ライフ

布袋(ほてい)顔の店主がお出迎え!お洒落な街、博多・大名に馴染む角打ち

「僕は学生時代にオーストラリアに留学していて、接客や経営を学んでいたから、ずっとお店をやりたいと思っていました。外国にあるパブみたいな店にしたかったんですよ。地震で壊れた棚を取っ払って、店の真ん中に丸い角打ち台を誂えました」(昌弘さん)

「外国にあるパブをイメージした」と店主が誂えた丸テーブルに客らが集う

「外国にあるパブをイメージした」と店主が誂えた丸テーブルに客らが集う

「小谷の“ラウンジ”と呼んでいる。ここが僕らの指定席。毎日ウオーキングの帰り道、この店で出会った仲間たちと、旨い酒を飲むのが日課だよ」(70代)

「近所に住んでいるから30年来、酒の配達でもずっとお世話になっている。私は、寂しがり屋だからつい来ちゃう。週3の水泳帰りにここに寄って、みんなと飲んでおしゃべりするのが心地良くて。癒やされるよ」(80代)

「ふらっと寄ったら、店主が穏やかで感じいいなぁって。通っているうちに知り合いがたくさんできて、毎日夕方に来ると誰かしらいる。天気の話や野球の話とか、どうでもいいようなことしか話してないんだけど楽しいね。ここで飲むのが、日々のルーティーンになってる」(50代)

「いつも店に活気があって親しみやすい。今日は店のすぐ近くでやっている展覧会に行って、絵を見て、それから小谷で飲むって、デートコースを決めて来ました。最近はずっと家飲みだったから、久しぶりにこの店で飲めて、気分が高揚します」(女性連れの30代)

 若者からリタイア組まで幅広い世代が寛ぐオアシスだ。

笑顔が溢れる店内は明るい雰囲気

笑顔が溢れる店内は明るい雰囲気

「酒もつまみも世界各国の味が揃っているよ!」(70代)と、常連客がムール貝をつつきながらご機嫌に語る。

「外国を旅するのが好きで、覚えてきた料理を酒に合うつまみとして出していたら、いつしか種類が増えてしまいました(笑い)。でも、どれも簡単なものばかりだから本格的な料理を食べたいというお客さんには、フレンチでもイタリアンでも近くにある僕が好きな店を紹介しているんですよ。

 うちをゼロ次会に使って別の店に流れたり、1次会と2次会の合間にちょっと顔出そうかとここを中継地点としたりね、みなさんに気軽に立ち寄ってもらってますね」(昌弘さん)

「同僚とそこの通りでばったり会って、店に吸い込まれるように来てしまった(笑い)。常連さんが気さくな人ばかりで、気を使わず飲めるから、一杯だけと思っていても、もう一杯となってしまう」(40代)と、仕事帰りのビジネスマンがネクタイを緩める。

 この店に欠かせないのは、『焼酎ハイボール』。

「爽やかな辛口が染みる。ここで出会った友と飲む、私にとってオー・ド・ヴィ(Eau de vie)。命の水だよ」(80代)

旅好きの店主が考案した世界各国のつまみを引き立てるのは、キレ味爽快な『焼酎ハイボール』

旅好きの店主が考案した世界各国のつまみを引き立てるのは、キレ味爽快な『焼酎ハイボール』

2021年10月29日取材

■小谷酒舗

大名中央通りの角地に建つ小粋な外観のビル。店内は開放的で“誰でもウェルカム”な雰囲気

大名中央通りの角地に建つ小粋な外観のビル。店内は開放的で“誰でもウェルカム”な雰囲気

【住所】福岡県福岡市中央区大名1-11-13
【電話番号】092-741-2924
【営業時間】平日:11~22時、土曜:11~21時、祝日:12~18時、日曜定休
焼酎ハイボール195円、ビール大びん430円、焼売210円、いぶりがっこ&クリームチーズ350円、ムール貝480円

※営業時間等に関しては店舗にお問い合わせください。

関連記事

トピックス

京都の街を歩く舞妓のイメージ(写真/イメージマート)
元舞妓の〈16歳飲酒〉〈お風呂入り〉告発に、花街関係者も衝撃「未成年飲酒には厳しく対応しているはず」
NEWSポストセブン
注目を集めるNHK吉岡真央アナ
「ポスト和久田麻由子アナ」候補のNHK吉岡真央アナ 替え歌ダンスで“キャラの強さ”際立つ
週刊ポスト
前田敦子と篠田麻里子の女子会姿をキャッチ
前田敦子、篠田麻里子と六本木で4時間半女子会 元夫・勝地涼との関係は良好に
女性セブン
渡部
アンジャッシュ渡部建「応援の声」が増加 本格復帰は「グルメ路線」が現実的か
NEWSポストセブン
吉田拓郎(右)が、“同期”の小田和正と歴史的コラボ
吉田拓郎 ラストアルバムで小田和正と“歴史的コラボ”を実現させた狙い
週刊ポスト
謎めいたバッグを持つ広末涼子
広末涼子、“破壊力強すぎ”コーデは健在「背中に蜘蛛」私服に続き目撃された「謎バッグ」
NEWSポストセブン
小泉を「ネエさん」と慕う満島(右)
ドラマで共演の満島ひかりと小泉今日子 意気投合した“私が男に飽きる時”
女性セブン
有権者に選ばれて当選したわけではない比例復活議員の中には…(時事通信フォト)
パパ活飲酒・吉川氏だけじゃない「比例復活ゾンビ議員」たちの不適切行為
週刊ポスト
結婚し、日本メディアが情報をキャッチしづらいNYで、デイリーメールが追跡取材(写真/JMPA)
小室圭さん・眞子さん夫婦が「離婚で終わったとしても…」英デイリー・メールが報じた「茨の道」
NEWSポストセブン
氷川きよしの買い物を目撃
氷川きよしが庶民派スーパーに!“圧倒的なオーラ”と“無駄のない動き”に感動
女性セブン
なぜ小室圭さん・眞子さん夫婦にこだわるのか?(時事通信フォト)
小室圭さん・眞子さん夫婦を追い続ける英紙「デイリー・メール」執念の源泉
週刊ポスト
吉川赳・衆院議員は執拗に“悪あがき”を…(写真は騒動の夜)
パパ活飲酒・吉川議員の“悪あがき” 女子大生のバイト先に押しかけていた
週刊ポスト