ライフ

【書評】松田優作、向田邦子、樹木希林…亡き人の思い出を食と共に語る

『もういちど、あなたと食べたい』著・筒井ともみ

『もういちど、あなたと食べたい』著・筒井ともみ

【書評】『もういちど、あなたと食べたい』/筒井ともみ・著/新潮社/2200円
【書評】川本三郎(評論家)

 巷にあふれる食のエッセイのなかでも本書は希有の面白い魅力を持っている。いまは亡き人の思い出を食と共に語る。あの大事な先輩たちと何を食べたか。おいしい食事と共にいまも忘れられない故人を偲ぶ。食と死が優しく溶け合い、食の書であると同時に、思いのこもったみごとな追悼記になっている。

 映画「それから」「失楽園」「阿修羅のごとく」、テレビドラマ「小石川の家」「センセイの鞄」などで知られる脚本家が、これまで一緒に仕事をしてきた、また人生で教えられることの多かった先輩や同世代の友人たちを食と共に思い出してゆく。

 食と死が合わさっている。こういう食の本は珍しい。食(生きる)とは死とつながるかけがえのない儀式なのだと思い知らされる。加藤治子と食べた蕎麦がき(おかちん)、松田優作と共にしたにぎり寿司、深作欣二が好きだったキムチ鍋、北林谷栄に振舞われた宅配のピザ、和田勉と松本清張と緊張しながら食したもずく雑炊。

 次々においしそうな食と、それで思い出される先輩たちのことが語られてゆく。食のエッセイであると同時にみごとな人物スケッチになっている。打合わせで、松田優作は端的にいう。「仕事の話だ。モノは漱石の『それから』。森田(芳光)が撮って、俺が出る」。うーん、みごと。無駄がない。その松田優作が寿司をつまむ指が美しい。

 一方、「それから」を監督する森田芳光は会った瞬間にいう。「明治は新しい」。これもうなる。著者の名付親だった名撮影監督宮島義勇(「人間の條件」)、心の師と慕った脚本家、野上龍雄、いい先人たちに恵まれている。さらに同時代を生きた向田邦子、樹木希林、あるいは佐野洋子。

 すぐれた人との交流に羨しくなる。まさに才能は才能が知る。伯父は名優の信欣三。伯母は名女優といわれながら心を病んでしまった赤木蘭子。両親は著者が子供の頃に離婚した。家族のことを語る終章が泣かせる。

※週刊ポスト2022年2月18・25日号

関連キーワード

関連記事

トピックス

逮捕された細谷夫婦
【浅草・4歳女児毒殺妻の“裏の顔”】親子で「ちいかわ」ペアルック外出も、自宅では夫に「お茶を作りに戻れ」「殺せー!」と絶叫
NEWSポストセブン
渦中の万木議員と中川議員
《滋賀・車中での不適切行為裁判に判決》男性市議に提訴された女性市議が敗訴 決め手となった「写真」の存在【双方直撃】
NEWSポストセブン
ピエール瀧と伊勢谷友介
伊勢谷友介とピエール瀧が同日に“事件後初の舞台挨拶”登場 薬物事件からの復帰に待ち受ける「茨の道」
NEWSポストセブン
『ブギウギ』で田中麗奈が演じる“ラクチョウのおミネ”に注目(Imaginechina/時事)
朝ドラ『ブギウギ』で田中麗奈が熱演する「ラクチョウのおミネ」 モデルは“ラクチョウのお米”で100人以上の女性のまとめ役だった
週刊ポスト
石丸伸二市長
【恥を知れ、恥を!】安芸高田市長、議会での古参議員との激しい対立を公開して話題 結果的に財政を潤わせる見事な手腕
女性セブン
広末涼子と鳥羽周作氏
広末涼子、個人事務所設立で期待高まる俳優復帰 懸念材料は交際中・鳥羽周作氏の「炎上体質」か
NEWSポストセブン
阿部慎之助・新監督は菅野智之をどう起用するか
【巨人に暗雲】大勢の離脱で“ストッパー菅野智之”に現実味 阿部監督は腹を決めて抜擢できるか
週刊ポスト
雅子さま、チャールズ国王のがん公表で訪英プランが不透明に よみがえるのは“エリザベス女王対面できなかった”寂しい記憶
雅子さま、チャールズ国王のがん公表で訪英プランが不透明に よみがえるのは“エリザベス女王対面できなかった”寂しい記憶
女性セブン
かつての“氷上のプリンセス”のデート現場をキャッチ
元フィギュア村主章枝「ビリビリ破れたパンツ」でイケオジと西麻布ワイルドデート
NEWSポストセブン
長谷川京子が恋人と旅行に出かけた
長谷川京子、“大事な人と必ず訪れる大切な場所”タイに6才年下の恋人と旅行 浮かれて突っ走ることはない大人の恋
女性セブン
木村拓哉
【全文公開】近づくSMAP再始動、木村拓哉「準備OK」で中居正広も決断か 意外なキーマンは二宮和也
女性セブン
火鍋をしていた綾瀬はるか
【火鍋パーティーをキャッチ】綾瀬はるか、高級中華料理店で“塩”へのこだわりを力説 「ここは私に任せて」と会計を全額支払う
女性セブン