芸能

テレビマンになりたい若者激減 「ADさん」に配慮し雑用も極力やらせない現場

制作会社が募集をしても…(イメージ)

制作会社が募集をしても…(写真はイメージ)

 テレビ番組が変わると、「現場」も変わってくる。かつて多くの若者が憧れたテレビマンたちの姿は、そこにはないようだ──。

 昨年末、日本テレビでは「AD(アシスタントディレクター)」という呼び方を廃止し、「YD(ヤングディレクター)」と呼ぶことになったという。現場でコキ使われる“下っ端”扱いがようやく改善される──と見る向きもあるが、実情は少し違うようだ。

「今は働き方改革の流れもあり、ADが徹夜続きなんてところも見なくなりました。もはやテレビマンになりたいなんて若者は絶滅危惧種。制作会社が募集してもADのなり手はおらず、テレビ制作志望というわけでもない人材ばかり。『おいAD!』なんて呼ぶこともなく、『ADさん』や名前で呼ぶし、終電までには帰らせるよう配慮しています。コピーなどの雑用も、極力ディレクターが自分でやっていますよ」(制作会社幹部)

 テレビ業界を目指す者も少なければ、見切りをつけるテレビマンもいる。

「配信に活路を見出し、TVerの見逃し配信再生数などをアピールしていますが、HuluやParaviなど乱立していて先行きはまだ不透明。テレビ局員といえば高給取りでしたが、イケイケだったフジでも今の20代後半は残業代込みで1000万円に届かないと言います。給料が上がる気配もないのでAmazonプライムビデオはじめ配信系に転職する局員が増えています」(フジ幹部)

 働き方だけでなく、仕事内容も変化した。前出の制作会社幹部が言う。

「ドラマでは、どの局も上層部からシリーズものを求められます。劇場版が公開中のフジテレビの『コンフィデンスマンJP』はその成功例で、映画版や配信など2次収入を狙いやすい。一方、支持を得ていたとは言い難い『ラジエーションハウス』の第2シーズンや劇場版を作ったのもそうした思惑があった。スタッフや演者の心が折れかけていても、無理してシリーズ化させるような作り方を強いられるのです」

 ドラマ以外の現場はさらに厳しい環境だという。

「情報番組のほとんどが制作費も労力も抑えろという状況です。番組で独自映像を撮ることは激減し、報道局の素材を局内で使い回し。番組で取り扱うネタも、『ネットの検索ワードランキング』をもとにしたり、SNSでバズるものを重視したりと、地上波放送のプライドはなく、すっかりネットに迎合しています」(情報番組ディレクター)

関連記事

トピックス

ご体調への不安が募る(写真/JMPA)
雅子さまと愛子さま、“ポツンと一軒家”の孤独感 閉ざされた御所での巣ごもり生活
女性セブン
SNSでも話題の「佐賀大学お嬢様部」に直撃
佐賀大学“お嬢様部”の活動実態を直撃取材!「お嬢様の定義をお教えしますわ」
週刊ポスト
1980年、田中派の総会で挨拶をする田中角栄(写真/共同通信社)
鉄の結束を誇った田中角栄軍団、「みんな田中ファン」指導力に心酔した議員や秘書たち
週刊ポスト
今は「芸人部署」に所属している久代萌美アナ
久代萌美、亀井京子アナも 女子アナ獲得の吉本、テレ東のエースアナにも注目
NEWSポストセブン
公務に邁進されている(6月、東京・港区)
佳子さま「公務に積極的」になられた背景に「皇籍離脱」「結婚」か
女性セブン
亜希
亜希 陰から見守る元夫・清原和博と息子達との「父子鷹」
NEWSポストセブン
小室圭さんと眞子さん
小室圭さん妻・眞子さんがNYで行きつけのスーパーから見えてきた“妻の気遣い”「日本でいえば『成城石井』」 
NEWSポストセブン
披露宴での志摩ノ海と元関脇・逆鉾の長女・清香さん(時事通信フォト)
故・逆鉾の長女が結婚で後継者確定も名門・井筒部屋再興への“高いハードル”
週刊ポスト
クルマ、ギター、アート、スケートボードにもこだわる
長瀬智也、英国のバイク誌に登場 悠々自適な暮らしに「所ジョージ化している」の声
女性セブン
京都の街を歩く舞妓のイメージ(写真/イメージマート)
元舞妓の〈16歳飲酒〉〈お風呂入り〉告発に、花街関係者も衝撃「未成年飲酒には厳しく対応しているはず」
NEWSポストセブン
結婚し、日本メディアが情報をキャッチしづらいNYで、デイリーメールが追跡取材(写真/JMPA)
小室圭さん・眞子さん夫婦が「離婚で終わったとしても…」英デイリー・メールが報じた「茨の道」
NEWSポストセブン
不祥事を理由に落選したはずなのに、比例で復活されては…(左は塚田一郎氏、右は中川郁子氏/写真=共同通信社)
「不倫路チュー」「USBは穴に…」失言・不祥事で落選しても比例復活するゾンビ議員たち
週刊ポスト