芸能

映画『アウトレイジ』シリーズ ポスターに入っていた「銀」の秘密

映画『アウトレイジ』のポスターには様々な工夫が

映画『アウトレイジ』のポスターには様々な工夫が

 二〇一〇年に公開された北野武監督・主演の映画『アウトレイジ』のポスターといえば、主要キャストの顔半分だけが切り取られたアップの写真が並ぶレイアウトも迫力があったが、そこに余計な文言を入れず「全員悪人」と一言だけ添えられたコピーもまた、大きなインパクトを与えた。そのポスターをデザインした中平一史氏に時代劇研究家の春日太一氏が話を聞いた。

 * * *
中平:あの「全員悪人」というコピーが一番簡潔でキャッチーでしたから、宣伝側としても「全員悪人」をどう強調させようかという意図は強くありましたね。

──その狙いは、ズバリ成功したと思います。

中平:何より目立つセンターに「全員悪人」を入れることにしました。上段の四人と下段の七人、全ての写真にかかるようにレイアウトしています。

──それによって、本当に「この全員が悪人なんだ」とパッと見て分かるようになっています。

中平:全員にかかるコピーだということが重要でした。下段の方に入れると、全員という印象が薄まってしまいますからね。

──書体については、どう考えられましたか?

中平:明朝は考えていませんでしたね。太いゴシックで、強いイメージでやろうと。それで文字間もギチギチに詰めました。

――そして、写真はモノトーン。これも迫力がありました。

中平:実は、印刷の段階で銀のインクを少し入れているんです。プロセスカラーだけの調整だと、どうしてもこのギラギラ感が出てこない。そこに銀のアミを少し足すことで、テカリが出てこういった効果が出るわけです。

──このポスターをマネしたくて、スマホのアプリを使って写真をモノクロに処理してみることがあるのですが、なかなか同じ迫力が出ないのはつまり……。

中平:こちらには銀が入っているからなんです。

── 一方で「アウトレイジ」というタイトルはピンク色ですね。

中平:最初は赤だったんです。でも、赤だとダイレクトに血の色を連想させてしまうということで「ちょっと怖い」となりました。それだったら思い切ってピンクにふった方がやくざ映画としては斬新なものになると思いました。

関連記事

トピックス

捕手の及川(写真右端)は大学で野球を続ける選択を
佐々木朗希・高校3年の夏【後編】完全試合で報われた大船渡高校の部員たち
週刊ポスト
かたせ梨乃が語る五社英雄監督「アメとムチの使い分けが上手な“父”でした」
かたせ梨乃が語る五社英雄監督「アメとムチの使い分けが上手な“父”でした」
週刊ポスト
インタビューに応じた女子大生
「18歳女子大生」独占インタビュー【第1回】吉川赳議員のついたウソ「私の年齢に食いついた」「愛人契約しないか」
NEWSポストセブン
吉川議員の名刺を手にする女子大生
「18歳女子大生」インタビュー【第2回】吉川赳議員はホテルで「揉んじゃって御免なさい」「おじさんムラムラしちゃった」
NEWSポストセブン
「同伴的なので」と自分の意思を伝えた吉川議員
「18歳女子大生」インタビュー【第3回】吉川赳議員から大量の「LINEメッセージと電話」
NEWSポストセブン
背番号「12」を付けていた柴田貴広(現・大東文化大3年。撮影/藤岡雅樹)
佐々木朗希・高校3年の夏【前編】岩手大会決勝で投げた「背番号12」の思い
週刊ポスト
次なるステップは?(時事通信フォト)
元横綱・白鵬、周到すぎる宮城野部屋の「継承」で見えてきた“理事の椅子”
週刊ポスト
「保守路線の継承者」として名前が挙がる高市早苗氏(時事通信フォト)
安倍晋三元首相の政策後継者 保守路線は高市早苗氏、外交は萩生田光一氏が受け継ぐか
週刊ポスト
幹部補佐になっていた
「好きで好きで仕方なかったから」刺されたホスト、歌舞伎町で「幹部補佐」に昇進していた
NEWSポストセブン
松田聖子を目撃
松田聖子、沙也加さんの初盆に“もう1つの遺言”と「新しいお墓」への願い
女性セブン
ラガーさん
ラガーさん、再び甲子園から姿を消す 本人が明かした「チケットが高すぎる!」の叫び
NEWSポストセブン
中林大樹の姿を目撃
竹内結子さん三回忌 中林大樹が子供のために決断、家族3人新生活は「海辺の街」で
女性セブン