芸能

『鎌倉殿の13人』未発表キャスト「絶世美女」「宿敵」役に挙がる本命俳優

NHK大河ドラマ『鎌倉殿の13人』の脚本担当は三谷幸喜氏(時事通信フォト)

NHK大河ドラマ『鎌倉殿の13人』の脚本担当は三谷幸喜氏(時事通信フォト)

 NHK大河ドラマ『鎌倉殿の13人』が好調だ。1月23日放送の第3回の視聴率は前回比1.5%アップの16.2%。物語はまだまだ序盤だが、熱心な視聴者たちは“ある話題”で盛り上がっている。

「現時点での未発表キャストの予想です。大河ドラマ恒例のお楽しみですが、今回は複数の重要キャラの配役が未発表。ドラマのチーフプロデューサーも『あっと驚くキャストが控えている』と公言しており、注目度は高い」(芸能誌記者)

 まずはタイトルにもなっている『13人』の家臣団のうち、頼朝の側近を務める中原親能など4人の未発表キャストについて。ドラマ評論家の田幸和歌子氏が語る。

「脚本の三谷幸喜氏が過去に手がけた大河ドラマ『新選組!』(2004年)で主演を務めた香取慎吾(45)が有力候補です。昨年の大河『青天を衝け』で同じ元SMAPの草なぎ剛(47)が出演し、好評を得たことも後押しするはず。また、三谷作品の常連である筒井道隆(50)や小日向文世(68)も可能性はあるでしょう」

 菅田将暉(28)演じる源義経の相手役、静御前の配役にも注目が集まる。

 愛する義経のために舞を披露したことが有名な、絶世の美女という役どころで、SNSでは浜辺美波(21)や永野芽郁(22)の名前が挙がるなか、田幸氏はこう話す。

「個人的な予想ですが、本命は土屋太鳳(26)だと思います。朝ドラ『まれ』(2015年)で主演を務めており、日本女子体育大学で舞踊学を専攻していた。2016年の紅白歌合戦では裸足でキレのあるダンスを披露していますし、舞の得意な美女という設定にハマります」

 小栗旬(39)演じる主人公・北条義時と承久の乱で対立する後鳥羽上皇のキャストには大物俳優が予想される。

「後鳥羽上皇は北条家にとっての最大の敵。三谷脚本の大河『真田丸』(2016年)で主演を務めた堺雅人(48)が演じれば話題性は抜群でしょう。ただ、私の見立てでは野村萬斎(55)なのではないかと。『鎌倉殿』では坂東彌十郎(65)や片岡愛之助(49)などの歌舞伎役者が多くキャスティングされ、好演で評価されています。同じ伝統芸能枠として野村さんは収まりがいい」(田幸氏)

 主役を食う脇役たちが、出番を待っている。

※週刊ポスト2022年2月11日号

関連キーワード

関連記事

トピックス

最近は工場勤務だった山上容疑者(中学生の頃の容疑者。卒業アルバムより)
山上徹也容疑者の母親は会見で何を語るのか 伯父の家を出て「大阪の支援者」のもとで過ごす今
NEWSポストセブン
「安倍氏の後継者にふさわしい人物は誰か」というテーマで識者26人にアンケート(写真は萩生田光一氏/時事通信フォト)
【緊急アンケート】安倍晋三氏の後継者 1位・萩生田光一氏、2位・高市早苗氏
週刊ポスト
起用でも二転三転が目立ち、ファンから戸惑いの声(時事通信フォト)
最下位低迷の中日 立浪和義監督の采配に「目指す野球の方向性が見えない」の指摘
NEWSポストセブン
語学力抜群の小島瑠璃子
小島瑠璃子が中国留学を発表 語学レベルは「北京・清華大学も射程圏内」の驚異
NEWSポストセブン
渋野日向子
渋野日向子「調子の波、大きすぎ?」 予選落ち連発から全英3位で、スイング改造の是非に議論再燃
NEWSポストセブン
戸田さんを『地獄の黙示録』の字幕翻訳に抜擢してコッポラ監督とは長く親交が続く(時事通信フォト)
字幕翻訳家・戸田奈津子さん 根底にある「自分のことは自分で決める」という哲学
女性セブン
日本テレビの浦野モモアナに期待が集まる
ポスト水卜麻美アナに急浮上 日テレ2年目・浦野モモアナ、特技は「大食い」
週刊ポスト
姉妹でCMギャラに差も?(左から広瀬アリス、広瀬すず/時事通信フォト)
広瀬アリス・すず、上白石萌音・萌歌 妹のほうが“CMギャラが高い”理由
週刊ポスト
幹部補佐になっていた
「好きで好きで仕方なかったから」刺されたホスト、歌舞伎町で「幹部補佐」に昇進していた
NEWSポストセブン
松本若菜の姿を目撃
ブレイク女優の松本若菜「圧倒的美スタイル」と「意外な私服」に六本木が揺れた夜
NEWSポストセブン
中林大樹の姿を目撃
竹内結子さん三回忌 中林大樹が子供のために決断、家族3人新生活は「海辺の街」で
女性セブン
松田聖子を目撃
松田聖子、沙也加さんの初盆に“もう1つの遺言”と「新しいお墓」への願い
女性セブン