2022年元日の「毎日新聞」

2022年元日の「毎日新聞」

 読者に取材テーマを求めるやり方で先行しているのは地方紙だ。

 その先駆けが西日本新聞(本社・福岡市)が2018年にスタートさせた『あなたの特命取材班』だ。専用の投稿サイトやLINEなどで調査依頼を受け付け、記者が取材して記事にすることから「オンデマンド調査報道」とも呼ばれ、同社は現在、他の地方紙やテレビ局などのローカルメディア31媒体と協定を結び、記事を共有している。独自に始めた地方紙も多い。

 元朝日新聞記者でメディア・ジャーナリズム論の平和博・桜美林大学教授が語る。

「これまでの新聞報道はニュースを空からばらまくように一方通行で提供してきた。が、スマホが普及したネット社会では通用しません。何か事件や事故が起きた場合、現場に居合わせた中学生でも写真を撮影して配信したり、ツイートをしたりしただけでニュースを発信できる。新聞記者やカメラマンが後から現場に行っても太刀打ちできない。メディアと読者が同じ立場になっている。

 そうしたメディア環境だからこそ、読者から暮らしの疑問、地域の困り事、行政・企業の不正告発まで情報提供や調査依頼を受け、新聞記者がプロの取材力で記事にするという、双方向の取り組みが意味を持ってくる。地域との結びつきが強い地方紙だからこの新しい“サービスとしてのニュース”が生まれてきた」

 読者参加型の記事だけでなく、福井新聞では、社会部の記者4人が町おこしに参加し、その取り組みを連載している。

※週刊ポスト2022年2月18・25日号

関連記事

トピックス

名古屋・錦に帰ってきたエンリケ
【本人激白】古巣・名古屋に戻った“伝説のキャバ嬢”エンリケ「無銭飲食事件」から「再婚願望」までのすべて
NEWSポストセブン
NHK退職が明らかになった武田真一アナ
NHK武田真一アナ起用報道で南キャン・山里亮太の損得勘定 スッキリ後番組への期待と不安
NEWSポストセブン
三田寛子
三田寛子、本番15分前の「緊急代役」オファーを快諾 神対応の背景に“家計の危機”
女性セブン
「将棋界の異端児」元プロ棋士が元妻誹謗中傷で逮捕 知人に見せていた「妻への執着」
「将棋界の異端児」元プロ棋士が元妻誹謗中傷で逮捕 知人に見せていた「妻への執着」
NEWSポストセブン
立浪監督がいきなり「NO」をつきつけた(時事通信フォト)
WBC目前に中日・高橋宏斗が山本由伸流にフォーム改造 「立浪監督の苦言」に賛否両論の声
NEWSポストセブン
女大鼠(松本まりか)
『どうする家康』で“エリートくのいち”演じる松本まりか 違和感のある髪型が表すもの
週刊ポスト
綾瀬はるかと大泉洋
綾瀬はるか、多忙な中でのトレーニング 秘密兵器は「黒酢大根」、弁当に入れて現場持参も
女性セブン
問題となった動画(SNSより)
スシロー「湯呑みペロペロ」騒動 被害受けた店が新たな「寿司つんつん対策」を導入
NEWSポストセブン
カラオケ店内で火炎放射する男性
【「やったれ!」でスプレー火炎放射】「カラオケまねきねこ」店内での迷惑行為動画に批判殺到 運営元は「警察にも相談済み」
NEWSポストセブン
冬のNYの眞子さん
小室眞子さん、渡米1年で深まる秋篠宮ご夫妻との溝 状況打破のために登用された「元客室乗務員」
女性セブン
(写真/GettyImages)
花粉症の薬、安易に服用し続けることのリスク「急に乱暴に」「認知機能低下」の例も
女性セブン
テレビ出演見合わせが続く三浦瑠麗氏(時事通信フォト)
テレビ出演見合わせが続く三浦瑠麗氏 上から目線の発言やインスタ投稿にみる下方比較の匂い
NEWSポストセブン