ライフ

慶大教授が告白「早くやっておくべきだった」全身脱毛で人生変わる

慶應大学経済学部教授の坂井豊貴氏

慶應大学経済学部教授の坂井豊貴氏

 経済学を専門とする有名学者が目下、取り組んでいるテーマが「脱毛」。人生が変わったと話す脱毛の効果とは──。

 * * *
「テレビ出演や、取材で写真を撮ってもらう度に自分の顔を見るわけですが、顎周りが青くなっているのが嫌で嫌で。とくに最近はコロナ禍でリモート会議も増えて、自分の顔を見る機会がますます増えた。その度に“青いな。汚いな”と思うので、いっそ全部抜いてしまうことにしたんです」

 こう話すのは、慶應大学経済学部教授の坂井豊貴氏(46)。読売新聞、朝日新聞の書評委員を歴任し、代表著書『多数決を疑う』(岩波新書)は高校の国語教科書にも載る。その他、多くの著書が各国で翻訳されており、テレビのコメンテーターとしても活動している。

 そんな坂井氏がヒゲ脱毛に挑んだのは昨年春のことだった。

「40代になると一層ヒゲが濃くなって、この10年くらいはヒゲを剃るのが面倒でたまらなかったんです。日々、忙しくしているなかで、ヒゲ剃りにかかる7~8分の時間は無駄だと思っていました。カミソリの替え刃費用もバカにならないですからね」(坂井氏)

 ヒゲ脱毛を決意した坂井氏は、全国のクリニックをつぶさに調べた末、大手美容クリニックAを受診した。

「なかなか費用について明示しないクリニックもあったなか、Aは明朗会計だったことに加え、『痛いですか?』と質問したら『それなりに痛いです』と正直に答えてくれた。ここなら信頼できると感じました」(同前)

 脱毛には大きく分けて、レーザー脱毛器を使って医師が行なう「医療脱毛」と、エステティシャンなどが光脱毛器などを用いて施術する「美容脱毛」がある。坂井氏が選んだのは前者で、長期的な減毛効果が期待できることから「永久脱毛」とも呼ばれる。費用は1セット6回で6万円だった。

 坂井氏は脱毛の経過について、自身のツイッターで、〈痛みの質感は、小さな花火をバシュッと毛穴に当てられる感じ。最初びっくりした〉〈一回目は涙がにじむほど痛かったが、施術から二週間くらいすると、見て分かるほど薄くなった〉などと詳細に報告。それが話題を呼び、時にはフォロワーから〈ビフォーとアフターと途中経過の写真見たいです!〉という書き込みも見られた。

「1回の施術は10分程度。僕の場合は1セット(6回)を終えて顎の青みがなくなった。毎朝のヒゲ剃りの煩わしさから解放され、快適そのものです。人生が変わりましたね。もっと早くやっておけば良かった」

 スッキリと白いあごを撫でながら、嬉しそうにこう語る坂井氏。しばらく間を置いてから2セット目の施術を受け始める予定だという。計12回の施術で、坂井氏のヒゲ脱毛は終了となる。

関連記事

トピックス

宇内アナと交際相手の男性
《腕組みラブラブ姿も》TBS宇内梨紗アナ、慶応卒「外資系イケメン」と半同棲&デート現場
NEWSポストセブン
牛丼を片手に、仲睦まじく歩く小出と女性
【独占ツーショット写真】小出恵介、30代セレブ美女とNYで結婚、夫婦でペットシッター業も開始
女性セブン
千鳥ノブがオークションで5時間も品定め
千鳥ノブ、アートに高い関心 現代アートのオークションに参加し5時間近く品定め
女性セブン
ガルバサムネ
【「お尻が見える」で有名に】13歳女子中学生に接客させて逮捕されたガールズバー経営者は「未成年集めるプロ」だった
NEWSポストセブン
問題となった動画(SNSより)
【独占続報】スシロー湯呑みペロペロ少年が高校を自主退学 近所では「畑仕事の手伝いもしてくれる素直な子」
女性セブン
渋谷容疑者と妻(2006年に行われた会見)
《逮捕の一夫多妻男》女性9人・子供3人の「生活費」はどうなっていた? 供出金1人8万円、マインドコントロールの末
NEWSポストセブン
グラミー賞を受賞した宅見将典さん。(c)getty images 、撮影・Benjo Arwas
宅見将典さんグラミー賞を西城秀樹さんの妻も祝福「心より誇らしく感涙してしまいました」
NEWSポストセブン
「ムカつくしね」ともコメント(YouTubeより。現在は削除済み)
「ムカつくしね」人気YouTuberが酷評したうどん店の店主80代女性が明かした謝罪の裏側
NEWSポストセブン
甘だれに醤油を入れる女性(SNSより)
【若い女性が調味料混入】スシローで今度は「甘ダレウィズソイソース」騒動 迷惑動画相次ぐ“TikTokとインスタの闇”
NEWSポストセブン
芸能界復帰へ期待の声が上がるほしのあき
ほしのあき“奇跡の45歳”でグラビア復帰へ期待の声 ママタレとしても高いニーズか
NEWSポストセブン
車で戻ってきた渋谷容疑者と女性(2006年1月撮影)
《一夫多妻男の手口》真っ暗な部屋でマインドコントロール、黒頭巾かぶり「性行為するしかない」「地獄から救う」
NEWSポストセブン
和久田麻由子アナ
和久田真由子アナ「4月復帰」は異例の早さ 昨年のNHKアナ「101人大異動」が影響か
NEWSポストセブン