悲劇の結末を彩る悲壮美に満ちていた

悲劇の結末を彩る悲壮美に満ちていた

――その場合の血の色も難しいですよね。赤過ぎると嘘っぽくなったり、残酷になったりします。本作では少し黒味が入り、雪とのコントラストが抜群でした。

白石:鮮血といいますか、「赤い血」の方向には作らないようにしました。ちょっとどす黒いというか、それが作品全体のトーンにも合っていたので。カットによっては黒く見え過ぎる部分もあるのですが、そういうカットは血の量を増やして「血」だと認識できるようにしたり、明るく見える部分は量を減らして細かいしぶきをメインにするなど、カットによってバランスを調整しました。

 ただ黒くするだけだと陰影がどんどんなくなってしまうので、暗い中でもちゃんとハイライトを入れています。ハイライトがないと、平面的というか乾いた感じになってしまいます。

――血というのは生命感も必要ですからね。

白石:ちゃんと斬られて血が出た、というシズル感といいますか。微妙な差ではあるのですが、生々しさをリアルに追求するためにそこも細かくやりました。

聞き手・文/春日太一(かすが・たいち)/1977年生まれ、東京都出身。映画史・時代劇研究家。

【プロフィール】
白石哲也(しらいし・てつや)/株式会社Spade&Co.VFXディレクター。映画・テレビドラマのVFXを担当。代表作は『るろうに剣心』シリーズほか、『マスカレード・ホテル』『孤狼の血』『全裸監督』ほか多数。

※週刊ポスト2022年2月11日

関連記事

トピックス

スポンサー企業とのアンバサダー契約が解除された形になった安藤美姫(共同通信)
《16歳教え子と手つなぎ報道で異変》安藤美姫、スポンサーのサイトから顔写真が消えた アンバサダー契約の企業は「契約期間満了でした」と回答
NEWSポストセブン
「日本学士院賞」の授賞式に登壇された雅子さま(撮影/雑誌協会代表取材)
天皇皇后両陛下、飽くなき“学びのお心” 日本学士院賞授賞式に登壇、「どういう資料を?」専門家に熱心にご質問
女性セブン
『GO HOME~警視庁身元不明人相談室~』(日本テレビ系)で主演を務める小芝風花(撮影/槇野翔太)
「27歳の今が踏ん張り時です」小芝風花が語った“役者キャリアの正念場”
NEWSポストセブン
物議を醸した谷藤さんの「下着着替え」のアンサー動画
《チー牛さんは黙ってて》古着店の“下着から着替え動画”が物議 女性スタッフが明かした“見せる理由”「カルバン・クラインからお礼のメッセージが」
NEWSポストセブン
傷害と傷害致死で逮捕された野中千宙容疑者
《0歳児 暴行死》逮捕の26歳ママは夜に夫と二人きりで出かけ… 児相が保護、「赤ちゃんと暮らしたい」と引き取ったのに「殴って床に投げた」鬼母の所業
NEWSポストセブン
中村芝翫と三田寛子
《中村芝翫の“ハシゴ不倫”》三田寛子が築いた“父親ファーストの家族像”「お父さんだけおかずが豪華で…」スキャンダル後に長男が見せていた“母への気遣い”
NEWSポストセブン
『旅サラダ』卒業でレギュラーがなくなる名優の今後や“パートナー”が注目される
神田正輝、『旅サラダ』卒業でテレビ出演ゼロとなり“自由で穏やかな日々”へ パートナーとは同居せず“お互いの生活を尊重”
女性セブン
ニュージーランド戦を訪れた広瀬すず。日本は勝利
【バスケ界の“勝利の女神”】広瀬すずが日本代表戦を観戦 ドレスにバスケシューズのコーデで登場、選手と記念撮影も
女性セブン
伊藤英明の育メン姿が目撃された
伊藤英明、毎朝満員電車で愛娘と登園するイクメンの顔 ママチャリで疾走する姿も近所の評判、アメリカ移住で深まった家族の絆
女性セブン
新居を売却
《フジ、日テレの新居報道騒動が新展開》大谷翔平、ロスの「12億円豪邸」を売却の意向「もうあそこには住めない」と怒りの決断か
女性セブン
“ハシゴ不倫”の芝翫と妻・三田寛子
《三田寛子は達観》中村芝翫「家族揃っての親睦会」から「愛人の誕生日パーティー出席」の“ハシゴ不倫” 「周囲を警戒しながら、いそいそと邸宅へ…」
NEWSポストセブン
『朝だ!生です旅サラダ』を卒業する神田正輝(『下町ロケット』インスタグラムより)
《不測の事態に備える現場》神田正輝『旅サラダ』卒業の舞台裏「トーク中に突然倒れないか」番組サイドの“体調危惧”ともう1つの理由
NEWSポストセブン