ライフ

文学で伝えられる「破傷風」の恐ろしさ 誰でも感染リスクある怖さ

破傷風の恐ろしさは過去の文学作品からもわかる(イメージ)

破傷風の恐ろしさとは…(イメージ)

 2020年から続く新型コロナウイルスだけでなく、人類は感染症とともに生きていかねばならない。白鴎大学教授の岡田晴恵氏による週刊ポスト連載『感染るんです』より、前号に続き災害時に心配される感染症の筆頭「破傷風」について解説する。

 * * *
 感染症対策の解説でお馴染みの岡田晴恵です。今週は「破傷風」の続きをお話ししましょう。

 破傷風の“風”という字は、しびれや麻痺を意味します。破傷風という漢字の傷を破って風(しびれや麻痺)を起こすという命名は、この病気の感染経路と症状を的確に表しています。

 破傷風は人から人へ感染する病ではありませんが、破傷風菌は土の中にひろく存在しますから、傷を受ければ感染する可能性があります。破傷風菌に接触しないで日常生活を送ることは不可能ですから、誰でも感染のリスクはあるのです。

 日本では破傷風トキソイドワクチンは1952年に任意接種で使用が始まり、1968年にジフテリア・百日咳・破傷風3種混合ワクチンで定期接種となりました。これにより破傷風の患者数と死者数が減っていきました。

 現在の日本では定期予防接種が普及しているため、小児から若年成人に破傷風患者はほとんどいませんが、定期接種導入以前の中高年齢以上の人は、ほとんど免疫を持っていません。平成18年の全国統計によれば患者の95%以上が30歳以上の人でした。

 破傷風を伝える文学があります。長塚節著『土』には、農家の主婦がその貧しさ故に第3子を自分で堕胎する場面で破傷風の感染が描かれています。ホオズキの根を洗って乾かし、それを子宮口に差し込んで卵膜に穴を開けた時に破傷風菌芽胞が侵入したのです。主婦は典型的な破傷風症状を出して死亡。その症状の記述は正確で、破傷風の怖さを私に知らしめました。昭和20年代まで、ホオズキの根での人工流産は民間療法でひろく行なわれていたのでした。

 三木卓著の『震える舌』も、5歳の女の子が些細なケガから破傷風に感染・発症する様子がリアルに描かれています。患者とその家族が精神的にも限界状況に追い詰められていく闘病がつづられ、この作品は野村芳太郎監督によって映画化もされています。忘れてはいけない感染症として破傷風の恐ろしさを実感できる作品です。

関連キーワード

関連記事

トピックス

安倍元首相(時事通信フォト)
安倍元首相国葬“出来レース入札”疑惑 加計学園問題と同じ構図だった
NEWSポストセブン
Twitterに投稿されている観客席やトイレなどに捨てられたゴミ
「RIZIN」花束投げ捨て騒動の裏に観客席でのゴミ散乱問題、会場関係者が明かした「本音」
NEWSポストセブン
さくらまやさん(写真/山口比佐夫)
さくらまや、9LDK庭付き一戸建ての豪邸で語った今「まだ男の人を好きになったことがない」
NEWSポストセブン
特捜部の事情聴取を受けたという竹田前JOC会長(時事通信フォト)
五輪汚職、IOC裏工作疑惑が再燃 「元電通・元総理・旧皇族」の切っても切れない関係
週刊ポスト
坂本勇人の女性スキャンダルをTV局などが報じない理由は?(時事通信フォト)
坂本勇人の女性問題 箝口令が敷かれなくても報じない大メディア、巨人との歪な関係
週刊ポスト
映画界に大きな衝撃を与え続けたゴダール監督
ゴダール監督が選んだ「安楽死」 本来必須の「4要件」の診断は満たされていたのか
NEWSポストセブン
そう簡単に延期はできない事情とは?(時事通信フォト)
大関・正代 連敗地獄の本場所後に「昇進披露パーティー」延期できない事情
週刊ポスト
ゆったりな着こなしを見せる夏帆
夏帆「幼い顔で8頭身の美ボディ」気になる“ベタ惚れ俳優”との恋路
女性セブン
小室佳代さん第二の金銭トラブル1600万円「貢いだお金」は取り戻せるのか 弁護士の見解
小室佳代さん第二の金銭トラブル1600万円「貢いだお金」は取り戻せるのか 弁護士の見解
NEWSポストセブン
ボーダーのロングTシャツが印象的な天海祐希
天海祐希「共演者が飲み歩いても我関せず」地方公演後のプロ意識
NEWSポストセブン
玉鷲
玉鷲の優勝でNHKの相撲中継に映らなかった豪華すぎる副賞 少しずつ数が減っている理由とは
NEWSポストセブン
「週刊ポスト」本日発売! 旧統一教会汚染で「自民67議席減」ほか
「週刊ポスト」本日発売! 旧統一教会汚染で「自民67議席減」ほか
週刊ポスト