芸能

松山ケンイチ、2拠点生活難しく「単身赴任」 小雪と子供は田舎に残る

(撮影/浅野剛)

小雪と“別居”状態(撮影/浅野剛)

 コロナ禍でリモートワークが普及し、首都圏と田舎の2拠点生活を送る人が増えている。しかし、実際には理想と現実のギャップがあるようだ。

「基本的にはぼくは半々なんですけど、家族は半々は難しくなってきた。だから、いまは単身赴任でやってます」

 2月12日、松山ケンイチ(36才)がラジオ番組『Diamond head ETHICAL WAVE』(J-WAVE)に出演し、現在の生活について語った。松山は2011年に8才年上の小雪(45才)と結婚し、2男1女を授かった。そして、2019年春からは、北日本の雪深い地域にセカンドハウスを構え、家族と共に1年の半分は「田舎」、もう半分は「東京」という「2拠点生活」を送っていると明かしていた。松山の田舎での暮らしぶりを彼の知人はこう語る。

「松山さんの家は山のふもとに建てられていて、近くの畑では農薬や肥料を使わない自然栽培で野菜やりんごを育てている。ニワトリを飼い、スーパーに行くのは2週に一度というほぼ自給自足の暮らしです。庭には何百年も枯れずに家を見守るヒバの木を植えていて、“お試し移住”ではないという本気さを感じます。

 さらに、彼と小雪さんは駆除された鹿の皮が捨てられていることに問題意識を持ち、皮をかばんや靴などに加工するファッションブランド『momiji』を立ち上げた。本当に熱心に取り組んでいますよ」

 田舎でのスローライフと東京での都市生活を両立させるのが松山家の計画だったが、現在、2拠点生活をしているのは松山だけ。小雪や3人の子供たちは田舎に残り、“別居状態”で過ごす期間が増えているという。

小雪と子供たちは田舎で暮らす

小雪と子供たちは田舎で暮らす

 冒頭のラジオ番組で松山は、「ぼくは半分半分で、仕事とのバランスを取りながらやれたらいいなと思っていたんですけど、やっぱり子供の意思とかも尊重していく中で、半々というのは難しくなってきた」と語っている。

「上の子2人は小学生で、区域外就学制度(※小学校のある市区町村以外の場所に住民登録をしている児童でも就学できる制度)を利用してセカンドハウスの近くにある小学校にも通っていました。お友達と離れたくないという思いもあるでしょうし、大人のように“半分半分”というのは難しくなったのでは」(前出・松山の知人)

 理想通りにはいかなかった松山の移住プラン。このまま“単身赴任”を続けるのだろうか。

「彼は子供の成長を近くで見守ることのできない“別居”状態はよくないと考えているようです。今後、拘束時間の長いドラマなどの仕事を避ける可能性もあるかもしれません」(芸能関係者)

 新たな計画の練り直しが必要になりそうだ。

※女性セブン2022年3月10日号

関連キーワード

関連記事

トピックス

公務に邁進されている(6月、東京・港区)
佳子さま「公務に積極的」になられた背景に「皇籍離脱」「結婚」か
女性セブン
今は「芸人部署」に所属している久代萌美アナ
久代萌美、亀井京子アナも 女子アナ獲得の吉本、テレ東のエースアナにも注目
NEWSポストセブン
亜希
亜希 陰から見守る元夫・清原和博と息子達との「父子鷹」
NEWSポストセブン
小室圭さんと眞子さん
小室圭さん妻・眞子さんがNYで行きつけのスーパーから見えてきた“妻の気遣い”「日本でいえば『成城石井』」 
NEWSポストセブン
披露宴での志摩ノ海と元関脇・逆鉾の長女・清香さん(時事通信フォト)
故・逆鉾の長女が結婚で後継者確定も名門・井筒部屋再興への“高いハードル”
週刊ポスト
クルマ、ギター、アート、スケートボードにもこだわる
長瀬智也、英国のバイク誌に登場 悠々自適な暮らしに「所ジョージ化している」の声
女性セブン
最新「地下天気図」
地震活動を予測する最新「地下天気図」 京都、紀伊水道に新たな異常発生か
週刊ポスト
京都の街を歩く舞妓のイメージ(写真/イメージマート)
元舞妓の〈16歳飲酒〉〈お風呂入り〉告発に、花街関係者も衝撃「未成年飲酒には厳しく対応しているはず」
NEWSポストセブン
謎めいたバッグを持つ広末涼子
広末涼子、“破壊力強すぎ”コーデは健在「背中に蜘蛛」私服に続き目撃された「謎バッグ」
NEWSポストセブン
結婚し、日本メディアが情報をキャッチしづらいNYで、デイリーメールが追跡取材(写真/JMPA)
小室圭さん・眞子さん夫婦が「離婚で終わったとしても…」英デイリー・メールが報じた「茨の道」
NEWSポストセブン
選挙活動中に有権者に抱き付かれる女性候補者の様子を再現した動画[内閣府提供](時事通信フォト)
選挙活動で顕在化する「票ハラスメント」 政党や後援会の意向も要因に
NEWSポストセブン
不祥事を理由に落選したはずなのに、比例で復活されては…(左は塚田一郎氏、右は中川郁子氏/写真=共同通信社)
「不倫路チュー」「USBは穴に…」失言・不祥事で落選しても比例復活するゾンビ議員たち
週刊ポスト