ライフ

藤井竜王と渡辺名人は食べすぎ? 棋士のすごすぎる“消費カロリー”

対局中の消費カロリーはどれくらい?(写真/共同通信社)

対局中の消費カロリーはどれくらい?(写真/共同通信社)

 1月29日・30日に第三局を迎えた第71期ALSOK杯王将戦。挑戦者の藤井聡太竜王(19)とタイトル防衛を目指す渡辺明名人(37)が鎬を削る。近年、棋士が対局中に食べる「将棋めし」がファンの注目を集めているが、第三局の2日目は2人とも与一和牛のビーフカレーを選んだ。ただ、渡辺名人は「サラダ抜きの大盛り」を注文。“ちょっと食べすぎで眠くなるのでは?”と思えてしまう。

 そんな疑問に「渡辺名人のチョイスは理に適っている」とするのは、管理栄養士でトップアスリートの栄養スタッフを務める川端理香氏だ。

「脳を活性化させるのに必要な栄養素である糖質の多いカレーと、食物繊維の多いサラダを組み合わせて食べると、血糖値の上がり方が緩やかになります。ダイエット中などであればこの食べ方は適切ですが、対局中のように脳に素早くエネルギーが必要な場合はサラダを抜いて正解です。身体全体がエネルギーを吸収できるので、疲労回復効果も期待できます。

 お二人の他の日の食事を見ると、ご飯と一緒にうなぎやトンカツなどを食べるケースも目立ちます。この2つに多く含まれるビタミンB1は、糖質を燃やしてエネルギーに変えるのに必要な栄養素で、合理的と言えます」

 とはいえ、午後にはおやつも頼むのだから、食べすぎではないのか。

「棋士は対局を終えると体重が2~3キロ減少する、という話も聞きます。これはアスリートに置き換えると、プロのサッカー選手が炎天下の中、水分をあまり摂取せずに2時間ほど練習した場合と同程度の体重の減り方です。対局はそれくらい過酷な戦いと言えるでしょう」(川端氏)

 身体を動かしているわけではないのに体重が減る理由についてこう話す。

「過度な集中によって呼吸数が上がることや、緊張からくるストレスによってエネルギーが消費されていると考えられます。

 寒い時は平熱を保つために身体は熱を作り出そうとし、代謝が上がります。それと同じように将棋に集中できる身体を維持するために、エネルギーを使っているのではないか」(川端氏)

 第三局を制した藤井竜王は、タイトル獲得に王手をかけた。大一番の次局では、指し手とともに箸の進み具合にも注目だ。

※週刊ポスト2022年2月18・25日号

関連記事

トピックス

STAP細胞騒動から10年
【全文公開】STAP細胞騒動の小保方晴子さん、昨年ひそかに結婚していた お相手は同い年の「最大の理解者」
女性セブン
水原一平容疑者は現在どこにいるのだろうか(時事通信フォト)
大谷翔平に“口裏合わせ”懇願で水原一平容疑者への同情論は消滅 それでもくすぶるネットの「大谷批判」の根拠
NEWSポストセブン
大久保佳代子 都内一等地に1億5000万円近くのマンション購入、同居相手は誰か 本人は「50才になってからモテてる」と実感
大久保佳代子 都内一等地に1億5000万円近くのマンション購入、同居相手は誰か 本人は「50才になってからモテてる」と実感
女性セブン
宗田理先生
《『ぼくらの七日間戦争』宗田理さん95歳死去》10日前、最期のインタビューで語っていたこと「戦争反対」の信念
NEWSポストセブン
焼損遺体遺棄を受けて、栃木県警の捜査一課が捜査を進めている
「両手には結束バンド、顔には粘着テープが……」「電波も届かない山奥」栃木県・全身焼損死体遺棄 第一発見者は「マネキンのようなものが燃えている」
NEWSポストセブン
ドジャース・大谷翔平選手、元通訳の水原一平容疑者
《真美子さんを守る》水原一平氏の“最後の悪あがき”を拒否した大谷翔平 直前に見せていた「ホテルでの覚悟溢れる行動」
NEWSポストセブン
ムキムキボディを披露した藤澤五月(Xより)
《ムキムキ筋肉美に思わぬ誤算》グラビア依頼殺到のロコ・ソラーレ藤澤五月選手「すべてお断り」の決断背景
NEWSポストセブン
(写真/時事通信フォト)
大谷翔平はプライベートな通信記録まで捜査当局に調べられたか 水原一平容疑者の“あまりにも罪深い”裏切り行為
NEWSポストセブン
逮捕された十枝内容疑者
《青森県七戸町で死体遺棄》愛車は「赤いチェイサー」逮捕の運送会社代表、親戚で愛人関係にある女性らと元従業員を……近隣住民が感じた「殺意」
NEWSポストセブン
大谷翔平を待ち受ける試練(Getty Images)
【全文公開】大谷翔平、ハワイで計画する25億円リゾート別荘は“規格外” 不動産売買を目的とした会社「デコピン社」の役員欄には真美子さんの名前なし
女性セブン
眞子さんと小室氏の今後は(写真は3月、22時を回る頃の2人)
小室圭さん・眞子さん夫妻、新居は“1LDK・40平米”の慎ましさ かつて暮らした秋篠宮邸との激しいギャップ「周囲に相談して決めたとは思えない」の声
女性セブン
いなば食品の社長(時事通信フォト)
いなば食品の入社辞退者が明かした「お詫びの品」はツナ缶 会社は「ボロ家ハラスメント」報道に反論 “給料3万減った”は「事実誤認」 
NEWSポストセブン