ライフ

森友学園スクープ記者が語る「赤木さん夫婦の物語」漫画化の舞台裏

赤木雅子さんが国に損害賠償を求めた訴訟の終結に対しては今も市民らの抗議活動が続いている

赤木雅子さんが国に損害賠償を求めた訴訟の終結に対しては、市民らの抗議活動が現在も続いている

 森友学園問題をめぐって、なんとか幕引きを図りたい国の不誠実な対応に、批判の声があがり続けている。昨年12月には、森友学園問題についての財務省の決裁文書改ざんを苦に自ら命を絶った近畿財務局の赤木俊夫さんの妻・雅子さんが国を相手取って起こしていた損害賠償訴訟で、国側が賠償責任を認め、約1億円の賠償金を支払うことを「認諾」したことが話題となった。カネを払うから裁判での真相究明はさせないという露骨な態度に対し、通常国会の代表質問でも、野党側から疑問視する問いかけがなされた。様々なかたちで、この問題を風化させてはならないという取り組みが続いている。 

  その一つが、雅子さんが、改ざんなどの関連文書を「不開示」とした財務省決定の取り消しを求めた訴訟だ。1月18日、大阪地裁で第1回口頭弁論が開かれ、国側は請求棄却を求めた。雅子さんは弁護士を通じて「夫がどうやって亡くなったのか分かる資料が出てくることを願います」とのコメントを発表した。また、雅子さんも取材協力として参加する漫画『がんばりょんかぁ、マサコちゃん』の連載もスタートした(『週刊ビッグコミックスピリッツ』)。森友学園事件をモチーフにしたノンフィクションのようなフィクションで、作中では、総理夫人らの名を公文書から隠蔽するために改ざんを命じられた近畿財務局職員・赤木トシオさんが自ら命を絶つそして、その妻、マサコさんが「夫の死の真実を知る」ために国と闘うことを決意しつつも、迷いや怒り、葛藤を抱える様子を描く物語だ。 

  原作は『ブラック・ジャック創作秘話〜手塚治虫の仕事場から〜』の宮崎克氏、作画は『家栽の人』『はっぴーえんど』の魚戸おさむ氏が担当している。そして、取材協力として前述の通りいまも国と闘い続けている赤木雅子さんが参加。さらに、森友事件をスクープした元NHK記者でジャーナリストの相澤冬樹氏が参加している点も注目だ。  

  いかにして、この作品が誕生することとなったのか──。きっかけは相澤氏の働きかけだった。相澤氏が連載開始までの裏側を明かす。 

 「最初は森友学園の問題を風化させたくないという想いから、『どうやったら政治や社会問題に興味のない人にも知ってもらえるか』と考えたところ、漫画が良いのではないかと思ったのがきっかけです。そこで2020年の秋頃から知り合いのツテを頼りに編集者を紹介してもらい、漫画化を実現するために動き始めました」 

  しかし、当初は思うように連載が決まらなかったという。 

関連記事

トピックス

本田圭佑氏の解説が視聴者の心を掴んでいる理由をデータで解析(Getty Images)
「PK!」「ファール!」「イエス!」本田圭佑氏の絶叫回数は松木安太郎氏以上だった
NEWSポストセブン
三谷
『鎌倉殿の13人』は大河ドラマを変えた、『仁義なき戦い』がヤクザ映画を変えたように
NEWSポストセブン
愛子さま 会見、成年行事…成人を迎えられてからの1年を写真で振り返る
愛子さま 会見、成年行事…成人を迎えられてからの1年を写真で振り返る
女性セブン
W杯に連続出場しているクリスチアーノ
ロナウドの2ショット(写真/Getty Images)
W杯で活躍するスター選手たち パートナーや家族とのゴージャスショット
女性セブン
上海のウルムチ路でデモは起こった
東京・新宿の「習近平退陣デモ」参加者が証言「日本に来てようやく中国共産党の恐ろしさを知った」
NEWSポストセブン
影山
すでに「やべっち超え」の声も なぜ影山優佳はサッカーファンに支持されるのか
NEWSポストセブン
「申し訳ない」と会見で述べた鈴木俊一財務大臣。写真は2022年10月、G20開催時(時事通信フォト)
財務省の自賠責積立金6000億円踏み倒し問題 賦課金150円値上げに「奢り」が見える
NEWSポストセブン
みんなで応援(左から田中碧、鈴木愛理、鈴木亨。PAImages/時事、時事通信フォト)
スペイン戦決勝点・田中碧、鈴木愛理との交際にプロゴルファー父・鈴木亨も強力サポート
週刊ポスト
長井秀和が語る“芸能界と創価学会”「入信すれば仕事がもらえるほど甘くない」
長井秀和が語る“芸能界と創価学会”「入信すれば仕事がもらえるほど甘くない」
女性セブン
雅子さま、“見えざる病欠”連発が愛子さまに影響も ご自覚が揺らいでしまう懸念
雅子さま、“見えざる病欠”連発が愛子さまに影響も ご自覚が揺らいでしまう懸念
女性セブン
人目を忍ぶような変装姿で帰途に就く篠田麻里子
【スクープ】篠田麻里子「半年も2才の娘と会えてない!」夫と泥沼全面戦争
女性セブン
1980年代、役者としてデビューしたばかりの渡辺徹さん
《追悼》渡辺徹さんが闘病中、親友の茨城・古河市長に語っていた覚悟「役者は体が弱いと思われると、仕事がこないんだ」
NEWSポストセブン