ライフ

東大名誉教授が提唱する新しい花粉症対策 「フラクトオリゴ糖」の摂取がカギ

新たな花粉症対策を提唱する東京大学名誉教授・小柳津広志氏

新たな花粉症対策を提唱する東京大学名誉教授・小柳津広志氏

 春の訪れとともに“今年も嫌な季節がやってきた”と気落ちしている人も多いだろう。マスクにメガネ、目薬、飲み薬で対策を徹底しても、なかなか逃げ切れない。そんな花粉症に悩まされる人たちに「1日で治る」と説く研究者がいる──。

炎症そのものを抑える

「花粉の量が多い年は、外に一歩出た途端にくしゃみが止まらなくなる。目もかゆくてたまらないし、とにかくイライラしてしまって……」(40代男性)

「鼻がずっと詰まっていて、1日中頭がボーッとして仕事にも集中できません。飲み薬はまったく効かず点鼻薬を使っているものの、効果は数時間で切れてしまう」(50代男性)

 日本人のおよそ半数が罹患しているともいわれる花粉症。今年はスギ・ヒノキ花粉の「大量飛散」が予想されており、すでに気が重い日々を送っている人は多い。

 飲み薬や目薬、点鼻薬などのほか、シャワーやお風呂で温かい湯気を吸い込むといった日常生活のなかでの改善策を実践している人も少なくないが、前出の40代男性は、「一時的な効き目はあるが、根本から治るわけじゃない。気休めでしかないのがわかっているので、続けていても気が晴れません」と肩を落とす。

 そんななか、話題書『花粉症は1日で治る!』を出版したのが小柳津広志氏(68)だ。小柳津氏は微生物学が専門の研究者で、東大生物生産工学センター教授などを歴任し、東京大学名誉教授となった。高齢者を対象とした減塩カフェを経営し、人気番組『世界一受けたい授業』(日本テレビ系)にカフェのオーナーとして出演したこともある。

 小柳津氏は自らの経験を振り返りこう話す。

「私自身、25歳で花粉症を発症し、40年近く症状に悩まされてきました。しかし、アレルギーと腸内細菌の関係を長年にわたって研究してきた結果、あるオリゴ糖の一種を摂ることが、花粉症を根本から治すことにつながるという考えに辿り着きました。

 花粉症の正体は“免疫の暴走”によって起きるアレルギー性の炎症です。いまある花粉症の薬はすべて、症状を抑えるためのもので、対症療法にすぎませんが、私が提唱するのは腸内細菌の働きによってアレルギーによる炎症そのものを抑えるやり方です。私自身、5年ほど前から実践した結果、一切花粉症の症状が出なくなりました」(以下、カギカッコ内はすべて小柳津氏)

関連記事

トピックス

公務に邁進されている(6月、東京・港区)
佳子さま「公務に積極的」になられた背景に「皇籍離脱」「結婚」か
女性セブン
亜希
亜希 陰から見守る元夫・清原和博と息子達との「父子鷹」
NEWSポストセブン
披露宴での志摩ノ海と元関脇・逆鉾の長女・清香さん(時事通信フォト)
故・逆鉾の長女が結婚で後継者確定も名門・井筒部屋再興への“高いハードル”
週刊ポスト
SNSでの発信力も大きい新庄ビッグボス(時事通信フォト)
新庄ビッグボスのインスタ投稿が波紋 「ファンとそれ以外の分断を煽る」の指摘も
NEWSポストセブン
クルマ、ギター、アート、スケートボードにもこだわる
長瀬智也、英国のバイク誌に登場 悠々自適な暮らしに「所ジョージ化している」の声
女性セブン
小室圭さんと眞子さん
小室圭さん妻・眞子さんがNYで行きつけのスーパーから見えてきた“妻の気遣い”「日本でいえば『成城石井』」 
NEWSポストセブン
京都の街を歩く舞妓のイメージ(写真/イメージマート)
元舞妓の〈16歳飲酒〉〈お風呂入り〉告発に、花街関係者も衝撃「未成年飲酒には厳しく対応しているはず」
NEWSポストセブン
不祥事を理由に落選したはずなのに、比例で復活されては…(左は塚田一郎氏、右は中川郁子氏/写真=共同通信社)
「不倫路チュー」「USBは穴に…」失言・不祥事で落選しても比例復活するゾンビ議員たち
週刊ポスト
注目を集めるNHK吉岡真央アナ
「ポスト和久田麻由子アナ」候補のNHK吉岡真央アナ 替え歌ダンスで“キャラの強さ”際立つ
週刊ポスト
前田敦子と篠田麻里子の女子会姿をキャッチ
前田敦子、篠田麻里子と六本木で4時間半女子会 元夫・勝地涼との関係は良好に
女性セブン
謎めいたバッグを持つ広末涼子
広末涼子、“破壊力強すぎ”コーデは健在「背中に蜘蛛」私服に続き目撃された「謎バッグ」
NEWSポストセブン
結婚し、日本メディアが情報をキャッチしづらいNYで、デイリーメールが追跡取材(写真/JMPA)
小室圭さん・眞子さん夫婦が「離婚で終わったとしても…」英デイリー・メールが報じた「茨の道」
NEWSポストセブン