国内

埼玉15才“ヤングケアラー”暴行死 優しい長男を取り巻く特殊な家庭環境

事件から10日以上経っても現場付近には広範囲に規制線が張られていた

事件から10日以上経っても現場付近には広範囲に規制線が張られていた

 都心からそう遠くもないが、長閑な田園風景が広がる埼玉県白岡市。住宅街の一角には、10日以上も警察の規制線が張り巡らされ、似つかわしくないものものしい雰囲気が漂っている。“現場”となったのは、10人の大家族が住む2階建ての借家だった。

 1月15日午前4時50分。リビングの布団に横たわっていた加藤颯太くん(享年15)の意識がもうろうとしているのを母親(38才)が発見し、119番通報した。すぐに救急搬送されたが、颯太くんは18日に息を引き取った。死因は頭部に強い衝撃を受けたことによる急性硬膜下血腫だった。

「母親は救急隊に『数日前にけがをして帰宅した』と説明しています。颯太くんの顔や体には複数の傷、あざがあり、肋骨や腕の骨は折れていた。ひどい暴行を受けたとみて、警察は傷害致死容疑で捜査中です」(全国紙社会部記者)

 颯太くんは8人きょうだいの2番目で長男だった。姉は高校生。いちばん下のきょうだいは、まだ年端もいかない幼さだった。近隣住民は颯太くんの印象を次のように話す。

「中学生とは思えないほど細くて小柄だったけど、よく下の子たちを抱っこして遊ばせてあげていました。彼は、家のゴミ出しも担当していた。収集車が来るぎりぎりの朝10時頃になることが多かったかな。近所の人と顔を合わせると笑顔で挨拶していました」

 別の近隣住民は、3年前に地域の集会所で行われた子供向けの人形劇での颯太くんの姿が忘れられないと話す。

「颯太くんは小学6年生でした。お姉さんと一緒に下の子たちを連れて、子供だけで来ていたんです。ほかの子たちが騒いで親に叱られるなか、彼だけは正座して、小さいきょうだいを膝に乗せてじっと見ていた。しかも、終わると座布団を持ってきて“どこに片づけますか?”と。しっかりしていて感心しました」

現場写真

現場となったのは10人の大家族が住む2階建ての借家だった

 傍から見れば、“優しくて面倒見のいい長男”だった颯太くん。しかし、子供たちを取り巻く家庭環境は異様だった。

「深夜まで家の前で遊んでいるんです。ひどいときには午前2時頃まで騒いでいて、あまりにうるさいので近所の人が警察に通報したこともあります。一度や二度じゃないですよ」(前出・近隣住民)

 この家には母親ときょうだい以外に、母親の交際相手の男性が暮らしていた。

関連記事

トピックス

RAD野田洋次郎と馬場ふみか
RAD野田洋次郎、 馬場ふみかとクラブ3軒はしごで音楽を愛した夜 所属事務所は「以前からのお友達」
NEWSポストセブン
なぜ悠仁さまは最寄り駅近くから徒歩通学を?
悠仁さまの部活動で懸念される小室圭さん「警備費用」蒸し返し問題
NEWSポストセブン
赤レンガの建物を前に写真を撮る久慈(本人のインスタグラムより)
久慈暁子、 NBA渡邊雄太と婚約発表直前のフィラデルフィア「匂わせ写真」 『めざまし』卒業直後に渡米デート
NEWSポストセブン
投資家になりビザ取得を目指すとの噂もあるクイックシルバーT着用の小室氏
小室圭さん、投資家転身か 眞子さんが皇族だった30年で得た1億円以上が軍資金に?
女性セブン
(共同通信社)
「ノーマスク」に憤る人たち 教室、オフィス、店舗、親族間でも
女性セブン
雅子さまと紀子さまの共演
雅子さまと紀子さま「全国赤十字大会」にご出席 3年ぶりに妃殿下方がお揃い
女性セブン
歌舞伎町の異様な実態が浮き彫りに(時事通信フォト)
新宿・歌舞伎町で「ドリンクに薬物」の手口が横行 パパ活女子は自衛策を共有
週刊ポスト
リラックスした姿も神々しい
天海祐希の若手俳優を励ます言葉の力 広瀬すずは助言で変化、伊藤沙莉も影響受ける
女性セブン
バンド活動がいちばん楽しいと語っていた綾野
綾野剛 “音楽性の違い”で山田孝之と衝突か ユニットからは1人だけ外される
女性セブン
小室圭さんが投資家になる可能性は
小室圭さん 「投資家ビザ取得」の秘策が浮上、眞子さんの就労問題も解決か
女性セブン
松田翔太と秋元梢がすれ違い
松田翔太&秋元梢がすれ違い生活 背景に「お互いの強すぎる実家愛」
女性セブン
成年皇族としてのご活動に注目が集まる(3月、東京・千代田区。時事通信フォト)
愛子さま、バイデン氏御所訪問にお姿なく 雅子さまが思い描くデビューのタイミング
女性セブン