語る。

「慣れ親しんだNHKホールとは違う会場で行なわれたのに、和久田アナからは微塵も戸惑いを感じなかった。冒頭でダンスを披露したシーンでも、しっかりと間違えることなく堂々と踊っていた。完璧主義の彼女のことだから、おそらく相当練習したはずです。和久田アナらしさが前面に出ていました」

 フリーアナウンサーの生島ヒロシ氏も和久田アナの司会力をこう評価する。

「紅白の司会は大変な仕事で、オープニングでいきなり『30秒押しています』との指示が出ることもあるほど進行がタイトです。和久田アナはトータルの流れを完全に把握し、台本を深く理解したうえで言葉を紡いでいた。あれだけの大舞台でまったく乱れがなく、余計なセリフを一切言わなかったのは見事です」

関連キーワード

関連記事

トピックス

井上陽水の隠し子と言われた“消えた次男” 長男は「井上ファミリーとは関係のない人」と語る
井上陽水の隠し子と言われた“消えた次男” 長男は「井上ファミリーとは関係のない人」と語る
女性セブン
黒柳徹子と20年交際秘話
黒柳徹子、さだまさしと突然“共演NG”の謎 さだの鋭いジョークが原因か
女性セブン
広末がマッサージ店から出てきた
広末涼子が渋谷センター街に現れた!マッサージ受けてのんびり散歩、1人で寿司店に
女性セブン
元タレント、アスリートから党首まで…参院選注目の女性候補者たち
元タレント、アスリートから党首まで…参院選注目の女性候補者たち
女性セブン
スコア100切り達成、鷲見玲奈アナ 休日に友人と猛特訓の「ゴルフ愛」
スコア100切り達成、鷲見玲奈アナ 休日に友人と猛特訓の「ゴルフ愛」
NEWSポストセブン
佐々木朗希の投球動作
佐々木朗希のフォークは「もっとよくなる!」 フォークの神様・杉下茂氏が提言
NEWSポストセブン
「ハウル・カラシニコフ」こと小川雅朝容疑者(本人の公式Twitterアカウントより)
NHKも騙されていた 淫行で逮捕「トー横のハウル」の巧みなメディア統制
NEWSポストセブン
沈黙を続ける井上陽水 16才の孫娘がデビューに向けて着々と準備か
沈黙を続ける井上陽水 16才の孫娘がデビューに向けて着々と準備か
女性セブン
台湾、日本で人気沸騰の林襄
台湾プロ野球の可愛すぎるチアリーダー・林襄 ダンス練習と読書を欠かさない努力家
週刊ポスト
『相棒』起用が発表された寺脇康文
寺脇康文の『相棒』再登板が示した「不仲説」のウソと“消えた”相棒候補たち
NEWSポストセブン
眞子さまがデニム
小室圭さんの妻・眞子さん、海外メディアが「ユニフォームのようだ」と指摘する質素なファッション事情
NEWSポストセブン
井上陽水
井上陽水が進める引退への準備 個人事務所の社長は辞任、連絡が取れない状態か
女性セブン