芸能

映画『るろうに剣心』実写だから描けた「ランダムな血しぶきの動き」

VFXディレクターの白石哲也氏(撮影/藤岡雅樹)

VFXディレクターの白石哲也氏(撮影/藤岡雅樹)

 2021年に公開された映画『るろうに剣心 最終章 The Beginning』(大友啓史監督)における「血しぶき」の創作秘話を、時代劇研究家の春日太一氏がVFXディレクターの白石哲也氏に聞くシリーズ。

 同作の決闘シーンにおける血しぶきは時代劇史上でも屈指の美しさだったが、それは何パターンもの「噴き出る血」の実写素材を撮影し、それを後で各シーンに合成する──という、アナログ的な手法によって作られていた(全3回の第2回。第1回は【映画『るろうに剣心』衝撃の血しぶきシーンはどう作られたか】。本稿は作品の展開に関して明らかにしている内容が含まれています)。

 * * *
白石:血を足すということにおいては、ゼロから3DCGで作ることもできます。ただ、実際に斬られて血が出る──その重力とか噴き出し方とかは実際に飛ばしてみて、それにライトを当てて、そのシーンの雰囲気に合うように撮るのが一番クオリティが高いですし、コストもかからないんです。

 ゼロからやると、シミュレーションして試行錯誤しているうちに時間がどんどん経ってしまう。それで上手くいけばいいんですが、それでリアルに見えなくなることが一番怖いわけです。大爆発シーンなどはCGでないと難しい場合も多いですが、その時の煙とか火の粉とかは実際に撮ったものを使った方がいい。噴き出す血も同じです。

――たしかに、それらは人間の予想できないランダムな動きをしますからね。

白石:CGで作るとどうしても動きをこちらでコントロールすることになるので、ランダムな動きの綺麗さとかリアルさがなかなか出しにくいんですよね。

──「雪の上を血が流れる」という描写も印象的でしたが、あれも素材を撮ったのでしょうか。

白石:雪の上を血が流れていく場合、単純に壁とか床とかの平面に血を垂らして撮っても「雪に染み込んだ血」という表現ができないと思いました。それで、雪っぽい質感の素材を敷いた上から血を流しています。

――雪の中に染みていくこともあるわけですからね。血の流れも、やはりランダムということになる。

白石:雪には凹凸感があるので、そこを通ることによって血の表情も変わっていきます。その辺のリアリティは求めましたね。何もない平坦なところに血を流しちゃうと、そういう微妙な細かい表現が出なくて。

関連記事

トピックス

精力的に公務に向き合っている佳子さま(時事通信フォト)
佳子さま「お忍び愛報道」に、宮内庁関係者「警備は十分だったのか」と心配する声
NEWSポストセブン
あびるが“母”と慕った和田アキ子は何を思う
あびる優の第2子出産「絶対に知られてはいけない」極秘に進めたレギュラー番組欠席とインスタ工作
NEWSポストセブン
有村架純(プロフィール写真)
人気女優CMギャラリスト 『あまちゃん』出身・有村架純は8年前から4000万円増、のんは“算定不能”で分かれた明暗
NEWSポストセブン
帰国することとなるのか…
小室圭さん、3回目不合格なら日本の法律事務所復帰も 帰国を望まない眞子さんとのすれ違い
女性セブン
X社が開発を進める宮古島の土地。1200坪は東京ドームと同じ広さだ
大野智、宮古島巨大リゾートビジネス 信頼を寄せるパートナーとの関係に周囲の心配
女性セブン
極秘出産していたことでさまざまな意見が飛び交っている
【先出し全文公開】あびる優、極秘出産の内幕 前夫の才賀紀左衛門には知らせず「独身フリー、やっぱり楽だよ」
女性セブン
羽生結弦、YouTube練習生配信で会場にファン詰めかけるトラブル マナー悪化に懸念
羽生結弦、YouTube練習生配信で会場にファン詰めかけるトラブル マナー悪化に懸念
女性セブン
(時事通信フォト)
安倍元首相の国葬に思うこと 60代女性記者が改めて考える「美しい国、日本」
女性セブン
ロコモコ丼もペロリとたいらげるという桐谷
桐谷美玲 ”ロコモコ丼2人前をペロリ”子育てと仕事の両立を支える「旺盛すぎる食欲」
NEWSポストセブン
東海オンエアのてつや・きりたんぽ・峯岸みなみ(写真/時事通信フォト)
峯岸みなみが結婚報告、お相手・東海オンエアてつやとの「キス動画」流出で活動休止のきりたんぽにさらなる同情が集まった理由
NEWSポストセブン
勤務するオフィスに向かう小室圭さん
小室圭さん、すでに「年収1600万円超え」報道の背景 転職サイト給与情報の“罠”
NEWSポストセブン
平手友梨奈と竹内涼真
平手友梨奈の演技に竹内涼真が気遣い 『六本木クラス』撮影現場の和気あいあい
NEWSポストセブン