芸能

オダギリジョー 独特の“掴みどころのなさ”が妙に役にハマるワケ

個性的なファッションも光る

個性的なファッションも似合う

 彼がこれまで演じた役で個人的に印象に残っているものは多くある。映画『血と骨』では重苦しくも尖った存在感を見せ、映画『東京タワー ~オカンとボクと、時々、オトン~』では頼りなく脆い繊細さと愛しさを体現。ドラマ『時効警察』(テレビ朝日系)ではコミカルながらもストイックな警察官に扮し、ドラマ『重版出来!』(TBS系)では穏やかな柔らかさと落ち着いた包容力のある演技を披露した。

 どれも同じような役どころではないのに、それでいてオダギリさんの個性が存分に生かされていた。強いような弱いような、優しいような怖いような、穏やかなような張りつめているような、役ごとに彼の中にある個性の要素をうまく使い分けるため、どの役も妙にはまるのだろう。

 使い分けているというより、むしろ役によって中心となる性格の特徴を入れ替えるイメージに近いかもしれない。それは心理学者のS.E.アッシュが言う「印象形成」に似ている。アッシュは、人は断片的な情報から相手の全体的な印象を作り、全体の印象形成に影響を与える中心特性があることを実験で明らかにした。知的、勤勉、決断力があるという印象を形作る要素が同じでも、中心となる要素がたった1つ、温かいか冷たいかが違うだけで、相手に与える印象はガラリと変わってしまうという。

 オダギリさんの場合は、前面に押し出す個性の要素が尖っているか穏やかなのか、それだけで見ている側にまるで違った印象を与えるのではないだろうか。また、役ごとに彼の中で強く出る要素の順番が変わっているような気がする。印象形成は、後からこんな人だったという情報が加わることで変わってしまうこともある。「ジョーはこんなタイプだろう」と思って朝ドラを見ていると、ある瞬間には違うジョーが顔を出すのだ。

 取材でオダギリさんは、「朝ドラはあまり見たことがなかったんですよ。自分とは距離が遠いものだったので」と語ったという。だが、困り顔がよく似合う、優しくもユニークな感性を持つジョーを演じるオダギリさんは、今の朝ドラになくてはならない俳優だ。

関連記事

トピックス

京都の街を歩く舞妓のイメージ(写真/イメージマート)
元舞妓の〈16歳飲酒〉〈お風呂入り〉告発に、花街関係者も衝撃「未成年飲酒には厳しく対応しているはず」
NEWSポストセブン
注目を集めるNHK吉岡真央アナ
「ポスト和久田麻由子アナ」候補のNHK吉岡真央アナ 替え歌ダンスで“キャラの強さ”際立つ
週刊ポスト
前田敦子と篠田麻里子の女子会姿をキャッチ
前田敦子、篠田麻里子と六本木で4時間半女子会 元夫・勝地涼との関係は良好に
女性セブン
渡部
アンジャッシュ渡部建「応援の声」が増加 本格復帰は「グルメ路線」が現実的か
NEWSポストセブン
吉田拓郎(右)が、“同期”の小田和正と歴史的コラボ
吉田拓郎 ラストアルバムで小田和正と“歴史的コラボ”を実現させた狙い
週刊ポスト
謎めいたバッグを持つ広末涼子
広末涼子、“破壊力強すぎ”コーデは健在「背中に蜘蛛」私服に続き目撃された「謎バッグ」
NEWSポストセブン
小泉を「ネエさん」と慕う満島(右)
ドラマで共演の満島ひかりと小泉今日子 意気投合した“私が男に飽きる時”
女性セブン
有権者に選ばれて当選したわけではない比例復活議員の中には…(時事通信フォト)
パパ活飲酒・吉川氏だけじゃない「比例復活ゾンビ議員」たちの不適切行為
週刊ポスト
結婚し、日本メディアが情報をキャッチしづらいNYで、デイリーメールが追跡取材(写真/JMPA)
小室圭さん・眞子さん夫婦が「離婚で終わったとしても…」英デイリー・メールが報じた「茨の道」
NEWSポストセブン
氷川きよしの買い物を目撃
氷川きよしが庶民派スーパーに!“圧倒的なオーラ”と“無駄のない動き”に感動
女性セブン
なぜ小室圭さん・眞子さん夫婦にこだわるのか?(時事通信フォト)
小室圭さん・眞子さん夫婦を追い続ける英紙「デイリー・メール」執念の源泉
週刊ポスト
吉川赳・衆院議員は執拗に“悪あがき”を…(写真は騒動の夜)
パパ活飲酒・吉川議員の“悪あがき” 女子大生のバイト先に押しかけていた
週刊ポスト