国際情報

錦糸町で働くウクライナ人女性の悲嘆「ロシアとはずっと戦争」

ウクライナへのロシア侵攻は日本の各紙の一面となった(AFP=時事)

ウクライナへのロシア侵攻は日本の各紙の一面となった(AFP=時事)

「私たちは何も悪いことをしていません。ロシアがいつも奪う。ウクライナ人を奴隷と思ってます」

 彼女が繰り返すロシアに対する絶対的な嫌悪と不信感。それはあたりまえで、ウクライナの歴史はロシアとの戦いの歴史であり、支配と暴力を受け続ける歴史でもあった。帝政ロシア時代は土地も言語も奪われ、旧ソ連時代は反抗的な態度をとれば全土から食料を取り上げられた。1932年ごろから繰り返されたこの「ホロドモール」と呼ばれる人為的な大飢饉によりウクライナ人の1000万人以上(諸説あり)が殺されたという。

「ジマは謝りましたが、あれは嘘だとみんな言ってました。いつも嘘つきます」

 わからないので聞き返すと「ジマ」とはロシアの前大統領だった統一ロシア党首、ドミートリー・メドヴェージェフのことだという。ドミートリーという名前は、ジマという愛称で呼ばれるのが慣例だそうだ。国際的に認められている内容とは違っていても、謝罪したかどうかはウクライナ、まして彼女の主観なので置くが、ウクライナ人は率直で裏表を嫌うとされる。ケレン味のない国民性だ。いい意味でも悪い意味でもロシア人とは反りが合わないということか。

「ウクライナを救けて欲しいです。日本は凄い国なので救けて欲しいです」

 久しぶりに「日本は凄い国」と言われてまんざらではないが、ウクライナ人にとって遠い日本は「凄い国」と知っているそうだ。学校や教える側にもよるのだろうが、彼女もまたそう教わったと語る。

「日本はロシアと戦争で勝ちました。ロシアに勝つのは凄い国です。フランス(ナポレオン1世のロシア遠征)もドイツ(ヒトラーのソ連侵攻)も負けました。日本は勝ったことあるから凄い国です」

 常にロシアと対峙してきたウクライナ人にとって、超大国ロシアに戦争で勝つというのは信じられないことなのだろう。あれを勝ったと言えるか、という向きもあるが、世界でロシアに虐げられた国々の多くは、日本はロシアに勝ったとしているし、1904年から1905年という100年以上前の戦争の話なのにその日本を凄いと21世紀になっても讃えている。近代史において白人の大国と戦争をして有色人種が勝った、日本人が思う以上に多くの国は人類史に快挙として加えている。

「テンノー凄いです」

 明治天皇のことだという。「トーゴー」(東郷平八郎元帥)や「ノギ」(乃木希典将軍)ではなく「テンノー」であった。こうした反応を実際に聞くと、ステレオタイプでない生の声というのは本当に興味深いと思う。なるほど素朴に帝政ロシアの「皇帝」と対比するなら大日本帝国は「テンノー」なのだろう。

関連記事

トピックス

ホームランの“確信歩き”もサマになるヤクルト・村上宗隆(時事通信フォト)
ヤクルト・村上宗隆が「外れ1位」でも大活躍! その心理を“経験者”の元阪神・遠山奬志氏が解説
NEWSポストセブン
橋本愛『家庭教師のトラコ』 遊川和彦氏による立体的脚本の「着地」は決まるのか
橋本愛『家庭教師のトラコ』 遊川和彦氏による立体的脚本の「着地」は決まるのか
NEWSポストセブン
五社英雄監督について実娘の五社巴さんが振り返る(C)五社プロダクション
没後30年、五社英雄監督 娘が振り返る「常識では考えられないほどの仕事量」
週刊ポスト
インタビューに応じた女子大生
「18歳女子大生」独占インタビュー【第1回】吉川赳議員のついたウソ「私の年齢に食いついた」「愛人契約しないか」
NEWSポストセブン
ヤクルトの若き主砲・村上宗隆(時事通信フォト)
ヤクルト・村上宗隆が史上最年少40号!「外れ1位」が清宮幸太郎をはるかに凌ぐ理由をスカウトが説明
NEWSポストセブン
プロレス総選挙
今回は「プロレス総選挙」 なぜテレ朝は『○○総選挙』を放送し続けるのか
NEWSポストセブン
吉川議員の名刺を手にする女子大生
「18歳女子大生」インタビュー【第2回】吉川赳議員はホテルで「揉んじゃって御免なさい」「おじさんムラムラしちゃった」
NEWSポストセブン
幹部補佐になっていた
「好きで好きで仕方なかったから」刺されたホスト、歌舞伎町で「幹部補佐」に昇進していた
NEWSポストセブン
松田聖子を目撃
松田聖子、沙也加さんの初盆に“もう1つの遺言”と「新しいお墓」への願い
女性セブン
かかりつけ医の見つけ方(写真/GettyImages)
最高の「かかりつけ医」を見つけるために…チェックすべきは「話し方」
女性セブン
中林大樹の姿を目撃
竹内結子さん三回忌 中林大樹が子供のために決断、家族3人新生活は「海辺の街」で
女性セブン
「同伴的なので」と自分の意思を伝えた吉川議員
「18歳女子大生」インタビュー【第3回】吉川赳議員から大量の「LINEメッセージと電話」
NEWSポストセブン