小雪一覧

【小雪】に関するニュースを集めたページです。

ヒロインのスズ子を支える「山坂コンビ」(左からメッセンジャー・黒田有、近藤芳正。写真/NHK提供)
【『ブギウギ』山坂コンビ対談】小雪の「自家製差し入れ」、水上恒司の「反省メモ」…近藤芳正と黒田有が明かす舞台裏
 NHKの朝ドラ『ブギウギ』も3月29日で最終話を迎える。見どころのひとつとなっているのが、ヒロイン・スズ子(趣里、33)をすぐそばで一喜一憂しながら支える「山坂コンビ」だ。そんなスズ子のマネージャー・山下…
2024.02.26 10:58
週刊ポスト
小雪演じるトミ(写真/NHK提供)
【ブギウギ】スズ子の“最大の強敵”として立ちはだかる小雪演じるトミ 「今後は2人きりで対峙します」とNHK制作統括が予告
 いよいよ後半戦に突入したNHKの朝ドラ『ブギウギ』。ヒロイン・スズ子(趣里、33)と最強のライバルだったりつ子(菊地凛子、43)がともに戦争の悲しみから歌で再起していく──。その中で、スズ子にとって新たな“…
2024.01.17 11:00
週刊ポスト
『サンクチュアリ─聖域─』で相撲部屋の女将を演じた小雪(時事通信フォト)
ネトフリ『サンクチュアリ』小雪演じる相撲部屋の女将は「宮沢りえのゴシップ」へのオマージュか
 5月4日にネットフリックスで配信された『サンクチュアリ─聖域─』が大きな反響を呼んでいる。荒くれ者の新人力士・猿桜(一ノ瀬ワタル)が、しがらみの多い相撲界でのし上がろうとする姿を描いた話題のドラマだ。G…
2023.05.18 07:00
週刊ポスト
美空ひばり&小林旭、貴花田&宮沢りえ、小室圭さん&眞子さん…女性セブンが見続けてきた“愛の歴史”
美空ひばり&小林旭、貴花田&宮沢りえ、小室圭さん&眞子さん…女性セブンが見続けてきた“愛の歴史”
 この4月で創刊から60周年を迎えた女性セブン。その歴史は世間を賑わせた女と男の“愛の歴史”でもありました。女性セブンだから知る、女性セブンだけが知る珠玉のスクープを一挙公開する。(年齢はすべて当時のもの…
2023.05.03 11:00
女性セブン
サンゴの粉で
小雪が実践する「サンゴの粉で洗濯」 環境保全のためのはずが逆効果になってしまうことも
「サンゴの粉っていまだに使われています?」。3月22日放送の『TOKIOカケル』(フジテレビ系)で、森三中の大島美幸(43才)が松山ケンイチ(38才)に質問した。かつて妻の小雪(46才)と共演した際の、「洗濯物を…
2023.04.01 11:00
女性セブン
松山ケンイチを目撃
松山ケンイチの「二拠点生活」と「アンチ芸能人の育児論」が圧倒的に支持される理由
 軽やかな足取りで、キャリーバッグを転がして都内の映画館から出てきたのは、俳優の松山ケンイチ(37才)。服装や髪型も飾らない感じが、いい意味で“近所のお兄ちゃん”な雰囲気を醸し出している。 それもそのは…
2022.07.07 16:00
NEWSポストセブン
松山ケンイチ、2拠点生活難しく「単身赴任」 小雪と子供は田舎に残る
松山ケンイチ、2拠点生活難しく「単身赴任」 小雪と子供は田舎に残る
 コロナ禍でリモートワークが普及し、首都圏と田舎の2拠点生活を送る人が増えている。しかし、実際には理想と現実のギャップがあるようだ。「基本的にはぼくは半々なんですけど、家族は半々は難しくなってきた。だ…
2022.02.26 07:00
女性セブン
大島優子、女優としての力量に高評価 元・子役のスキルが発動
大島優子、女優としての力量に高評価 元・子役のスキルが発動
 48グループ卒業後、女優に転身する元メンバーは多い。その中でも安定した地位を築きつつあるのが大島優子(32)だろう。 かつては前田敦子と共に、総選挙でセンターの座を競い合った大島。前田が映画などで評価…
2021.04.18 19:00
NEWSポストセブン
『きょうの猫村さん』(公式HPより)
『きょうの猫村さん』、出オチドラマになるとの説を覆せたワケ
 放送開始が延長された春ドラマが多いなか、スタートした作品で異彩を放っているのが『きょうの猫村さん』(テレビ東京系)だ。松重豊が猫の猫村さんを演じるこのゆる~いドラマの魅力についてコラムニストのペリ…
2020.04.29 07:00
NEWSポストセブン
【動画】小雪「家のご飯が茶色ならインフルかからない」と熱弁
【動画】小雪「家のご飯が茶色ならインフルかからない」と熱弁
 毎年、大流行するインフルエンザ。そんな中、「玄米を食べているから、うちはインフルエンザにかからない」と話していたというのは女優の小雪さん。 映画『いただきます ここは、発酵の楽園』の完成披露試写会…
2020.01.19 16:00
NEWSポストセブン
小雪が提唱 「ご飯が茶色ならインフルエンザにかからない」
小雪が提唱 「ご飯が茶色ならインフルエンザにかからない」
 例年1~2月に猛威をふるうインフルエンザだが、今年は一足早く流行し始めた。「12月中旬から患者さんが増加しています。年末年始の休みが終わり、学校や仕事が始まる頃に、12月の患者数をさらに上回る傾向がある…
2020.01.16 16:00
女性セブン
続編完成!
阿部寛、オダジョーの復活ドラマの強みは“変わり者主人公”
10月の新ドラマがスタートしたが、話題を集めているのが復活した2作、『まだ結婚できない男』(フジテレビ系)、『時効警察はじめました』(テレビ朝日系)だ。このドラマの魅力は、主人公にあるというのはコラムニ…
2019.10.18 16:00
NEWSポストセブン
年収5000万円夫と「格差結婚」した月収20万妻の悲哀
年収5000万円夫と「格差結婚」した月収20万妻の悲哀
 富裕層が数多く暮らす東京・港区の麻布界隈。そこでは多くの“麻布妻”と呼ばれる人たちが暮らしているが、中には「稼ぐ夫」からモラハラを受けているケースがあるという。自身も麻布妻でライターの高木希美氏がリ…
2019.06.03 16:00
マネーポストWEB
HUBLOTの賞を受賞した小雪
小雪、最も輝いている女性に選ばれ「認めて頂いたような安堵感」
 女優の小雪が「HUBLOT LOVES WOMEN AWARD 2019」の授賞式に登場した。同賞は、スイスの高級時計ブランド、HUBLOT(ウブロ)が主催、「今、最も輝いている女性」を表彰する賞だ。 今回の受賞について小雪は「1人…
2019.03.16 16:00
NEWSポストセブン
平成23年を振り返る 3.11、なでしこ活躍、マルモリなど
平成23年を振り返る 3.11、なでしこ活躍、マルモリなど
 平成の時代もいよいよ残りわずか。そこで、多くの出来事があった平成23(2011)年を振り返る。 3月11日午後2時46分、最大震度7、宮城県沖を震源とするマグニチュード9.0の国内観測史上最大の凄まじい揺れが東北…
2019.02.13 16:00
女性セブン

トピックス

満島ひかり主演映画『ラストマイル』はシェアード・ユニバース作品 “主演クラス”石原さとみとの共演で現場は“ヒリヒリするような独特の緊張感”
満島ひかり主演映画『ラストマイル』はシェアード・ユニバース作品 “主演クラス”石原さとみとの共演で現場は“ヒリヒリするような独特の緊張感”
女性セブン
今回会合が開かれた稲川会の内堀和也会長。
【ヤクザサミット2024in横浜に密着】関東暴力団トップ、マル暴40名が駆けつけた「炎天下の極秘会合」が開かれたワケ
NEWSポストセブン
中森明菜、6年半ぶりディナーショーで感動の11曲を披露 MCでは「ただのクソババアでしょ。来年還暦よ」と大暴れ
中森明菜、6年半ぶりディナーショーで感動の11曲を披露 MCでは「ただのクソババアでしょ。来年還暦よ」と大暴れ
女性セブン
五輪直前の忙しい日々、朝のルーティン、将来の夢も語った阿部詩選手
柔道・阿部詩が“柔道家であることを忘れて挑んだ”撮影への感想 「モデルっぽく撮影していただいて楽しかった!」
NEWSポストセブン
《別れ際に両手でWバイバイ》松本潤、悲願の野田秀樹舞台に出演 初日の夜は深夜2時まで女性3人とクールダウン宴会
《別れ際に両手でWバイバイ》松本潤、悲願の野田秀樹舞台に出演 初日の夜は深夜2時まで女性3人とクールダウン宴会
女性セブン
佳子さま
佳子さま、「3000円青ニット国際親善」の問題点をギリシャ研究の権威が指摘 「軽く扱われた」と誤解された可能性、修道院でのパンツ姿も「冒険する必要はない。周囲が気を配らないと」
女性セブン
フジテレビが説得を続ける織田
【『踊る大捜査線』続編計画】本命は当初から“織田裕二主演による続編” 「柳葉さんがやるなら…」と織田裕二も前向きに検討か
女性セブン
喫煙、飲酒行為が発覚し五輪を辞退した宮田笙子(時事通信フォト)
《19歳飲酒・喫煙でパリ五輪辞退》体操女子・宮田笙子の実家は「400年以上の歴史を誇るお寺」エースが抱えていた「精神面での課題」
NEWSポストセブン
中野英雄が運転するカブの後部座席に座る中山こころ
《離婚後も元妻と同居》俳優・中野英雄 “横須賀4連泊デート” のお相手「ホットパンツ姿の28歳下金髪女優」の正体 「家族ももちろん彼女のことは知ってます」
NEWSポストセブン
佳子さま「かつて交際が噂されたお相手男性が結婚」の余波 新たなお相手候補報道も
佳子さま「かつて交際が噂されたお相手男性が結婚」の余波 新たなお相手候補報道も
週刊ポスト
悠仁さまのトンボ研究に世間の耳目が集まる(写真/JMPA)
悠仁さま、「論文」「学会」「英語力」…東京大学推薦枠の募集要項はほぼクリア 残るハードルは「共通テストで8割以上」
女性セブン
大谷翔平夫人の真美子さんは奥様会でどうすごしている
《オールスターで特大HR》大谷翔平の妻・真美子夫人、ドジャース奥さま会で“目立たないように…” 集合写真では前列中央から“後列の端のほう”に立ち位置移動
女性セブン