芸能

次期朝ドラ主演の黒島結菜 年末公開映画で見せた「体当たり演技」

注目の清純派女優・黒島結菜

注目の清純派女優・黒島結菜

 今春放送開始予定のNHK朝ドラ『ちむどんどん』でヒロイン役を務める黒島結菜(24)。2012年のデビュー以来、映画やドラマで着実にキャリアを積み、2019年に映画『カツベン!』で日本アカデミー賞新人俳優賞を受賞。「今年のブレイクは必至」(スポーツ紙記者)と言われる注目の清純派女優だ。

『ちむどんどん』の制作プロデューサーは起用の理由を「透明感に凜々しさ、たくましさを併せ持っている」と説明したが、そんな黒島のイメージを変える作品が昨年12月末に公開された。

「映画『明け方の若者たち』です。黒島の“体当たり”の演技に思わず息を呑みました」

 映画評論家の秋本鉄次氏がそう唸る同作は、劇中で北村匠海(24)演じる大学生を相手に、黒島が大胆な濡れ場を披露している。

 注目のシーンは劇中の中盤、北村と高級リゾートホテルを訪れる場面。ベッドで濃厚キスをしながら、黒島のバスローブが徐々に脱がされていく。胸元に手が伸びると、黒島から「あッ……」と喘ぎ声が漏れる。バストトップこそ映らないものの、汗ばむ胸元が露わに。

 その後、北村が覆い被さるように交わると、腰の動きに合わせて、「ハァ、ハァ」と息を荒らげながら快楽に身を委ねていく──。

「どこか陰を持つような妖艶な表情が印象的で、とても初めてのベッドシーンとは思えないリアリティがあった。女優としての引き出しの多さを感じました」(秋本氏)

 その後、黒島演じるヒロインが実は既婚者だったことが発覚するなど、明るい笑顔の裏にある別の顔を見事に演じきった。

 秋本氏が語る。

「昨今はネットフリックスの『全裸監督』シリーズで濡れ場を披露した森田望智と恒松祐里が朝ドラ『おかえりモネ』に出演するなど、NHKのキャスティングも柔軟になってきていますが、黒島のようにヒロイン役で放送直前に濡れ場映画が公開されるケースは珍しい。今後も堂々と脱ぎ惜しみしない女優さんになってもらいたいですね」

 新たなステージに駆け上がる朝ドラヒロインに注目だ。

※週刊ポスト2022年1月28日号

関連キーワード

関連記事

トピックス

RAD野田洋次郎と馬場ふみか
RAD野田洋次郎、 馬場ふみかとクラブ3軒はしごで音楽を愛した夜 所属事務所は「以前からのお友達」
NEWSポストセブン
なぜ悠仁さまは最寄り駅近くから徒歩通学を?
悠仁さまの部活動で懸念される小室圭さん「警備費用」蒸し返し問題
NEWSポストセブン
赤レンガの建物を前に写真を撮る久慈(本人のインスタグラムより)
久慈暁子、 NBA渡邊雄太と婚約発表直前のフィラデルフィア「匂わせ写真」 『めざまし』卒業直後に渡米デート
NEWSポストセブン
投資家になりビザ取得を目指すとの噂もあるクイックシルバーT着用の小室氏
小室圭さん、投資家転身か 眞子さんが皇族だった30年で得た1億円以上が軍資金に?
女性セブン
(共同通信社)
「ノーマスク」に憤る人たち 教室、オフィス、店舗、親族間でも
女性セブン
雅子さまと紀子さまの共演
雅子さまと紀子さま「全国赤十字大会」にご出席 3年ぶりに妃殿下方がお揃い
女性セブン
歌舞伎町の異様な実態が浮き彫りに(時事通信フォト)
新宿・歌舞伎町で「ドリンクに薬物」の手口が横行 パパ活女子は自衛策を共有
週刊ポスト
リラックスした姿も神々しい
天海祐希の若手俳優を励ます言葉の力 広瀬すずは助言で変化、伊藤沙莉も影響受ける
女性セブン
バンド活動がいちばん楽しいと語っていた綾野
綾野剛 “音楽性の違い”で山田孝之と衝突か ユニットからは1人だけ外される
女性セブン
小室圭さんが投資家になる可能性は
小室圭さん 「投資家ビザ取得」の秘策が浮上、眞子さんの就労問題も解決か
女性セブン
松田翔太と秋元梢がすれ違い
松田翔太&秋元梢がすれ違い生活 背景に「お互いの強すぎる実家愛」
女性セブン
成年皇族としてのご活動に注目が集まる(3月、東京・千代田区。時事通信フォト)
愛子さま、バイデン氏御所訪問にお姿なく 雅子さまが思い描くデビューのタイミング
女性セブン