国内

埼玉15才“ヤングケアラー”暴行死 優しい長男を取り巻く特殊な家庭環境

事件から10日以上経っても現場付近には広範囲に規制線が張られていた

事件から10日以上経っても現場付近には広範囲に規制線が張られていた

 都心からそう遠くもないが、長閑な田園風景が広がる埼玉県白岡市。住宅街の一角には、10日以上も警察の規制線が張り巡らされ、似つかわしくないものものしい雰囲気が漂っている。“現場”となったのは、10人の大家族が住む2階建ての借家だった。

 1月15日午前4時50分。リビングの布団に横たわっていた加藤颯太くん(享年15)の意識がもうろうとしているのを母親(38才)が発見し、119番通報した。すぐに救急搬送されたが、颯太くんは18日に息を引き取った。死因は頭部に強い衝撃を受けたことによる急性硬膜下血腫だった。

「母親は救急隊に『数日前にけがをして帰宅した』と説明しています。颯太くんの顔や体には複数の傷、あざがあり、肋骨や腕の骨は折れていた。ひどい暴行を受けたとみて、警察は傷害致死容疑で捜査中です」(全国紙社会部記者)

 颯太くんは8人きょうだいの2番目で長男だった。姉は高校生。いちばん下のきょうだいは、まだ年端もいかない幼さだった。近隣住民は颯太くんの印象を次のように話す。

「中学生とは思えないほど細くて小柄だったけど、よく下の子たちを抱っこして遊ばせてあげていました。彼は、家のゴミ出しも担当していた。収集車が来るぎりぎりの朝10時頃になることが多かったかな。近所の人と顔を合わせると笑顔で挨拶していました」

 別の近隣住民は、3年前に地域の集会所で行われた子供向けの人形劇での颯太くんの姿が忘れられないと話す。

「颯太くんは小学6年生でした。お姉さんと一緒に下の子たちを連れて、子供だけで来ていたんです。ほかの子たちが騒いで親に叱られるなか、彼だけは正座して、小さいきょうだいを膝に乗せてじっと見ていた。しかも、終わると座布団を持ってきて“どこに片づけますか?”と。しっかりしていて感心しました」

現場写真

現場となったのは10人の大家族が住む2階建ての借家だった

 傍から見れば、“優しくて面倒見のいい長男”だった颯太くん。しかし、子供たちを取り巻く家庭環境は異様だった。

「深夜まで家の前で遊んでいるんです。ひどいときには午前2時頃まで騒いでいて、あまりにうるさいので近所の人が警察に通報したこともあります。一度や二度じゃないですよ」(前出・近隣住民)

 この家には母親ときょうだい以外に、母親の交際相手の男性が暮らしていた。

関連記事

トピックス

電撃結婚した大谷翔平(時事通信フォト)
《大谷翔平が電撃婚》年下の結婚相手、有力候補に見られた“意味深行動”「親同伴でアメリカへ」「昨年8月から止まったプライベート投稿」友人が明かす内幕
NEWSポストセブン
WBCで見せていた素顔(時事通信フォト)
《スタジアムは神聖な場所》電撃婚・大谷翔平がWBC優勝直後に見せていた野球へのリスペクト
NEWSポストセブン
生きづらい今の時代にタモリの言葉が求められているのかもしれない
《頑張ると疲れる》“タモリの一言”に救われた共演者らが紐解く言葉の真意「自分が優れていると見せようとする人を信用しない」
週刊ポスト
有名税も規格外(時事通信フォト)
「大谷翔平 風俗店にサイン」騒動のその後 「色紙は丁重に保管」「実物見たさのお客さんが来た」
NEWSポストセブン
コロナ禍で5か月延期となったものの、約1100人参加して大盛況だった(2022年に開催された「祝う会」/時事通信フォト)
【週刊ポストスクープが端緒に】岸田文雄・首相「祝う会の闇パーティー疑惑」を上脇博之教授が告発 政治資金規正法違反での告発で自民党派閥裏金問題と同じ流れに
NEWSポストセブン
筋肉質な大谷翔平(時事通信フォト)
大谷翔平、年下の“結婚相手候補”は「めっちゃ一途」「一人の時間が好き」囁かれる素顔、好きなタイプは「筋肉質な人」
NEWSポストセブン
(時事通信フォト)
《匂わせなし》大谷翔平の妻、有力候補の女性は「親しい友人にも口を割らず」大学同級生は「今は彼氏はいないと言ってたけど…」
NEWSポストセブン
囲み会見でも株を上げた(時事通信フォト)
【「子どもは?」の質問に完璧回答】大谷翔平結婚会見“不適切な質問”への対応力にフェミニストたちも唸った
NEWSポストセブン
大谷の妻はどうなるか
大谷翔平の「年下」結婚相手がオープンになる可能性は? 松井秀喜「妻の似顔絵公開のみ」との共通点、大きく異なる点とは
NEWSポストセブン
記者会見で涙を拭う岐阜県岐南町の小島英雄町長。2024年2月28日(時事通信フォト)
セクハラとパワハラで辞任した74歳の岐南町長 問題は決して「世代」なんかではない
NEWSポストセブン
2018年、青山学院大学を卒業した井上清華
【女性アナ大学時代の晴れ姿・2017~2019】九州女子らしく気が強い井上清華、ダイエット企画で人気を集めた三谷紬ほか「アナウンサーに求められる資質が多様化」
週刊ポスト
パチスロ好きという意外な素顔もある浅田舞
《6時間スロット打ちからカルチャー系に》浅田舞に新恋人との熱愛報道、関係者が気づいていたインスタグラムの「異変」
NEWSポストセブン