ビジネス

大手新聞デジタル部門に異動した記者 50代でエクセル・パワポ講習の悲哀

異動先で待っていたのは…(イメージ)

異動先で待っていたのは…(イメージ)

 Netflixの連続ドラマ『新聞記者』は、米倉涼子演じるエース記者が政府の公文書改竄事件を舞台に権力の闇に迫る物語だが、当の新聞記者たちからは「いまどきあんな記者、いるわけないよ」とため息も聞こえてくる。

 政治部や社会部の記者といえば、社旗をはためかせた黒塗りのハイヤーを使い、夜討ち朝駆け取材から“合コン”にまで乗り付けるという時代が長かった。現在は、「政治部の番記者や社会部のP担(検察担当)や遊軍はハイヤーを使えるが、台数が減らされているからある程度の必要性がないと使えない」(社会部記者)というが、デジタル部門に異動した中には“ハイヤー乗り放題”時代に現場を担当した50代の元デスククラスもいる。

「異動するとエクセルやパワーポイントの使い方をいちから教わる『ビジネススキル講習』があったり、ウェブ解析士という資格を取らされたり。いかに記者に普通のサラリーマンのスキルがないかがわかってしまう。たまりかねて記者職に出戻った人もいます」(同前)

 デジタル事業とともに加速しているのがイベント事業だ。新聞社の収益の重要な柱となっている。

「広告営業では新聞社のブランドを活かしてスポンサーを募り、イベントをどんどん増やしています。もちろん開催したイベントは記事化する。

 SNSと同様に、読者との双方向に力を入れているため、様々な部署でオンラインイベントなどを乱立させています。上からやみくもに『イベントをやれ』と言われてスポンサーもないなか強行してパンクしたケースもあります」(元社会部記者)

 そうした新聞のデジタル化、読者との双方向化で取材の方法は根本的に変わってきた。「足でネタを拾う」のではなく、SNSを使って読者からネットの気になるネタなど「お題」(読みたいテーマ)を募ってから取材する。朝日の「withnews」や産経の「きっかけ取材班」などが知られる。

関連記事

トピックス

弘中綾香アナ・田中みな実
弘中綾香アナ、資産15億円社長と結婚で「フリー転身」秒読み 田中みな実との競合は大丈夫か
NEWSポストセブン
ディナーショーを中止した丘みどり
丘みどりディナーショー中止は「秋篠宮家のせい」はデマ 広がる偽情報に名古屋観光ホテル「全く無関係」
NEWSポストセブン
アントニオ猪木へのリスペクトは数え切れない
桑田佳祐も「天皇の執刀医」も熱烈な“猪木信者” 各界のトップたちに燃える闘魂が与えた影響
NEWSポストセブン
工藤静香、2人の娘への“帝王学”「仕事場には電車で」「スタッフの前でも厳しく注意」
工藤静香、2人の娘への“帝王学”「仕事場には電車で」「スタッフの前でも厳しく注意」
女性セブン
互いに認め合い、激動の80年代を駆け抜けたふたり
中森明菜と松田聖子、認め合っていた2人 かつて飛び交った不仲説の真実
週刊ポスト
町田啓太と玄理の熱愛は5年前から
【全文掲載】町田啓太が4才年上国際派女優と“トイプードル同棲” 仕事好調の裏に彼女の支え
女性セブン
2010年3月に行われた円楽さんの襲名披露会見
逝去の三遊亭円楽さん 故・桂歌丸さんが闘病の支えに「呼びにきちゃダメだよって……」
NEWSポストセブン
ノーヘル走行が可能な電動キックボードだが……(イメージ、NurPhoto via AFP)
死亡事故が起きた電動キックボード なぜ「ノーヘルOK」にこだわるのか
NEWSポストセブン
弘中綾香アナ(2019年)
弘中綾香アナ 電撃婚の「資産15億円社長」と育んだ「マンション同フロア恋愛」
NEWSポストセブン
日本を明るく照らしたアントニオ猪木さん
アントニオ猪木さんが「サライを熱唱」し「超能力を披露」した六本木の夜
NEWSポストセブン
両陛下のファッションはイタリアの新聞社から絶賛された(GettyImages)
エリザベス女王国葬、弔意を届けた「喪服姿のトップレディたち」その注目ファッション
女性セブン
逆風だらけの国葬に安倍昭恵さん放心状態 地元山口での「県民葬」も新たな火種に
逆風だらけの国葬に安倍昭恵さん放心状態 地元山口での「県民葬」も新たな火種に
女性セブン