芸能

映画『アウトレイジ』シリーズ ポスターに入っていた「銀」の秘密

映画『アウトレイジ』のポスターには様々な工夫が

映画『アウトレイジ』のポスターには様々な工夫が

 二〇一〇年に公開された北野武監督・主演の映画『アウトレイジ』のポスターといえば、主要キャストの顔半分だけが切り取られたアップの写真が並ぶレイアウトも迫力があったが、そこに余計な文言を入れず「全員悪人」と一言だけ添えられたコピーもまた、大きなインパクトを与えた。そのポスターをデザインした中平一史氏に時代劇研究家の春日太一氏が話を聞いた。

 * * *
中平:あの「全員悪人」というコピーが一番簡潔でキャッチーでしたから、宣伝側としても「全員悪人」をどう強調させようかという意図は強くありましたね。

──その狙いは、ズバリ成功したと思います。

中平:何より目立つセンターに「全員悪人」を入れることにしました。上段の四人と下段の七人、全ての写真にかかるようにレイアウトしています。

──それによって、本当に「この全員が悪人なんだ」とパッと見て分かるようになっています。

中平:全員にかかるコピーだということが重要でした。下段の方に入れると、全員という印象が薄まってしまいますからね。

──書体については、どう考えられましたか?

中平:明朝は考えていませんでしたね。太いゴシックで、強いイメージでやろうと。それで文字間もギチギチに詰めました。

――そして、写真はモノトーン。これも迫力がありました。

中平:実は、印刷の段階で銀のインクを少し入れているんです。プロセスカラーだけの調整だと、どうしてもこのギラギラ感が出てこない。そこに銀のアミを少し足すことで、テカリが出てこういった効果が出るわけです。

──このポスターをマネしたくて、スマホのアプリを使って写真をモノクロに処理してみることがあるのですが、なかなか同じ迫力が出ないのはつまり……。

中平:こちらには銀が入っているからなんです。

── 一方で「アウトレイジ」というタイトルはピンク色ですね。

中平:最初は赤だったんです。でも、赤だとダイレクトに血の色を連想させてしまうということで「ちょっと怖い」となりました。それだったら思い切ってピンクにふった方がやくざ映画としては斬新なものになると思いました。

関連記事

トピックス

小室眞子さん
小室圭さんの妻・眞子さん「7円エコバッグ」と「5000円クロックス」の赤コーデがオシャレ
NEWSポストセブン
にこやかな表情を見せる清宮幸太郎
両親の迎えで笑顔になった日ハム・清宮幸太郎 ファンのサインに応じる“神対応”現場
NEWSポストセブン
公暁を演じる寛一郎
『鎌倉殿の13人』源氏滅亡の鍵を握る公暁 “寛一郎が太刀を振るうシーン”に注目
週刊ポスト
豪快なスイングだけでなく怪我知らずなのも魅力の浅村(時事通信フォト)
FA戦線で西武・森友哉以上の「目玉」に 楽天・浅村栄斗の気になる去就
NEWSポストセブン
安倍氏の父、晋太郎氏は竹下氏に敗れた(時事通信フォト)
自民党傍流派閥だった安倍派 支持基盤少ない中で旧統一教会の集票力に頼った
週刊ポスト
萩生田光一・政調会長
萩生田政調会長を「父のように慕っていた」元統一教会信者、今の思いは「ダッセーな」
NEWSポストセブン
aa
4年ぶり8月放送に戻ってきた『ほん怖』、夏放送のメリットとは?
NEWSポストセブン
“お忍び愛”が報じられた佳子さま(時事通信フォト)
佳子さまの“交際報道”で早くも懸念される「結婚式に小室圭さんは出席するのか」問題
週刊ポスト
2文字目はハートマークで消したが自由なタトゥーを楽しむ仲里依紗
仲里依紗は”放送禁止ワード”など20種類以上!日本人だけが動揺する芸能人のタトゥー問題
NEWSポストセブン
パーティー参加後の笑顔の森昌文氏(写真は2007年)
【全文公開】キャバ嬢に「脱げ!脱げ!脱げ!」 安倍氏国葬責任者、森昌文・首相補佐官が過去に参加した「大仁田厚主催の乱倫パーティ」
週刊ポスト
吉川議員の名刺を手にする女子大生
パパ活飲酒の吉川赳議員、18歳女子大生が明かした「インターン」での口説きテク
週刊ポスト
極秘出産していたことでさまざまな意見が飛び交っている
【先出し全文公開】あびる優、極秘出産の内幕 前夫の才賀紀左衛門には知らせず「独身フリー、やっぱり楽だよ」
女性セブン