ビジネス

ディズニーの玄関口・JR舞浜駅が混雑緩和のためにとった裏技

ホームの延伸工事が完了した舞浜駅は、東京ディズニーリゾートの玄関口(撮影:小川裕夫)

ホームの延伸工事が完了した舞浜駅は、東京ディズニーリゾートの玄関口(撮影:小川裕夫)

 東京ディズニーリゾートの最寄り駅として知られるJR舞浜駅では、2022年1月29日始発から蘇我方面行きは東京寄りに、東京方面行きの電車は蘇我寄りへと停車位置が変わる。混雑のため入場制限がかかることも珍しくなかった舞浜駅の混雑緩和をねらって、ホームを約100メートル延伸したからだ。裏技のような今回のホーム延伸工事が混雑解消のために選ばれた背景をライターの小川裕夫氏がレポートする。

 * * *
 京葉線の舞浜駅は、東京ディズニーリゾートの玄関駅として知られる。同駅のホームは東京ディズニーランドやパークの閉園時間前後は、大混雑となるのが常だった。

 これには、明確な理由がある。同駅のホームは一面2線という構造で、のぼり電車とくだり電車が同じホームを共有している。ゆえに、閉園時はディズニーから帰路に着く利用者が集中するのだ。

 駅ホームや駅構内が混雑すれば、事故の発生率が高まる。事故が起きれば輸送障害が起こり、それは他線にも影響を及ぼす。そうした事情もあり、舞浜駅の混雑対策はJR東日本千葉支社や東京ディズニーリゾートを運営するオリエンタルランド、地元の浦安市にとって悩みの種になっていた。

 混雑を解消する手段は、いくつかある。例えば、一面2線のホームを2面2線に改造してのぼりとくだりのホームを分離する、現在は10両編成で運行されている京葉線の電車を長大編成化する、といった具合だ。どちらも莫大な費用が必要になることは言うまでもないが、それ以上にこれらの大規模改良工事はダイヤや信号施設などの変更も伴う。京葉線全体ならともかく、舞浜駅だけのために着手することは非現実的だろう。

 そうした事情から、JR東日本千葉支社とオリエンタルランドは混雑緩和を別の手段で解決することにした。

「大規模な施設改良が難しいという事情から、現在は約200メートルのホームを約300メートルへ延伸しました。ホームが約100メートル長くなったことで、のぼり電車とくだり電車の停車位置をずらすことができます。これにより、乗降客の動線を分散できますので混雑の緩和になると考えています」と話すのはJR東日本千葉支社総務部の広報担当者だ。

関連記事

トピックス

西山茉希の姿
西山茉希「本気ミニスカも気だるいジャージもどっちも真実」恋する母のリアルな日常
NEWSポストセブン
司会をつとめる島田アナ(写真/JMPA)
「安倍氏国葬」司会の島田彩夏アナは「国葬委員会の指名」とフジ回答 抜擢背景に「後継候補の甥の古巣だから」説も
NEWSポストセブン
友人代表として「追悼の辞」を読み上げた菅氏(写真/JMPA)
菅義偉・前首相の弔辞に現場のマスコミ陣もすすり泣き 「銀座の焼き鳥屋」エピソード
NEWSポストセブン
式壇の様子
安倍氏国葬、武道館で「トイレ問題」発生中 男性用のみ行列、政治家が「これはまずい…」
NEWSポストセブン
阪神監督「再登板」が報じられた岡田彰布氏(写真は2008年)
阪神・岡田彰布監督再登板へ これで「掛布雅之監督」誕生の芽は永遠に潰えたか
NEWSポストセブン
「パパ活飲酒」を報じられた吉川赳議員。その吉川議員のパパも“逆ギレ”
パパ活問題・吉川赳議員の“実のパパ” 解任動議に「報じるメディアが悪い」と反論
週刊ポスト
笑顔を見せる坂本勇人(時事通信フォト)
巨人坂本の女性スキャンダル問題が収束せず CS進出なら“再炎上”で球団も苦慮か
NEWSポストセブン
独特のスタンスで2度目の賜杯を手にした玉鷲(時事通信フォト)
優勝の玉鷲 白鵬のモンゴルグループと交わらない姿勢貫き“鳥取事件”にも参加しなかった独自の立ち位置
NEWSポストセブン
香川照之(右)の騒動はあれほど報道していたのに…(左は時事通信フォト)
スキャンダルで炎上の香川照之、大メディアがスルーした坂本勇人 2人を分けた「スポンサー」の違い
週刊ポスト
さくらまやさん(写真/山口比佐夫)
さくらまや、9LDK庭付き一戸建ての豪邸で語った今「まだ男の人を好きになったことがない」
NEWSポストセブン
小室佳代さん第二の金銭トラブル1600万円「貢いだお金」は取り戻せるのか 弁護士の見解
小室佳代さん第二の金銭トラブル1600万円「貢いだお金」は取り戻せるのか 弁護士の見解
NEWSポストセブン
国外避難は長期化している(写真/AFP=時事)
ウクライナ避難民女性と日本人身元保証人にトラブル続出 色恋からこじれるケースも
週刊ポスト