芸能

オダギリジョー 独特の“掴みどころのなさ”が妙に役にハマるワケ

本作では脚本・演出・出演・編集までこなした(ABACA PRESS/時事通信フォト)

役ごとに独特の存在感を発揮(ABACA PRESS/時事通信フォト)

 臨床心理士・経営心理コンサルタントの岡村美奈さんが、気になったニュースや著名人をピックアップ。心理士の視点から、今起きている出来事の背景や人々の心理状態を分析する。今回は、NHK連続テレビ小説『カムカムエヴリバディ』に出演中のオダギリジョーについて。

 * * *
 オダギリジョーは不思議な魅力を持っている俳優だと、NHK朝ドラ『カムカムエヴリバディ』を見ながら思う。深津絵里さん演じる2代目ヒロイン、大月るいの夫で、不器用ながら穏やかで優しい大月錠一郎(通称ジョー)は、戦災孤児で元ジャズトランペッター。突然、吹けなくなって自暴自棄になり挫折するも、るいと結ばれ京都で回転焼き屋を開業。だがその店もるい任せで、たまに店番をしてもすぐに客が帰ってしまうという商売っ気のなさ。そんな人間味溢れるジョーは、もはやオダギリさん以外に想像できないだろう。

 朝ドラ初出演のオダギリさんは、出演が決まった時の取材で、この仕事を引き受けるかどうか悩んだことを明かしている。「僕は夜中の作品のほうがしっくりくるタイプだし、今までもインディーズや小さな作品に重きを置いて活動してきたので、朝ドラは自分らしくないかなとだいぶ悩みました」と語っているのだ。

 オダギリさんに関する記事をネットで検索すると、出てくるのは“謎の男”“つかみどころがない”“尖っている”“異質”というような言葉。夜中の作品のほうがしっくりくるタイプという自己分析も、こんな風に評されてきたことと重なっているのかもしれない。

 演技力は折り紙つきで、役作りには定評がある。感情表現に含みを持たせるような演技も多く、余韻を感じさせる役者さんだ。だが、これだけ印象的なのに、どんな俳優かと聞かれると「個性的」という言葉の他にその個性をうまく表現できない。どんな役がハマり役なのか、はっきりとイメージできないのだ。確かに掴みどころがなく、謎の男という印象である。

関連記事

トピックス

ヤクルトの若き主砲・村上宗隆(時事通信フォト)
ヤクルト・村上宗隆が史上最年少40号!「外れ1位」が清宮幸太郎をはるかに凌ぐ理由をスカウトが説明
NEWSポストセブン
福岡国際マラソンでは早大、エスビー時代を通じて優勝4度(写真は1983年/時事通信フォト)
瀬古利彦、恩師・中村清監督との衝撃の出会い「砂を掴み、むしゃむしゃと食べ始めた」
週刊ポスト
プロレス総選挙
今回は「プロレス総選挙」 なぜテレ朝は『○○総選挙』を放送し続けるのか
NEWSポストセブン
役者として急上昇中(時事通信フォト)
『石子と羽男』有村架純・中村倫也の間の「おいでやす小田」 名バイプレーヤーの季節到来か
NEWSポストセブン
かたせ梨乃が語る五社英雄監督「アメとムチの使い分けが上手な“父”でした」
かたせ梨乃が語る五社英雄監督「アメとムチの使い分けが上手な“父”でした」
週刊ポスト
インタビューに応じた女子大生
「18歳女子大生」独占インタビュー【第1回】吉川赳議員のついたウソ「私の年齢に食いついた」「愛人契約しないか」
NEWSポストセブン
吉川議員の名刺を手にする女子大生
「18歳女子大生」インタビュー【第2回】吉川赳議員はホテルで「揉んじゃって御免なさい」「おじさんムラムラしちゃった」
NEWSポストセブン
背番号「12」を付けていた柴田貴広(現・大東文化大3年。撮影/藤岡雅樹)
佐々木朗希・高校3年の夏【前編】岩手大会決勝で投げた「背番号12」の思い
週刊ポスト
幹部補佐になっていた
「好きで好きで仕方なかったから」刺されたホスト、歌舞伎町で「幹部補佐」に昇進していた
NEWSポストセブン
松田聖子を目撃
松田聖子、沙也加さんの初盆に“もう1つの遺言”と「新しいお墓」への願い
女性セブン
「同伴的なので」と自分の意思を伝えた吉川議員
「18歳女子大生」インタビュー【第3回】吉川赳議員から大量の「LINEメッセージと電話」
NEWSポストセブン
中林大樹の姿を目撃
竹内結子さん三回忌 中林大樹が子供のために決断、家族3人新生活は「海辺の街」で
女性セブン