ライフ

森友学園スクープ記者が語る「赤木さん夫婦の物語」漫画化の舞台裏

赤木雅子さんが国に損害賠償を求めた訴訟の終結に対しては今も市民らの抗議活動が続いている

赤木雅子さんが国に損害賠償を求めた訴訟の終結に対しては、市民らの抗議活動が現在も続いている

 森友学園問題をめぐって、なんとか幕引きを図りたい国の不誠実な対応に、批判の声があがり続けている。昨年12月には、森友学園問題についての財務省の決裁文書改ざんを苦に自ら命を絶った近畿財務局の赤木俊夫さんの妻・雅子さんが国を相手取って起こしていた損害賠償訴訟で、国側が賠償責任を認め、約1億円の賠償金を支払うことを「認諾」したことが話題となった。カネを払うから裁判での真相究明はさせないという露骨な態度に対し、通常国会の代表質問でも、野党側から疑問視する問いかけがなされた。様々なかたちで、この問題を風化させてはならないという取り組みが続いている。 

  その一つが、雅子さんが、改ざんなどの関連文書を「不開示」とした財務省決定の取り消しを求めた訴訟だ。1月18日、大阪地裁で第1回口頭弁論が開かれ、国側は請求棄却を求めた。雅子さんは弁護士を通じて「夫がどうやって亡くなったのか分かる資料が出てくることを願います」とのコメントを発表した。また、雅子さんも取材協力として参加する漫画『がんばりょんかぁ、マサコちゃん』の連載もスタートした(『週刊ビッグコミックスピリッツ』)。森友学園事件をモチーフにしたノンフィクションのようなフィクションで、作中では、総理夫人らの名を公文書から隠蔽するために改ざんを命じられた近畿財務局職員・赤木トシオさんが自ら命を絶つそして、その妻、マサコさんが「夫の死の真実を知る」ために国と闘うことを決意しつつも、迷いや怒り、葛藤を抱える様子を描く物語だ。 

  原作は『ブラック・ジャック創作秘話〜手塚治虫の仕事場から〜』の宮崎克氏、作画は『家栽の人』『はっぴーえんど』の魚戸おさむ氏が担当している。そして、取材協力として前述の通りいまも国と闘い続けている赤木雅子さんが参加。さらに、森友事件をスクープした元NHK記者でジャーナリストの相澤冬樹氏が参加している点も注目だ。  

  いかにして、この作品が誕生することとなったのか──。きっかけは相澤氏の働きかけだった。相澤氏が連載開始までの裏側を明かす。 

 「最初は森友学園の問題を風化させたくないという想いから、『どうやったら政治や社会問題に興味のない人にも知ってもらえるか』と考えたところ、漫画が良いのではないかと思ったのがきっかけです。そこで2020年の秋頃から知り合いのツテを頼りに編集者を紹介してもらい、漫画化を実現するために動き始めました」 

  しかし、当初は思うように連載が決まらなかったという。 

関連記事

トピックス

堂本光一の思いとは
【全文公開】堂本光一、本格始動のスタートエンタに苦言を繰り返す背景 福田淳社長は“早期退任説”を真っ向否定
女性セブン
『サンデーモーニング』の司会を引き継いだ膳場貴子(時事通信フォト)
《3度の結婚と出産、マタハラ騒動経て》膳場貴子がサンモニ新MC就任で意識する、“関口宏カラーは変えない”の理由
NEWSポストセブン
三笠宮彬子さま、2015年に出版した“プリンセスの留学記”がネットで大きな話題 新たなあとがきを加えて9年越しに文庫化されるまで
三笠宮彬子さま、2015年に出版した“プリンセスの留学記”がネットで大きな話題 新たなあとがきを加えて9年越しに文庫化されるまで
女性セブン
広岡達朗について語ってた江夏氏(撮影/藤岡雅樹)
江夏豊と広岡達朗は本当に“犬猿の仲”だったのか「疑惑の痛風発言」を広岡本人に直撃
NEWSポストセブン
初代うたのおにいさんデビュー時の田中星児(本人提供)
《『ビューティフル・サンデー』歌い続けて48年》田中星児(76)“いつまで歌っていけるのか”年を重ねて自問自答「ポッと歌詞を忘れてもお客さんが助けてくれるんです」
NEWSポストセブン
眞子さんと小室氏の今後は(写真は3月、22時を回る頃の2人)
小室圭さん・眞子さん夫妻、新居は“1LDK・40平米”の慎ましさ かつて暮らした秋篠宮邸との激しいギャップ「周囲に相談して決めたとは思えない」の声
女性セブン
デビュー時の鈴木亜美(左)と後藤真希(右)
《鈴木亜美と後藤真希》『ASAYAN』時代は「会話もなかった」「何事もないかのように、涼しい顔を」今だから話せる“本音女子トーク”
NEWSポストセブン
銀行詐欺容疑でアメリカ連邦検察から訴追された水原一平氏(39)
《大谷翔平の信頼を悪用》水原一平容疑者「運転中マリファナ所持」違反の過去 「わざわざ調べない」「ドジャースも見過ごすレベル」検挙歴の影響
NEWSポストセブン
いなば食品の社長(時事通信フォト)
いなば食品の入社辞退者が明かした「お詫びの品」はツナ缶 会社は「ボロ家ハラスメント」報道に反論 “給料3万減った”は「事実誤認」 
NEWSポストセブン
水原一平容疑者は現在どこにいるのだろうか(時事通信フォト)
《独自》極秘帰国していた水原一平容疑者宅は“居留守”状態「あなたに会いたくないと言っている」「2匹の犬の鳴き声」玄関前には「お〜いお茶」のダンボール
NEWSポストセブン
曙と真剣交際していたが婚約破棄になった相川勇
《元横綱の曙さん死去》交際中に「婚約破棄」騒動の女優・相原勇の今「結婚信じて全レギュラー降板」20年ぶり再会で誓ったこと
NEWSポストセブン
《独自》大谷翔平、ハワイの25億円リゾート別荘を購入へ 練習施設が併設されオフシーズンに滞在する計画も
《独自》大谷翔平、ハワイの25億円リゾート別荘を購入へ 練習施設が併設されオフシーズンに滞在する計画も
女性セブン