国内

ポスト岸田最有力の林芳正外相 強みであり弱みでもある「中国との太いパイプ」

ポスト岸田の有力候補に急浮上の林芳正・外相(時事通信フォト)

ポスト岸田の有力候補に急浮上の林芳正・外相(時事通信フォト)

 政界でポスト岸田の最有力候補に急浮上しているのが林芳正・外相だ。本誌・週刊ポスト2022年1月1・7日号の「ポスト岸田に推せる政治家ランキング」では茂木敏充・自民党幹事長に僅差の2位、月刊文藝春秋(2月号)の「次の総理候補ランキング」ではトップと、政治評論家や記者のアンケートで高い評価を受けている。

 政界では早くから「宏池会のプリンス」と見られていたが、政治キャリアに比べて総裁候補としては“遅咲き”だった。

 同じ下関市を地盤とするライバルの安倍晋三・元首相という大きな壁が立ち塞がっていたからだ。その安倍氏の退陣をきっかけに、林氏は参議院の山口選挙区から衆議院の山口3区への鞍替えを決断、総選挙後、岸田政権の外相に就任したことで“遅れてきた総裁候補”にようやく本当の出番が回ってきた。

 だが、林氏が「総理」の座をつかむためには、強敵・安倍氏との“最終決戦”に勝たなくてはならない。

 戦いは新春から始まった。今年1月4日、下関市の新年恒例のフグ初競りで、林氏の東大の後輩でもある裕子夫人が来賓の挨拶に立ち、関係者を驚かせた。

「山口4区の下関は、今は芳正さんの選挙区ではない。それなのに表に出たがらないことで知られる裕子夫人がわざわざ初競りに出席したのは、次の選挙で安倍さんから下関を奪い返すつもりだからでしょう」(林系市議)

 次の総選挙では「1票の格差」是正で山口県は定数1減の対象で、現在の4選挙区から3選挙区に再編される。林氏の3区と下関を含む安倍氏の4区が合併される可能性が高いと見られている。中選挙区時代さながらの林家と安倍家の選挙区の奪い合いになるのだ。

 一方の安倍氏も「3区の山陽小野田市に事務所開設準備を進めている。林に対抗するための出城です」(安倍系市議)と応戦体制をとっている。地元ではまさに一触即発の状況なのだ。

 それだけではない。中央政界では、北京冬季五輪をめぐって安倍氏が「早期決断を」と岸田首相や林氏に外交ボイコットを迫り、岸田政権は政府代表団の派遣を見送るが、「ボイコット」の言葉は使わないというファジーな対応でかわした。

関連記事

トピックス

RAD野田洋次郎と馬場ふみか
RAD野田洋次郎、 馬場ふみかとクラブ3軒はしごで音楽を愛した夜 所属事務所は「以前からのお友達」
NEWSポストセブン
なぜ悠仁さまは最寄り駅近くから徒歩通学を?
悠仁さまの部活動で懸念される小室圭さん「警備費用」蒸し返し問題
NEWSポストセブン
赤レンガの建物を前に写真を撮る久慈(本人のインスタグラムより)
久慈暁子、 NBA渡邊雄太と婚約発表直前のフィラデルフィア「匂わせ写真」 『めざまし』卒業直後に渡米デート
NEWSポストセブン
投資家になりビザ取得を目指すとの噂もあるクイックシルバーT着用の小室氏
小室圭さん、投資家転身か 眞子さんが皇族だった30年で得た1億円以上が軍資金に?
女性セブン
(共同通信社)
「ノーマスク」に憤る人たち 教室、オフィス、店舗、親族間でも
女性セブン
雅子さまと紀子さまの共演
雅子さまと紀子さま「全国赤十字大会」にご出席 3年ぶりに妃殿下方がお揃い
女性セブン
歌舞伎町の異様な実態が浮き彫りに(時事通信フォト)
新宿・歌舞伎町で「ドリンクに薬物」の手口が横行 パパ活女子は自衛策を共有
週刊ポスト
リラックスした姿も神々しい
天海祐希の若手俳優を励ます言葉の力 広瀬すずは助言で変化、伊藤沙莉も影響受ける
女性セブン
バンド活動がいちばん楽しいと語っていた綾野
綾野剛 “音楽性の違い”で山田孝之と衝突か ユニットからは1人だけ外される
女性セブン
小室圭さんが投資家になる可能性は
小室圭さん 「投資家ビザ取得」の秘策が浮上、眞子さんの就労問題も解決か
女性セブン
松田翔太と秋元梢がすれ違い
松田翔太&秋元梢がすれ違い生活 背景に「お互いの強すぎる実家愛」
女性セブン
成年皇族としてのご活動に注目が集まる(3月、東京・千代田区。時事通信フォト)
愛子さま、バイデン氏御所訪問にお姿なく 雅子さまが思い描くデビューのタイミング
女性セブン