ビジネス

大手新聞デジタル部門に異動した記者 50代でエクセル・パワポ講習の悲哀

異動先で待っていたのは…(イメージ)

異動先で待っていたのは…(イメージ)

 Netflixの連続ドラマ『新聞記者』は、米倉涼子演じるエース記者が政府の公文書改竄事件を舞台に権力の闇に迫る物語だが、当の新聞記者たちからは「いまどきあんな記者、いるわけないよ」とため息も聞こえてくる。

 政治部や社会部の記者といえば、社旗をはためかせた黒塗りのハイヤーを使い、夜討ち朝駆け取材から“合コン”にまで乗り付けるという時代が長かった。現在は、「政治部の番記者や社会部のP担(検察担当)や遊軍はハイヤーを使えるが、台数が減らされているからある程度の必要性がないと使えない」(社会部記者)というが、デジタル部門に異動した中には“ハイヤー乗り放題”時代に現場を担当した50代の元デスククラスもいる。

「異動するとエクセルやパワーポイントの使い方をいちから教わる『ビジネススキル講習』があったり、ウェブ解析士という資格を取らされたり。いかに記者に普通のサラリーマンのスキルがないかがわかってしまう。たまりかねて記者職に出戻った人もいます」(同前)

 デジタル事業とともに加速しているのがイベント事業だ。新聞社の収益の重要な柱となっている。

「広告営業では新聞社のブランドを活かしてスポンサーを募り、イベントをどんどん増やしています。もちろん開催したイベントは記事化する。

 SNSと同様に、読者との双方向に力を入れているため、様々な部署でオンラインイベントなどを乱立させています。上からやみくもに『イベントをやれ』と言われてスポンサーもないなか強行してパンクしたケースもあります」(元社会部記者)

 そうした新聞のデジタル化、読者との双方向化で取材の方法は根本的に変わってきた。「足でネタを拾う」のではなく、SNSを使って読者からネットの気になるネタなど「お題」(読みたいテーマ)を募ってから取材する。朝日の「withnews」や産経の「きっかけ取材班」などが知られる。

関連記事

トピックス

橋本環奈
橋本環奈、熱愛報道から“逃げない姿勢”で好感度アップ 世代問わず支持される理由
NEWSポストセブン
1987年の結成以来、35年にわたって旧統一教会と対峙してきた全国弁連
旧統一教会と対峙する霊感商法対策弁護団の戦いの歴史 転機となった「青春を返せ」訴訟
週刊ポスト
『鎌倉殿の13人』にどんな類似性が?(番組公式HPより)
『鎌倉殿の13人』は実録ヤクザ映画だ 鈴木智彦氏が分析する山口組との類似性
週刊ポスト
話を聞いた男性。ビラを隠すように巻いた
習近平退陣デモを目撃した在日中国人が予言「この運動はあと2週間で終わる」
NEWSポストセブン
まさかの起用も?(時事通信フォト)
崖っぷちの岸田文雄・首相 政権延命のため菅義偉氏を官房長官に起用するプランも
週刊ポスト
日本代表の家族もそれぞれの応援席から必勝を願った(左から真野恵里菜と由布菜月/本人のインスタグラムより)
W杯カタール大会 熱い応援で盛り上げる選手の家族&注目サポーターたち
週刊ポスト
旧統一教会の被害者救済のため献身する全国弁連(時事通信フォト)
旧統一教会を追いつめる弁護団の軌跡 きっかけとなった「200万円の大理石の壺」
週刊ポスト
上海のウルムチ路でデモは起こった
習近平主席への「中国コロナ一揆」ルポ 天安門事件以来となる“全土での抗議活動”に
週刊ポスト
本田圭佑氏の解説が視聴者の心を掴んでいる理由をデータで解析(Getty Images)
「PK!」「ファール!」「イエス!」本田圭佑氏の絶叫回数は松木安太郎氏以上だった
NEWSポストセブン
愛子さま 会見、成年行事…成人を迎えられてからの1年を写真で振り返る
愛子さま 会見、成年行事…成人を迎えられてからの1年を写真で振り返る
女性セブン
1980年代、役者としてデビューしたばかりの渡辺徹さん
《追悼》渡辺徹さんが闘病中、親友の茨城・古河市長に語っていた覚悟「役者は体が弱いと思われると、仕事がこないんだ」
NEWSポストセブン
雅子さま、“見えざる病欠”連発が愛子さまに影響も ご自覚が揺らいでしまう懸念
雅子さま、“見えざる病欠”連発が愛子さまに影響も ご自覚が揺らいでしまう懸念
女性セブン