芸能

歌手・安奈淳 膠原病で余命宣告から奇跡の回復、大病を経て変わった死生観

余命宣告から回復した安奈淳

余命宣告から回復した安奈淳

 1970年代に上演された舞台『ベルサイユのばら』のオスカル役で、一躍時の人となった元宝塚歌劇団星組・花組トップスターの安奈淳(74才)。30才で退団後、歌手として活躍している中、不調を感じるようになったという。

「宝塚時代は大きな病気をしませんでしたが、退団してから、それまでの疲れがどっと出たのか、なんとなく不調を感じるようになりました。顔がむくんで黄疸が出るようになり、病院に行ったら肝炎であることが判明。それでもいつかはよくなるだろうと思って、西洋医学の治療はほとんどしませんでした」(安奈・以下同)

 手足が冷え、時には痛いほどのしびれが襲うこともあったが、病院には行かず、漢方薬を服用し、やり過ごしていたという。限界を超えたと感じたのは53才のとき。それまでの不調とは違い、息ができなくなってしまったのだ。

「“これはおかしい”と思って知人に付き添ってもらって病院に行ったら、即入院。体中に水がたまり、肺にまで水が達していました。10日間ほどかけて水を抜いたら60kg以上あった体重が38kgに激減しました。

 そのときは意識がほとんどなくて、いまも当時の記憶はまったくありません。担当医には、『あと1時間病院に来るのが遅れていたら、ダメだった』とか『今晩が山場』『余命3日』と言われたそうですが、私は意識がもうろうとしたまま眠り続けていたのです」

 診断結果は膠原病の一種、全身性エリテマトーデス(SLE)だった。

「いまでこそ、膠原病は一般的に知られた病気になりましたが、20年前は、研究も進んでいなくて、まだまだ解明されていないことがたくさんあったようです。だから、先生からは『あなたがいい研究材料になりました』なんて、言われたこともあったんです。

 ただ、この病気は手術や薬の服用で、すぐに治るものではなく、治療は長期戦。退院後も、目が見えづらくなり、味覚症状があって、幻覚、幻聴も現れるなど、あらゆる症状に苦しみました。

 思考能力も低下し、1+1がわからなくなったり、24時間頭の中で数字や文字がミキサーにかけられているみたいにぐるぐると回っていて、10日間くらい眠れないこともあったんです。それで、さまざまな薬を試した結果、鬱状態になったこともありました」

 その後も粘り強く治療を続ける中、薄紙をはがすように効果が表れ、60才になった頃、症状が落ち着き始めた。

関連キーワード

関連記事

トピックス

STAP細胞騒動から10年
【全文公開】STAP細胞騒動の小保方晴子さん、昨年ひそかに結婚していた お相手は同い年の「最大の理解者」
女性セブン
水原一平容疑者は現在どこにいるのだろうか(時事通信フォト)
大谷翔平に“口裏合わせ”懇願で水原一平容疑者への同情論は消滅 それでもくすぶるネットの「大谷批判」の根拠
NEWSポストセブン
大久保佳代子 都内一等地に1億5000万円近くのマンション購入、同居相手は誰か 本人は「50才になってからモテてる」と実感
大久保佳代子 都内一等地に1億5000万円近くのマンション購入、同居相手は誰か 本人は「50才になってからモテてる」と実感
女性セブン
宗田理先生
《『ぼくらの七日間戦争』宗田理さん95歳死去》10日前、最期のインタビューで語っていたこと「戦争反対」の信念
NEWSポストセブン
焼損遺体遺棄を受けて、栃木県警の捜査一課が捜査を進めている
「両手には結束バンド、顔には粘着テープが……」「電波も届かない山奥」栃木県・全身焼損死体遺棄 第一発見者は「マネキンのようなものが燃えている」
NEWSポストセブン
ドジャース・大谷翔平選手、元通訳の水原一平容疑者
《真美子さんを守る》水原一平氏の“最後の悪あがき”を拒否した大谷翔平 直前に見せていた「ホテルでの覚悟溢れる行動」
NEWSポストセブン
ムキムキボディを披露した藤澤五月(Xより)
《ムキムキ筋肉美に思わぬ誤算》グラビア依頼殺到のロコ・ソラーレ藤澤五月選手「すべてお断り」の決断背景
NEWSポストセブン
(写真/時事通信フォト)
大谷翔平はプライベートな通信記録まで捜査当局に調べられたか 水原一平容疑者の“あまりにも罪深い”裏切り行為
NEWSポストセブン
逮捕された十枝内容疑者
《青森県七戸町で死体遺棄》愛車は「赤いチェイサー」逮捕の運送会社代表、親戚で愛人関係にある女性らと元従業員を……近隣住民が感じた「殺意」
NEWSポストセブン
大谷翔平を待ち受ける試練(Getty Images)
【全文公開】大谷翔平、ハワイで計画する25億円リゾート別荘は“規格外” 不動産売買を目的とした会社「デコピン社」の役員欄には真美子さんの名前なし
女性セブン
眞子さんと小室氏の今後は(写真は3月、22時を回る頃の2人)
小室圭さん・眞子さん夫妻、新居は“1LDK・40平米”の慎ましさ かつて暮らした秋篠宮邸との激しいギャップ「周囲に相談して決めたとは思えない」の声
女性セブン
いなば食品の社長(時事通信フォト)
いなば食品の入社辞退者が明かした「お詫びの品」はツナ缶 会社は「ボロ家ハラスメント」報道に反論 “給料3万減った”は「事実誤認」 
NEWSポストセブン