ライフ

升毅が教える! 日本酒にピッタリのいか大根&ゲソのワタ焼きレシピ

余すところなく使って日本酒の肴に「いか大根/ゲソのワタ焼き」

余すところなく使って日本酒の肴に「いか大根/ゲソのワタ焼き」

『週刊ポスト』の連載「居酒屋ますや」で、大将をつとめる俳優・升毅。自宅マンションの隣室を借りて、仲間たちと芝居の話をしながら酒が呑める『居酒屋ますや』を月2ほどで開催する料理好きだ。そんな升が、日本酒の肴にピッタリな「いか大根」と「ゲソのワタ焼き」のレシピを紹介する。

「いか大根は、和食が得意だった母がよく作ってくれた思い出の味。落としぶたをして煮込むことで、いかの旨味が大根に染みて、こっくりとした煮物に仕上がります。一杯のいかを無駄なく使いたいので、ゲソのワタ焼きも作りましょう。さっと炒めるだけで手軽にでき、バターとワタのコクがたまりません。2品とも日本酒との相性バッチリです」(升)

『いか大根』

■材料(2人分)
大根…1/4本(400g程度)、するめいか…1杯(胴とエンペラ)、水…500ml、しょうが…1かけ
A[酒…大さじ3、みりん…大さじ3、しょうゆ…大さじ3、顆粒だし…小さじ2、ゆずの皮…適宜、一味とうがらし…適宜]

■作り方
【1】大根は皮をむいて2cm幅の輪切りにし、四つ割りにする。
【2】するめいかはワタ(内臓)とゲソ(足)を引き抜く。胴は内側にある軟骨を引き抜いて洗い、2cm幅の輪切り。エンペラ(三角形の部分)は食べやすい大きさに切る。ゲソはワタ焼き用にとっておく。
【3】鍋に水を入れ、【1】を10分程茹でる。
【4】薄切りにしたしょうが、A、胴とエンペラを加える。落としぶたをし、弱火で20分程煮る。(一度冷まし、食べる際に温め直すと中まで味が染みる)
【5】器に盛りつけてゆずの皮のせん切りを散らし、お好みで一味とうがらしをふる。

『ゲソのワタ焼き』

■材料(1人分)
するめいか…1杯(ゲソとワタ)、バター…10g

■作り方
【1】引き抜いたゲソとワタは、目の上あたりでワタを切り離す。
【2】ゲソは包丁で両目をそぎとり、ゲソの裏側から指を入れて中央にあるトンビ(くちばし)を押し出して取り除き、ぶつ切りにする。
【3】フライパンにバターを熱し、【2】を入れて中火で炒める。
【4】火が通ったら、フライパン上で【1】のワタを手で絞り出して加え、炒め合わせて完成。

【プロフィール】
升毅(ます・たけし)/1955年生まれ。東京都出身。近畿大学在学中に演劇を始め、1985年に演劇ユニット「賣名行為」を結成。1991~2002年は劇団「MOTHER」を主宰した。1995年に上京し、映画『八重子のハミング』(2017年)など出演作多数。

YouTubeで動画公開中。
https://www.youtube.com/channel/UC-DmGAqCEZMypBwgMncP1tQ

撮影/阿部吉泰

※週刊ポスト2022年2月11日号

関連キーワード

関連記事

トピックス

盗難被害を告白した木下
TKO木下隆行がベトナムで270万円の盗難被害、防犯カメラにおさめられた悪質手口の一部始終
NEWSポストセブン
コンサート終了後、ファンとのやりとりを楽しんだマッキー
槇原敬之「胸を張って槇原ファンを名乗れなくさせてしまった」涙と感謝の再始動
NEWSポストセブン
メディアの前に久しぶりに姿を現したブラザートム(撮影/黒石あみ)
ブラザートムが不倫騒動・事務所独立からの今を語る「娘にはよくハガキを書いてあげるんです」
NEWSポストセブン
元TBSアナウンサーの林みなほ(オフィシャルサイトより)
元TBS・林みなほアナ離婚、インスタで匂わせていた「貧乳源一郎」との別れ
NEWSポストセブン
高橋真麻
高橋真麻「おでんの卵8個食べても太らない」女性が憧れる美スタイルの理由
NEWSポストセブン
眞子さまの箱根旅行のお姿。耳には目立つイヤリングも(2018年)
小室圭さんの妻・眞子さん 華やかだった4年前の「箱根・女子旅ファッション」
NEWSポストセブン
「タレントパワーランキング」で公表された「F1層(20~34歳女性)に人気のタレントランキング」(2021年11月調査)で堂々の1位を獲得
戸田恵梨香、ファン歓喜の「仕事復帰」 夜の路上で輝いたクールビューティー
NEWSポストセブン
小室圭さんと眞子さん
小室圭さん妻・眞子さんがNYで行きつけのスーパーから見えてきた“妻の気遣い”「日本でいえば『成城石井』」 
NEWSポストセブン
乗馬シーン撮影のため、俳優はどのような指導を受けているのか
大河ドラマに欠かせない乗馬シーン 堺雅人も小栗旬も松本潤も1年前から練習
週刊ポスト
ご体調への不安が募る(写真/JMPA)
雅子さまと愛子さま、“ポツンと一軒家”の孤独感 閉ざされた御所での巣ごもり生活
女性セブン
小泉孝太郎 炎上必至の「古風な結婚感」明かすもバッシングされなかった理由
小泉孝太郎 炎上必至の「古風な結婚感」明かすもバッシングされなかった理由
NEWSポストセブン
結婚し、日本メディアが情報をキャッチしづらいNYで、デイリーメールが追跡取材(写真/JMPA)
小室圭さん・眞子さん夫婦が「離婚で終わったとしても…」英デイリー・メールが報じた「茨の道」
NEWSポストセブン