ライフ

『カムカム』で話題の回転焼きだけじゃない「呼び名談義」になりやすい食べ物

(写真:アフロ)

地域によって呼び名が異なる(写真:アフロ)

 朝ドラ「カムカムエブリバディ」で重要な役割を果たし、にわかに注目が集まっている「回転焼き」。Twitter上には、ドラマを見て久しぶりに「回転焼き」(および「大判焼き」「今川焼き」など)を買ったという声や、売り上げが上がったお店の喜びの声がたくさん書き込まれています。そう、「回転焼き」は、地域によって呼び名が違う食べ物の代表選手。「ウチのほうでは『御座候』だった」「あれは『天輪焼き』だとばっかり思っていた」といった呼び名談義も、あちこちで盛り上がっていることでしょう。

 その手の話で、目を吊り上げて「いや、俺は『二重焼き』以外の呼び方は認めん!」とムキになる人はいません。もしいたとしても、誰にも相手にされません。ノンキで罪がなくて、おまけに何の実もない話題です。残念なニュースで世の中がピリピリした雰囲気になっている今こそ、いつも以上に真価を発揮してくれると言えるでしょう。

 隣人とお気楽なコミュニケーションを交わして穏やかな気持ちを取り戻すために、平和な日常の大切さを噛みしめるために、回転焼きのように地域によって呼び名が違う「七つの名を持つ食べ物」をピックアップしてみましょう。「七つ」より多かったり少なかったりもしますが、そこは気にしないでください。

●味を付けて炊いた具入りのご飯

 全国的にメジャーなのは「炊き込みご飯」ですが、近畿地方では「かやくご飯」「かやくメシ」、東海地方では「味ご飯」「味メシ」が主流。「味ご飯」は福島県でも使われています。ほかに「混ぜご飯」「五目ご飯」「五目メシ」も広くおなじみ。沖縄では「ジューシー」と呼ばれています。「かわりごはん」「いろごはん」といった呼び名も。メインの食材をクローズアップして「松茸ご飯」「栗ご飯」「牡蠣ご飯」などと呼ぶこともありますね。

●棒状で真ん中から二つに折るアイス

「チューベット」という呼び名がメジャーですが、これはこの形のアイスを製造していた会社の登録商標(現在は製造を中止)。かつて大々的にCMを流していたこともあって、広く定着しました。「チューチュー(アイス)」「ポッキン」も全国的によく使われている呼び名。とくに九州で強さを見せているのは「棒ジュース」「棒アイス」です。そのほか「ボンボン」「カンカン棒」「チュッチュ棒」なども。

関連記事

トピックス

大森南朋の笑顔を目撃
大森南朋、NHKからハリウッドまで「売れ続ける」彼が絶対にやらないこと
NEWSポストセブン
吉澤ひとみ
吉澤ひとみ復帰計画報道 カギとなるのは「アルコール依存」対策への啓蒙活動か
NEWSポストセブン
安倍氏、麻生氏、菅氏は何を思うか(時事通信フォト)
岸田派ら主流3派と安倍派の対立で強まる二階俊博氏の影響力「副総裁で復権」はあるか
週刊ポスト
誰もが推し量れない、有吉の上島さんへの深い愛
上島竜兵さん、有吉弘行からの「53万円」オメガ高級時計を装着して出演した“勝負番組”
NEWSポストセブン
佐々木朗希の投球動作【4】
佐々木朗希の投球動作解析 特徴は「バレーのスパイクのようなリリース」
週刊ポスト
●
ジミー大西、画業30年を語る「さんまさんの後押し」と「芸術に救われた日々」
NEWSポストセブン
義時との間に泰時を産んだ八重(新垣結衣)/(C)NHK
新垣結衣、『鎌倉殿の13人』で演じる八重の今後は? 正室登場で最期に注目
週刊ポスト
ロッチ・中岡を目撃
ロッチ中岡「ポスト出川哲朗」支えるマブダチ相方と吉本退社からの逆転人生
NEWSポストセブン
巨大ハプニングバー「眠れる森の美女」で押収された衣装など(時事通信フォト)
日本最大級のハプニングバーが摘発 業態そのものが「もう限界」の声
週刊ポスト
上島竜兵さんの言葉に松本人志氏は「深い」と言っていた
上島竜兵さん追悼で涙ぐんだ松本人志「“聞いてないよぉ”は画期的」と絶賛していた
NEWSポストセブン
昨年9月に復帰(写真はインスタグラムより)
深田恭子 度重なる深酒と“昼帰り”で恋人激怒、午前4時の西麻布で大げんか
女性セブン
真相は…
天心vs武尊の仕掛け人RIZIN榊原信行代表「反社交際音声流出」記事に反論【前編】
週刊ポスト