芸能

活動休止の氷川きよし 夢だった「両親の父であり、母になること」

氷川きよしに変化が起きている(写真は昨年)

自分のしたいようにさせてくれた両親を支えたかったという(写真は昨年末)

 2019年にデビュー20周年を迎え、昨年大晦日の『NHK紅白歌合戦』でも存在感を発揮した氷川きよし(44才)の突然の発表にファンは驚いている。氷川は1月21日、所属事務所及びレコード会社の公式ホームページで、今年いっぱいをもって歌手活動を休止することを発表。理由は《自分を見つめなおし、リフレッシュする時間をつくりたいという本人の意向》だが、具体性に欠け、休止期間も明確にされていない。

 ここ数年の氷川の姿は、「自分らしさを表現できている」という充実感で満ちているように見えていた。2019年11月に開設されたインスタグラムで表現される姿を筆頭に、その後のステージやテレビ番組などでの振る舞いを見れば、自ずと知れるだろう。化粧、アイメイク、スカート、網タイツ、ウエディングドレスのような純白ドレス、「あたし」と自分を呼称し、愛称は「きよし」から「きーちゃん」へ──。日々の努力も欠かさない。栄養バランスを考えた食事を自炊し、毎日1時間のウオーキングに励んでいる。

「美容に対する意識は極めて高い。自分で選び抜いた化粧品で行うスキンケアに余念はなく、エステにも通う。肌もしっとりスベスベ。見えない部分までしっかりケアされていて性別を超え追求したストイックな“肉体改造”の賜物です。今後、さらにジェンダーを超えた美しさを求めて変わっていきたいと本人は言っていました」(氷川の知人)

 氷川本人は2019年の雑誌グラビアで、素肌に紫の羽をまとってアンニュイな表情を浮かべる姿を披露したことについて、「『ジェンダーを超えた自分らしさ』を特集してほしいと思っていたので、その夢が叶った」と喜んだ。

 ありたい自分であろうとする氷川を、誰よりも応援する人物がいる。無償の愛情を注ぎ続けてくれる氷川の母親だ。

 氷川は福岡県福岡市で生まれ育った。当時の実家は市営住宅の2Kの部屋。父親はタクシーの運転手で、母親はパート勤め。一人っ子の氷川の幼い頃のごちそうといえば、母親が作るミートソーススパゲティ。玄関を入るとすぐのところにある2畳ほどのキッチンで、母親が調理する様子をじっと見つめごちそうを待ったという。

 家が裕福でないことは、よくわかっていた。感受性が豊かな氷川は、そうした現実を前に、夢を見ることを自ら諦めるような子供だったという。地元の中学校を卒業した氷川は、私立の福岡第一商業高校(現・第一薬科大学付属高校)へ進んだ。デザイナーや芸能関係の仕事に憧れた氷川のため、両親は高額の授業料を黙って工面してくれた。

 この頃の氷川の夢は「両親の父であり、母になること」だったという。早く働き、しっかり稼ぐことで、自分のしたいようにさせてくれた両親を、今度は自分が経済的に支える立場になりたいと思っていたのだ。そう考える氷川には秘めたる武器があった。歌唱力だ。

「幼い頃から歌が抜群にうまく、高校で入った“芸能クラブ”の顧問の先生にすすめられて演歌も歌うようになりました。すると、地元のカラオケ大会では、出れば優勝するような存在になり、賞品としてテレビやビデオデッキ、家具などを次々と獲得していました。ついたあだ名は“大会荒らし”。この頃からでしょう、きよしくんが本格的に演歌で勝負しようと考えたのは」(氷川の地元の知人)

関連記事

トピックス

伊藤沙莉は商店街でも顔を知られた人物だったという(写真/AFP=時事)
【芸歴20年で掴んだ朝ドラ主演】伊藤沙莉、不遇のバイト時代に都内商店街で見せていた“苦悩の表情”と、そこで覚えた“大人の味”
週刊ポスト
総理といえど有力な対立候補が立てば大きく票を減らしそうな状況(時事通信フォト)
【闇パーティー疑惑に説明ゼロ】岸田文雄・首相、選挙地盤は強固でも“有力対立候補が立てば大きく票を減らしそう”な状況
週刊ポスト
新アルバム発売の倖田來未 “進化した歌声”と“脱がないセクシー”で魅せる新しい自分
新アルバム発売の倖田來未 “進化した歌声”と“脱がないセクシー”で魅せる新しい自分
女性セブン
大谷の妻・真美子さん(写真:西村尚己/アフロスポーツ)と水原一平容疑者(時事通信)
《水原一平ショックの影響》大谷翔平 真美子さんのポニーテール観戦で見えた「私も一緒に戦うという覚悟」と夫婦の結束
NEWSポストセブン
大ヒット中の映画『4月になれば彼女は』
『四月になれば彼女は』主演の佐藤健が見せた「座長」としての覚悟 スタッフを感動させた「極寒の海でのサプライズ」
NEWSポストセブン
中国「抗日作品」多数出演の井上朋子さん
中国「抗日作品」多数出演の日本人女優・井上朋子さん告白 現地の芸能界は「強烈な縁故社会」女優が事務所社長に露骨な誘いも
NEWSポストセブン
国が認めた初めての“女ヤクザ”西村まこさん
犬の糞を焼きそばパンに…悪魔の子と呼ばれた少女時代 裏社会史上初の女暴力団員が350万円で売りつけた女性の末路【ヤクザ博士インタビュー】
NEWSポストセブン
(左から)中畑清氏、江本孟紀氏、達川光男氏による名物座談会
【江本孟紀×中畑清×達川光男 順位予想やり直し座談会】「サトテル、変わってないぞ!」「筒香は巨人に欲しかった」言いたい放題の120分
週刊ポスト
大谷翔平
大谷翔平、ハワイの25億円別荘購入に心配の声多数 “お金がらみ”で繰り返される「水原容疑者の悪しき影響」
NEWSポストセブン
【全文公開】中森明菜が活動再開 実兄が告白「病床の父の状況を伝えたい」「独立した今なら話ができるかも」、再会を願う家族の切実な思い
【全文公開】中森明菜が活動再開 実兄が告白「病床の父の状況を伝えたい」「独立した今なら話ができるかも」、再会を願う家族の切実な思い
女性セブン
伊藤
【『虎に翼』が好発進】伊藤沙莉“父が蒸発して一家離散”からの逆転 演技レッスン未経験での“初めての現場”で遺憾なく才能を発揮
女性セブン
大谷翔平と妻の真美子さん(時事通信フォト、ドジャースのインスタグラムより)
《真美子さんの献身》大谷翔平が進めていた「水原離れ」 描いていた“新生活”と変化したファッションセンス
NEWSポストセブン