スポーツ

大相撲「違法賭博疑惑」関与した力士は2人だけか 協会に問うた

協会としての対応が問われている(中央が八角理事長。写真/雑誌協会)

協会としての対応が問われている(中央が八角理事長。写真/雑誌協会)

 その一方で、関係者の間では様々な情報が駆け巡った。若手親方はこう話す。

「違法賭博店の経営には、最初に名前の挙がった2人とは別のある力士のタニマチが関わっているという情報もあった。その力士を通じて、英乃海らが出入りするようになったというのです。本来なら、協会はその力士からも聴取するべきだが、警察が事情聴取していないこともあって、今のところ波及していく様子はない」

引退勧告は出ない?

 場所が始まると違法賭博関連の報道は沈静化した。コロナの感染拡大を防ぐため、相撲担当記者も力士や親方との接触は認められず、リモート取材が基本という状況も影響したのだろう。加えて協会内では箝口令が敷かれたといい、前出の若手親方は「場所中は国技館内でこの話題を口にするのはNG。噂話もできない状況だ」と話す。

 そうしたなか、7日目となる1月15日には、共同通信が〈英乃海と紫雷がコンプライアンス委員会の調査に対し、賭博行為を認めたことが関係者の話で分かった。14日の最終会合で協議された処分意見は八角理事長に答申。27日の協会定例理事会で審議され、処分が決まる見込みだ〉と報じた。

「報道内容からして、他の力士に問題は拡大しない流れだとみられる。騒ぎがこれ以上、大きくならなそうだから、処分も引退勧告などまで至らず、最大で6場所の出場停止となる見込みだとされる。引退勧告を出すと、協会から外に出た後にメディアで様々なことをしゃべられるリスクなども考えたのではないか」(前出・相撲担当記者)

 問題は、相撲協会としてこの問題の調査を尽くしているかということだろう。相撲協会に、英乃海、紫雷の2人以外の関与について調査したのかを問うたところ、「ノーコメント」(広報部)とするのみだった。本当に、疑惑の全容は解明されることになるのか。

関連キーワード

関連記事

トピックス

公務に邁進されている(6月、東京・港区)
佳子さま「公務に積極的」になられた背景に「皇籍離脱」「結婚」か
女性セブン
亜希
亜希 陰から見守る元夫・清原和博と息子達との「父子鷹」
NEWSポストセブン
披露宴での志摩ノ海と元関脇・逆鉾の長女・清香さん(時事通信フォト)
故・逆鉾の長女が結婚で後継者確定も名門・井筒部屋再興への“高いハードル”
週刊ポスト
SNSでの発信力も大きい新庄ビッグボス(時事通信フォト)
新庄ビッグボスのインスタ投稿が波紋 「ファンとそれ以外の分断を煽る」の指摘も
NEWSポストセブン
クルマ、ギター、アート、スケートボードにもこだわる
長瀬智也、英国のバイク誌に登場 悠々自適な暮らしに「所ジョージ化している」の声
女性セブン
小室圭さんと眞子さん
小室圭さん妻・眞子さんがNYで行きつけのスーパーから見えてきた“妻の気遣い”「日本でいえば『成城石井』」 
NEWSポストセブン
京都の街を歩く舞妓のイメージ(写真/イメージマート)
元舞妓の〈16歳飲酒〉〈お風呂入り〉告発に、花街関係者も衝撃「未成年飲酒には厳しく対応しているはず」
NEWSポストセブン
不祥事を理由に落選したはずなのに、比例で復活されては…(左は塚田一郎氏、右は中川郁子氏/写真=共同通信社)
「不倫路チュー」「USBは穴に…」失言・不祥事で落選しても比例復活するゾンビ議員たち
週刊ポスト
注目を集めるNHK吉岡真央アナ
「ポスト和久田麻由子アナ」候補のNHK吉岡真央アナ 替え歌ダンスで“キャラの強さ”際立つ
週刊ポスト
前田敦子と篠田麻里子の女子会姿をキャッチ
前田敦子、篠田麻里子と六本木で4時間半女子会 元夫・勝地涼との関係は良好に
女性セブン
謎めいたバッグを持つ広末涼子
広末涼子、“破壊力強すぎ”コーデは健在「背中に蜘蛛」私服に続き目撃された「謎バッグ」
NEWSポストセブン
結婚し、日本メディアが情報をキャッチしづらいNYで、デイリーメールが追跡取材(写真/JMPA)
小室圭さん・眞子さん夫婦が「離婚で終わったとしても…」英デイリー・メールが報じた「茨の道」
NEWSポストセブン