芸能

オダギリジョー 独特の“掴みどころのなさ”が妙に役にハマるワケ

本作では脚本・演出・出演・編集までこなした(ABACA PRESS/時事通信フォト)

役ごとに独特の存在感を発揮(ABACA PRESS/時事通信フォト)

 臨床心理士・経営心理コンサルタントの岡村美奈さんが、気になったニュースや著名人をピックアップ。心理士の視点から、今起きている出来事の背景や人々の心理状態を分析する。今回は、NHK連続テレビ小説『カムカムエヴリバディ』に出演中のオダギリジョーについて。

 * * *
 オダギリジョーは不思議な魅力を持っている俳優だと、NHK朝ドラ『カムカムエヴリバディ』を見ながら思う。深津絵里さん演じる2代目ヒロイン、大月るいの夫で、不器用ながら穏やかで優しい大月錠一郎(通称ジョー)は、戦災孤児で元ジャズトランペッター。突然、吹けなくなって自暴自棄になり挫折するも、るいと結ばれ京都で回転焼き屋を開業。だがその店もるい任せで、たまに店番をしてもすぐに客が帰ってしまうという商売っ気のなさ。そんな人間味溢れるジョーは、もはやオダギリさん以外に想像できないだろう。

 朝ドラ初出演のオダギリさんは、出演が決まった時の取材で、この仕事を引き受けるかどうか悩んだことを明かしている。「僕は夜中の作品のほうがしっくりくるタイプだし、今までもインディーズや小さな作品に重きを置いて活動してきたので、朝ドラは自分らしくないかなとだいぶ悩みました」と語っているのだ。

 オダギリさんに関する記事をネットで検索すると、出てくるのは“謎の男”“つかみどころがない”“尖っている”“異質”というような言葉。夜中の作品のほうがしっくりくるタイプという自己分析も、こんな風に評されてきたことと重なっているのかもしれない。

 演技力は折り紙つきで、役作りには定評がある。感情表現に含みを持たせるような演技も多く、余韻を感じさせる役者さんだ。だが、これだけ印象的なのに、どんな俳優かと聞かれると「個性的」という言葉の他にその個性をうまく表現できない。どんな役がハマり役なのか、はっきりとイメージできないのだ。確かに掴みどころがなく、謎の男という印象である。

関連記事

トピックス

小室圭さんと眞子さん
小室圭さん妻・眞子さんがNYで行きつけのスーパーから見えてきた“妻の気遣い”「日本でいえば『成城石井』」 
NEWSポストセブン
クルマ、ギター、アート、スケートボードにもこだわる
長瀬智也、英国のバイク誌に登場 悠々自適な暮らしに「所ジョージ化している」の声
女性セブン
京都の街を歩く舞妓のイメージ(写真/イメージマート)
元舞妓の〈16歳飲酒〉〈お風呂入り〉告発に、花街関係者も衝撃「未成年飲酒には厳しく対応しているはず」
NEWSポストセブン
吉田拓郎(右)が、“同期”の小田和正と歴史的コラボ
吉田拓郎 ラストアルバムで小田和正と“歴史的コラボ”を実現させた狙い
週刊ポスト
注目を集めるNHK吉岡真央アナ
「ポスト和久田麻由子アナ」候補のNHK吉岡真央アナ 替え歌ダンスで“キャラの強さ”際立つ
週刊ポスト
不祥事を理由に落選したはずなのに、比例で復活されては…(左は塚田一郎氏、右は中川郁子氏/写真=共同通信社)
「不倫路チュー」「USBは穴に…」失言・不祥事で落選しても比例復活するゾンビ議員たち
週刊ポスト
プーチン大統領は何もかも秘密…(写真/イタルタス通信=共同)
「プーチン大統領の排泄物番」は出世コース ロシアの国家機密を守る超エリート
週刊ポスト
前田敦子と篠田麻里子の女子会姿をキャッチ
前田敦子、篠田麻里子と六本木で4時間半女子会 元夫・勝地涼との関係は良好に
女性セブン
謎めいたバッグを持つ広末涼子
広末涼子、“破壊力強すぎ”コーデは健在「背中に蜘蛛」私服に続き目撃された「謎バッグ」
NEWSポストセブン
結婚し、日本メディアが情報をキャッチしづらいNYで、デイリーメールが追跡取材(写真/JMPA)
小室圭さん・眞子さん夫婦が「離婚で終わったとしても…」英デイリー・メールが報じた「茨の道」
NEWSポストセブン
氷川きよしの買い物を目撃
氷川きよしが庶民派スーパーに!“圧倒的なオーラ”と“無駄のない動き”に感動
女性セブン
吉川赳・衆院議員は執拗に“悪あがき”を…(写真は騒動の夜)
パパ活飲酒・吉川議員の“悪あがき” 女子大生のバイト先に押しかけていた
週刊ポスト